国内ドラマ

麒麟がくる(大河ドラマ)公式見逃し動画配信を全話無料でフル視聴する方法|長谷川博己(明智光秀)・木村文乃・キャスト一覧・あらすじ感想

麒麟がくる

\今すぐ無料でこのドラマを見たい/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

長谷川博己主演☆大河ドラマ麒麟がくるの見逃し動画配信を無料で見る方法を紹介します。

チャンネルや放送時間はこちら
テレビ局NHK総合
放送日2020年1月19日~
放送時間毎週日曜日20:00~

各話のあらすじ感想(ネタバレあり)やキャスト出演者情報も紹介中です。

麒麟がくるの見逃し動画配信を無料で見る方法

大河ドラマ『麒麟がくる』の見逃し動画配信を、フルで無料視聴する方法を紹介します。

大河ドラマ『麒麟がくる』を無料で見るなら、U-NEXT(ユーネクスト)のNHKオンデマンドがおすすめ!

U-NEXTは31日間の無料トライアルを実施中です。

専用ページ(このページで紹介中)からのU-NEXT無料トライアル申し込みで付与される1,000ptを利用すれば、NHK番組(大河ドラマや連続テレビ小説など)が見放題のNHKオンデマンドまるごと見放題パックを無料体験できます。

NHKオンデマンドを完全無料で見れるのはU-NEXTだけ!

通常、NHKオンデマンドのまるごと見放題パック申し込みには別途990円(税込)が必要です。ユーネクストの初回登録時のポイントを使うことで、NHKオンデマンドまるごと見放題パックを無料でお試しできます。

NHKオンデマンドまるごと見放題パックを利用すれば、現在放送中だけでなく、過去に放送した大河ドラマや連続テレビ小説を全話無料で見ることができます。

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

U-NEXTの概要(料金・無料お試し期間・解約方法など)

U-NEXT(ユーネクスト)はドラマ・映画・バラエティ・アニメなど19万本以上の人気動画や、80誌以上の雑誌が見放題の動画配信サービスです。

麒麟がくるが1話~最終回まで見放題!

動画だけでなく、雑誌も無料で見放題なのが魅力!配信コンテンツは日本最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの料金など主な特徴はこちらの表をご確認ください。

項目U-NEXT
無料期間31日間無料
月額料金1,990円(税抜)
※無料期間終了後に課金開始
ポイント付与1,200pt
※無料トライアル期間中は600ptですが、このページ限定で1,000pt付与
見放題作品数動画190,000本以上
雑誌80誌以上
配信ジャンルドラマ(国内/海外)・映画・バラエティ・アニメ
対応デバイススマホ・テレビ・パソコン・タブレット・ゲーム機
ダウンロード機能なし

動画をダウンロードして、スマホやタブレットでオフライン視聴可能!

通信量を気にせず、いつでも楽しめます。

他の動画配信サービスに比べると無料期間が長いので、たっぷりお試しできます!

▼U-NEXTの登録・解約方法はこちら

登録方法を見る

step1.
公式サイトにアクセス
U-NEXTにアクセス
U-NEXT公式サイトはこちら

step2.
「今すぐ観る」をタップ
画面中央の「今すぐ観る」をタップ

step3.
必要情報を入力し、「次へ」をタップ
名前やメールアドレスなどを入力し、画面を下にスクロール。「次へ」をタップ
ユーネクスト登録方法-必要情報を入力し、「次へ」をタップ

step4.
決済方法を選択し、「送信」をタップ
決済方法を選択し、画面を下にスクロール。「送信」をタップ
ユーネクストの登録方法-決済方法を選択し、「送信」をタップ

以上でU-NEXT31日間無料トライアルの登録が完了です。

解約方法を見る

step1.
公式サイトにログイン
U-NEXTにログインし、左上のメニューを開く
ユーネクスト解約方法-公式サイトにログイン

step2.
「設定・サポート」をタップ
メニューの「設定・サポート」をタップ
ユーネクスト解約方法-「設定・サポート」をタップ

step3.
「契約内容の確認・変更」をタップ
画面を下にスクロールし、「契約内容の確認・変更」をタップ
ユーネクスト解約方法-「契約内容の確認・変更」をタップ

step4.
「解約はこちら」をタップ
契約内容の確認・変更の「解約はこちら」をタップ
ユーネクスト解約方法-「解約はこちら」をタップ

step5.
「次へ」をタップ
画面を下にスクロールし、「次へ」をタップ
ユーネクスト解約方法-「次へ」をタップ

step6.
アンケートに回答し、「解約する」をタップ
アンケートに回答し、画面を下にスクロール。「同意する」にチェックを入れて「解約する」をタップ
ユーネクスト解約方法-アンケートに回答し、「解約する」をタップ

以上でU-NEXTの解約が完了です。

\31日間無料でお試し/

U-NEXTで配信中のドラマ・コンテンツ

麒麟がくる以外にも、ユーネクストでたくさんの動画を見ることができます。

視聴可能な人気コンテンツをピックアップしました!

過去放送のドラマ【無料見放題】

竜の道 二つの顔の復讐者
おじさんはカワイイものがお好き。
NHK大河ドラマ『いだてん』
NHK大河ドラマ『西郷どん』
NHK連続テレビ小説『スカーレット』
NHK連続テレビ小説『なつぞら』

※2020年10月時点。最新の配信状況はU-NEXT公式サイトをご確認ください。
※NHKのドラマは『NHKオンデマンドのまるごと見放題パック申し込み(初回登録時のポイント使用)』で無料視聴できます。

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

麒麟がくるのあらすじ・感想まとめ

王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣、麒麟。

応仁の乱後の荒廃した世を立て直し、民を飢えや戦乱の苦しみから解放してくれるのは、誰なのか……

そして、麒麟はいつ、来るのか?

若きころ、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場をかけぬけ、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀。

「麒麟がくる」では謎めいた光秀の前半生に光を当て、彼の生涯を中心に、戦国の英傑たちの運命の行く末を描きます。

従来の価値観が崩壊し、新たな道を模索する現代の多くの日本人に向けて、同じように未来が見えなかった16世紀の混迷の中で、懸命に希望の光を追い求めた光秀と数多くの英傑たちの青春の志を、エネルギッシュな群像劇として描き、2020年、新たな時代を迎えるすべての日本人に希望と勇気の物語をお届けします。

明智光秀とはいったい何者なのか?

麒麟は一体、どの英雄の頭上に現れるのか……

出典:『麒麟がくる』公式サイト

1話のあらすじ「光秀、西へ」(1/19)

本能寺の変を起こし、主君の織田信長を自害させた明智光秀(長谷川博己)を通して群雄割拠の戦乱を描く。1547(天文16)年。美濃の光秀は、領地を荒らす野盗を撃退した際、その頭領が持っていた“鉄砲”という武器に興味を持つ。領主・斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、“鉄砲”を詳しく調べるため旅に出る。最初に堺を訪れた光秀は、あるきっかけで有力者・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られ、“鉄砲”を手に入れる。次に向かった京で光秀は、名医と名高い望月東庵(堺正章)と助手の駒(門脇麦)に出会う。

2話のあらすじ「道三の罠(わな)」(1/26)

光秀(長谷川博己)は、“鉄砲”を調べる旅の道中の京で東庵(堺正章)と駒(門脇麦)に出会う。光秀は心を開いた東庵と駒を連れて、美濃に戻ることを決める。しかし、行く手には美濃の侵略をもくろむ道三(本木雅弘)の宿敵で織田信長(染谷将太)の父・信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。尾張に根を張り勢力拡大を画策する信秀は、海運を牛耳り、経済力も豊か。情勢が不利な道三は、籠城を決め込むことに。そんな道三の戦法に光秀と幼い頃からの学友で道三の嫡男・高政(伊藤英明)と光秀は反対する。だが、籠城策は敵を欺く道三の作戦だった。

3話のあらすじ「美濃の国」(2/2)

夫であり、土岐頼武の子である美濃の国の若き守護・頼純(矢野聖人)を亡くした帰蝶(川口春奈)は、複雑な気持ちになる。そんな中、帰蝶は光秀(長谷川博己)らがいる明智荘を訪れ、光秀や駒(門脇麦)らと一緒につかの間の気の置けない時間を過ごしたことで、笑顔を取り戻す。その頃、道三(本木雅弘)は一族の内紛が絶えない土岐氏の中で、より操りやすい頼芸(尾美としのり)を美濃の新しい守護として擁立しようと画策する。だが、道三を内心嫌う頼芸は、道三の息子・高政(伊藤英明)に自分が実の父親であるかのようにほのめかす。

4話のあらすじ「尾張潜入指令」(2/9)

1548(天文17)年春。「海道一の弓取り」の異名を持ち、東海最強の戦国大名・今川義元(片岡愛之助)が、三河の制圧と尾張進出を目的に動く。三河の小豆坂で義元を迎え撃った信秀(高橋克典)は、瀕死の重傷を負ってしまう。信秀の重傷の知らせを聞いた道三(本木雅弘)は、正室・小見の方(片岡京子)の治療を終えて尾張へ向かうという東庵(堺正章)に、信秀の容体を秘密裏に探るよう命じる。そして道三は光秀(長谷川博己)を目付け役に任命する。光秀は東庵、菊丸(岡村隆史)と共に尾張・古渡城へ潜入し、信秀の情報を聞き出すことに成功する。

5話のあらすじ「伊平次を探せ」(2/16)

道三(本木雅弘)の密命を終え、尾張から戻ってきた光秀(長谷川博己)は、道三に教えられるまでに鉄砲の腕を上げる。そんな中、光秀は、道三から鉄砲の造り方や足利将軍家が鉄砲を大量に必要としている理由を探るよう命じられる。再び京を訪れた光秀は、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)を捜しに本能寺へ。そこで光秀は、将軍・足利義輝(向井理)の護衛でやって来た奉公衆と出くわし、堺の店で出会った三淵藤英(谷原章介)と再会する。三淵に連れられて久秀(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、鉄砲の真の力を聞く。

6話のあらすじ「三好長慶襲撃計画」(2/23)

天文17(1548)年、秋。万里小路家で将軍・足利義輝(向井理)も列席する連歌会が催される。光秀(長谷川博己)は、その会で時の権力者・細川晴元(国広富之)による久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)の暗殺計画があることを知る。京の安寧が崩れることを恐れる光秀は、万里小路の館に潜入する。そして三淵(谷原章介)と細川藤孝(眞島秀和)らの協力を得て、晴元の刺客から久秀らを救おうとする。そこで傷を負った光秀は、美濃から京に戻った東庵(堺正章)の診療所へ運び込まれ、駒(門脇麦)と久しぶりの再会を果たす。

7話のあらすじ「帰蝶の願い」(3/1)

駿河の今川義元(片岡愛之助)の勢いに脅威を感じた尾張の信秀(高橋克典)は、美濃の道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決める。信秀は、道三の娘・帰蝶(川口春奈)を、嫡男の信長(染谷将太)の妻に迎え入れたいと申し出る。その頃、光秀(長谷川博己)は駒(門脇麦)に付き添われて京から明智荘に戻る。母・牧(石川さゆり)や家人たちに迎えられていると、突然帰蝶が館を訪ねてくる。帰蝶は、幼なじみでほのかに恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めてほしいと頼む。一方、光秀は道三から、自分に対して口を利かなくなった帰蝶を説得するように命じられる。

8話のあらすじ「同盟のゆくえ」(3/8)

光秀(長谷川博己)は、“うつけ”とうわさが立つ信長(染谷将太)がどんな人物かその目で確かめてほしいと、帰蝶(川口春奈)に頼まれる。尾張・熱田市場の近くの港に向かった光秀は、漁師から慕われる奇妙ないでたちの信長を目の当たりにする。明智荘に戻った光秀は、帰蝶を信長に嫁がせていいものかと葛藤する。答えを出せない光秀の元を訪れた牧(石川さゆり)は、美濃の国の行く末を一番に考えることが大事だと諭す。一方、光秀が自分の気持ちに応えることがないと分かった帰蝶は、光秀からの背中を押してくれる言葉を待つ。

9話のあらすじ「信長の失敗」(3/15)

天文18(1549)年2月。帰蝶(川口春奈)は信長(染谷将太)に嫁いでいった。嫁いだものの祝言をすっぽかされた帰蝶は、翌朝に戻ってきた信長と顔を合わせる。帰蝶は皮肉交じりにあいさつをするが、信長の領民を思いやる姿や前日の不在をわびる実直さに興味を抱く。婚儀に上機嫌な信秀(高橋克典)だったが、信長が持参した祝いの品を見て、激しく叱責する。両親に愛されない孤独な信長の一面を垣間見た帰蝶は、父親の道三(本木雅弘)との関係を明かして信長に寄り添う。一方、光秀(長谷川博己)は熙子(木村文乃)と懐かしい再会を果たす。

10話のあらすじ「ひとりぼっちの若君」(3/22)

光秀(長谷川博己)らと別れて京に戻った駒(門脇麦)は、旅芸人の一座に出くわす。そこで駒は、戦災孤児だった幼少期に自分を育ててくれた女座長・伊呂波(尾野真千子)と再会する。一方、三河では今川義元(片岡愛之助)が織田方の安城城に侵攻し、戦が起きる。義元は、織田家の下に人質として置かれている松平家の嫡男・竹千代(岩田琉聖)を引き渡せと要求。道三(本木雅弘)は広い三河が義元の勢力下に入ることに危機感を抱く。光秀は、織田の動向を探りに那古野城へ遣わされたところ、信長(染谷将太)と出会う。

11話のあらすじ「将軍の涙」(3/29)

天文19(1550)年。再び今川義元(片岡愛之助)が尾張に攻め入り、次々と織田方の城を制圧していく。信秀(高橋克典)の非力ぶりが露呈され、織田家は窮地に立たされる。信秀は、道三(本木雅弘)に援軍を乞う。だが、高政(伊藤英明)らが尾張との和議を独断で決めた道三を糾弾していることから、光秀(長谷川博己)は兵が出せない由を尾張に伝える。光秀は、帰蝶(川口春奈)が犠牲になってしまうのではと恐れるが、信長(染谷将太)がある策で美濃の内紛を収めた件を思い出し、道三に同じ策を持ち掛ける。

12話のあらすじ「十兵衛の嫁」(4/5)

天文20(1551)年。信秀(高橋克典)と今川義元(片岡愛之助)は、将軍・義輝(向井理)の仲立ちで和議を結ぶ。その結果、織田家が支配していた三河は今川勢に制圧され、今川勢が尾張の目前まで迫っていた。自らの命が長くないと悟った信秀は、信長(染谷将太)らを集めて織田家の今後について取り決める会議を開く。信秀は末盛城を、有力家臣と共に信長の弟・信勝(木村了)に与えることを宣言。信長はこれを不服とし、怒り狂う。その頃、美濃では光秀(長谷川博己)が熙子(木村文乃)を妻に迎え、牧(石川さゆり)らから祝福される。

13話のあらすじ「帰蝶のはかりごと」(4/12)

天文21(1552)年。道三(本木雅弘)は暗殺を企てた土岐頼芸(尾美としのり)と一戦を交えると息巻く。高政(伊藤英明)は、戦になった場合、実の父と慕う頼芸に付くと宣言し、光秀(長谷川博己)にも決断を迫る。道三の元を訪ねた光秀は、頼芸との戦は身内同士が殺し合い、美濃を滅ぼしかねないと涙ながらに訴える。すると道三は、初めから頼芸と戦をするつもりはなく、国衆に活を入れるための芝居だと明かす。一方、高政らが頼芸の館に到着する目前で、総大将に担ぎ出された頼芸は恐れをなして早々に逃げ出してしまう。

14話のあらすじ「聖徳寺の会見」(4/19)

信秀(高橋克典)の死後に家督を継いだ信長(染谷将太)を一目見るため会見の書状を送った道三(本木雅弘)は、信長を知る光秀(長谷川博己)と共に会見の場の尾張・聖徳寺に向かう。そこにおびただしい数の鉄砲隊を引き連れて信長が現れる。道三は、正直者で先見の明があり自分の若き日の姿に似ていると信長を大いに気に入り、光秀も安堵する。程なく、今川義元(片岡愛之助)の軍師・太原雪斎(伊吹吾郎)に率いられた今川軍が、再び尾張に攻めてくる。道三は信長からの援軍の要請を受け入れるが、高政(伊藤英明)は不満を抱く。

15話のあらすじ「道三、わが父に非(あら)ず」(4/26)

天文23(1554)年。道三(本木雅弘)は落髪して仏門に入り、隠居生活を始める。一方、道三から家督を継いだ高政(伊藤英明)は美濃の守護代の座を得る。そんな中、道三の次男・孫四郎(長谷川純)が帰蝶(川口春奈)の命を受け、光秀(長谷川博己)の元を訪ねる。兄の高政が信長(染谷将太)と敵対し、戦を起こすと懸念する孫四郎は、高政に守護代を退いてもらうべく、その先陣を光秀に任せたいと懇願。高政の元を訪れた光秀は、信長との盟約の再考や、信長と敵対する尾張下四郡の守護代・織田彦五郎との関係をほのめかす高政に不安を抱く。

16話のあらすじ「大きな国」(5/3)

弘治元(1555)年。高政(伊藤英明)は謀反をたくらんだと口実をつけて、弟の孫四郎(長谷川純)らを殺害する。道三(本木雅弘)は、高政を討つため挙兵を決意。国を二分する戦に、明智家はどちらに付くべきか苦悩する。一方、光秀(長谷川博己)は道三と高政の戦を回避するため、信長(染谷将太)と帰蝶(川口春奈)の元に向かう。光秀は信長が道三に加担しないことと引き換えに、高政が織田家との同盟を破棄しないよう命を懸けて止めると訴える。しかし、兄の孫四郎の死を悲しむ帰蝶は、光秀に対する不信感が拭えず、厳しく突き放す。

17話のあらすじ「長良川の対決」(5/10)

弘治2(1556)年、春。道三(本木雅弘)と高政(伊藤英明)の両軍が長良川を挟んで対峙。1万2千を超える南側の高政の兵に対し、北側の道三の兵はわずか2千余り。そんな中、同盟を結んでいた道三が劣勢だと聞いた信長(染谷将太)は、軍勢を率いて長良川を目指す。その頃、もはや戦の回避は不可能と覚悟した光秀(長谷川博己)は、明智荘を守るべく道三に味方することを決める。そしてついに両軍の戦が始まる。一進一退の攻防が続く中、兵力に勝る高政軍に対して、次第に道三の敗色が濃厚になっていく。

18話のあらすじ「越前へ」(5/17)

道三(本木雅弘)と高政(伊藤英明)が激突した長良川の戦いは、道三と同盟を結ぶ信長(染谷将太)の援軍が間に合わず、兵力に勝る高政の勝利に終わる。道三側に付いた光秀(長谷川博己)らは高政軍の追っ手に追われ、命からがら美濃から逃げ出す。道中、帰蝶(川口春奈)の取り計らいで現れた旅芸人一座の女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)に導かれ、越前の地へたどり着く。そこで太夫は、越前を支配する戦国大名・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に謁見し、明智家をかくまってもらえないかと交渉する。義景は値踏みをするように光秀を見詰め、渋々了承する。

19話のあらすじ「信長を暗殺せよ」(5/24)

永禄元(1558)年11月。長良川の戦いで道三(本木雅弘)が壮絶な死を遂げてから2年の年月が流れ、美濃から逃亡した光秀(長谷川博己)は越前でつましく暮らしていた。ある日、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に呼び出された光秀は、将軍・足利義輝(向井理)が戻った京の様子を探りに行くように命じられる。京では尾張を手中に収めようとする高政改め義龍(伊藤英明)の配下の者が、上洛する信長(染谷将太)の命を狙っているとの不穏なうわさを耳にする。光秀は久秀(吉田鋼太郎)の力を借りて、義龍の陰謀を未然に防ごうと動く。

20話のあらすじ「家康への文」(5/31)

「海道一の弓取り」の異名を持ち、強大な軍事力を誇る駿河の今川義元(片岡愛之助)は、尾張の支配を固めつつあった信長(染谷将太)をつぶすべく動き出す。幼少時に今川と織田の間で人質となっていた竹千代改め成人した松平元康(風間俊介)が、今川軍の先鋒を任されることに。一方、越前で暮らす光秀(長谷川博己)は義元が尾張への侵攻を再開したことを知り、戦を回避させる策を考え、元康の存在に目を付ける。そして光秀は、信長と帰蝶(川口春奈)が、元康の母・於大(松本若菜)および伯父・水野信元(横田栄司)と接触するように仕向ける。

21話のあらすじ「決戦!桶狭間」(6/7)

光秀(長谷川博己)が仕向けた今川から元康(風間俊介)を離反させる工作は失敗に終わり、元康率いる三河勢は織田方に包囲された尾張の大高城に向かう。その頃、義元(片岡愛之助)の大軍は三河・岡崎城から尾張の沓掛城まで進軍していた。一方、信長(染谷将太)は今川がうわさされているような2万もの大軍であるのかと疑念を抱き、前線へ出陣を決める。信長は局地戦を展開して義元率いる本隊を孤立させる作戦を決行。そして暴風雨の中、義元の本隊は桶狭間で立ち往生を余儀なくされ、そこに織田の軍勢が襲い掛かる。

22話のあらすじ「京よりの使者」(8/30)

永禄7(1564)年。信長(染谷将太)が今川義元(片岡愛之助)を討ち果たした桶狭間の戦いから、4年の歳月が流れる。京では三好長慶(山路和弘)が権力を完全に掌握し、将軍・義輝(向井理)は傀儡に成り下がっていた。覇気がなくなり別人のようになった義輝を心配する藤孝(眞島秀和)は、光秀(長谷川博己)を京に呼び寄せる。光秀は義輝のため勢いに乗る信長を上洛させてみせると、藤孝と約束を交わす。その頃、駒(門脇麦)は新薬の製造を巡って東庵(堺正章)と言い争いになり、診療所を飛び出してしまう。

23話のあらすじ「義輝、夏の終わりに」(9/13)

永禄7(1564)年。将軍・義輝(向井理)の御内書を携えた光秀(長谷川博己)は、尾張と美濃の国境近くの小牧山城にいる信長(染谷将太)を訪ねる。しかし、信長は美濃の斎藤義龍の息子・龍興との戦に苦戦を強いられており、取り合ってもらえない。光秀は信長に代わって応対した家臣の藤吉郎(佐々木蔵之介)から、病死した三好長慶(山路和弘)の子・義継とその一党による義輝暗殺計画のうわさを聞く。しかも、裏で暗躍しているのが松永久秀(吉田鋼太郎)だと知り衝撃を受ける。すぐに光秀は、大和にいる久秀を訪ねて真意を問う。

24話のあらすじ「将軍の器」(9/20)

三好・松永の子らによるクーデターが勃発、将軍・義輝(向井 理)が殺害される。ぽっかり空いた将軍の座を巡り、京は弟・覚慶(滝藤賢一)擁立派と義栄擁立派に二分する。松永(吉田鋼太郎)と藤孝(眞島秀和)は、三好から命を狙われる覚慶を大和から脱出させ身を隠す手助けをする。一方、義輝の死を知った光秀(長谷川博己)は、松永のもとへ向かい、義輝暗殺を激しく糾弾。松永は、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)から届いた文を光秀に見せる。そこには、朝倉家は覚慶が将軍の器であればかくまう覚悟がある、それを光秀に確かめてくるように、と書いてあった。気が乗らない光秀に松永は、このまま表から身を遠ざけ、越前でくすぶっていていいのかと発破をかける。

25話のあらすじ「羽運ぶ蟻(あり)」(9/27)

覚慶(滝藤賢一)は還俗(げんぞく)し、足利義昭を名乗る。しかし受け入れを希望する越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の態度が決まらず、近場で立ち往生を余儀なくされていた。一方、信長(染谷将太)は長きにわたる斎藤龍興との戦に勝ち、ついに美濃を平定する。かつての家臣・伝吾(徳重 聡)から文が届き、光秀(長谷川博己)は母・牧(石川さゆり)を連れて、なつかしい美濃へと旅をする。訪ねた岐阜城で「何のために戦っているのかわからなくなった」と言う信長に、光秀は「上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になりみんなが喜ぶ」と言う。しかし肝心の将軍候補・義昭の評を信長から聞かれると、光秀は口ごもってしまうのだった。越前に戻った光秀を、なんと義昭が待ち構えていた。

26話のあらすじ「三淵の奸計(かんけい)」(10/4)

義昭(滝藤賢一)を奉じ、信長(染谷将太)と共に上洛を決めた義景(ユースケ・サンタマリア)だったが、その気まぐれな言動から、光秀(長谷川博己)や三淵(谷原章介)らはその真意に次第に不安を感じるようになる。家臣や一族も決して一枚岩ではない様子を見るにつけ、このままでは上洛をしても三好勢と十分に戦えないと判断した光秀は、信長を訪ね、単独で上洛をするように訴える。

27話のあらすじ「宗久の約束」(10/11)

美濃で盛大な歓迎を受ける義昭(滝藤賢一)。しかし信長(染谷将太)は、戦にまるで興味のない様子の義昭を不安に思う。一方、光秀(長谷川博己)は上洛にあたり、三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため、京へと向かった。駒(門脇 麦)を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫(尾野真千子)のもとへ。三好は今井宗久(陣内孝則)をはじめとする堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力が強さになっているという。宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れ宗久のもとへ向かう。

28話のあらすじ「新しき幕府」(10/18)

ついに足利義昭(滝藤賢一)が上洛を果たした。勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃する。光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡り、織田側と三淵ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長(染谷将太)の意見に従うという。その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎)に任せることを認めてほしいという。光秀(長谷川博己)と藤孝(眞島秀和)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

29話のあらすじ「摂津晴門の計略」(10/25)

将軍の御座所襲撃に怒った信長(染谷将太)は、京に将軍を守る城が必要だとして、独断で二条城の建設を始めてしまう。各地から資材を召し上げながら急ピッチで進む強引な工事に、幕府の摂津(片岡鶴太郎)のもとには信長に対する多くの反発の声が届く。ある日、伊呂波太夫(尾野真千子)から呼び出された光秀(長谷川博己)は、幕府より身を追われ身を隠した近衛前久(本郷奏多)と対面する。前久は今の幕府には、己の私利私欲を満たすことしか頭にない連中ばかりであることを忠告。そして、本来帝(みかど)を守るべき幕府の本分を見失っていることをほのめかすのだった。将軍よりも上の存在という帝の存在が気にかかった光秀は、ボロボロになった御所へと足を向ける。

視聴者の感想

視聴者の感想を見る


光秀の人生が事細かく描かれていて冷静沈着なイメージは従来通りあるものの意外と感情的になったりと面白い1面が見られるのも楽しく、蝮の道三にケチとハッキリと言ってしまう場面には爆笑しました。また、従姉妹の帰蝶が可愛らしい面を見せていたのに信長の妻となった途端に腹黒く動き、まだ足らない信長を動かし策略を実行させる怪しい雰囲気と変わる所にビックリさせられ、時の流れは人を変えるなと思いました。物語は光秀の人生中心ながら、真面目な光秀の目線で見える道三や信長に帰蝶、将軍の義輝たちの特徴ある人柄を詳細に見ている気持ちになれる構成が画期的に感じられ、捉え方を変えると色々な視点で楽しめる作品に思えています。
30代男性


主人公である明智光秀があまりインパクトがなく、周りの織田信長、斎藤道三などが強烈なインパクトを残しているというのが率直な感想です。映像としては、とても丁寧に作られていることが強く感じます。特に、明智光秀の喋らない演技の時のカメラワークなどは見ている側も唾を飲み込む感じにひきこまれました。最後に、戦国時代ではありながら、大河ドラマ特有の女性陣が活躍する姿も好感を持ち、現代社会との違いを感じながらも憧れを抱く気持ちになりました。
30代女性


鉄砲に目をつけ各地を回る事となったのが序盤はうまい描き方でした。鉄砲の価値を早くから取り上げそれによって変わっていく世の中を感じさせてくれました。またそこで出会った登場人物達との交流が後に様々な影響を与えていくことになります。問題は光秀の存在感がこれまでは薄かった事です。活躍の場面はありましたが、斉藤道三や織田信長などの影に埋もれてしまいました。これまでは群像劇として登場人物の個性をうまく捉えた描写になりそれが面白さを出していました。ここから光秀の器量が出てきますので主人公としての活躍をしてくれるでしょう。
40代男性


戦国時代を題材とした作品は人気ですが、明智光秀が主人公となるとなんだか地味なのではないか?と思いながら見始めた本作ですが、あまり他の作品では触れられてこなかった明智光秀の若き日をしっかりと描いていて青春群像劇的な面白さを感じました。ストーリー展開も非常にスピード感があり、毎週見ていてまるで飽きないのが非常にいいと思います。主人公だけでなく、脇を固める俳優陣もいい味を出していて、中でも堺正章さんが好印象です。
40代男性


以前放送された美濃編が個人的には特に好きで混沌とした戦国のような世界観が描かれていてどこかタイムスリップしたような気分になれたのを覚えています。本木雅弘が仏門へと入り守護代の座を得るというなんとも荘厳とした雰囲気や殺伐としたナレーションなど包まれたその空気に圧倒されてしまいました。派閥なるものも数多くあって一つ一つのみんなの思想ややり方がぶつかり合う様相は現代とは違う美しさがあって引き込まれるものがありました。
30代男性


田畑の風景や衣服が色彩豊かで、映像はとても綺麗だと感じます。話の内容としては、もともと明智光秀という題材という少し弱い点はあるが、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)の迫力が凄まじく、見ているうちに主役が誰だったかわからなくなることが多い印象。今のところ主役の明智光秀(長谷川博己)は悩んでいる表情しか印象にありません。今後は豊臣秀吉(佐々木蔵之介)が絡んでくるので期待が高まります。ただ、やはり沢尻エリカの帰蝶が見てみたかったというのが残念でしかありません。
30代女性


明智光秀と聞くとどうしても悪者のイメージが付きまといますが、この作品ではそのイメージを吹き飛ばすかのように正義感溢れ、高い志を持った光秀を観ることができ、とても新鮮です。また演出自体もコミカルで親近感が沸きます。将軍足利家との繋がりや織田信長との出会いは今までほとんど語られたことがないと思いますので、事実かどうかはさておき、その部分を知ることができたのはとても有意義だと感じています。俳優陣も豪華で、特にもっくんの斎藤道三はハマり役でした。この先どのようにして明智が出世していくのかが楽しみです。
30代男性


光秀は藤吉郎から将軍義輝を久秀が裏で手を引いて暗殺しようとしている噂があると聞いた光秀の信じられないという顔つきがものすごく印象に残りました。そして、その足で久秀に会いに行き、久秀は光秀に隠すことなく義輝は将軍として価値が無くなったと言い放ったことにも驚きましたが、義輝に使えていたはずの藤孝が義輝から離れて久秀の元にいたことに驚きました。明らかに久秀という人物の発言力の強さが将軍の権威を上回っているんだなと思わされました。
30代男性


1話からこれまでで感じたのはキャラクター達が派手な衣装を着ていましたので、これまでの大河ドラマには無い演出だったなァと感じながら見ています。また帰蝶こと濃姫があれほどまでに信長の裏で暗躍して助けていたという演出も、これまで余り見た事が無く新しい解釈でのストーリー展開も毎回楽しく見られているなァと感じています。明智光秀も歴史的に不明な点も多く、斎藤道三にあちらこちらへ使わされたり、13代将軍の足利義輝とも交流があったり等の演出も個人的に興味深く見ていて、秀吉との運命的な出会いも見ていて鳥肌が立ちましたし、端々に挑戦的な工夫が見られて、早く本能寺の変を見たいと思わせてくれる作品だなと感じています。
50代男性


始まる前の明智光秀の知識は岐阜生まれで本能寺の変の首謀者というぐらいの乏しいものでしたので、光秀に関するほぼ全ての事が初めて知る事でとても新鮮でもありこういう事をしていたのかとか、こういう面があったのかと驚いたり意外な面を知る事も多く、毎話がとても楽しみで仕方ありません。地元の東海地方の地名やお城が数多く登場する事が大変嬉しく親しみも持てる点も魅力的で、光秀や麒麟がくるにゆかりのある場所をできるだけ多く巡りたいとも思いました。
50代男性

麒麟がくるの役名・出演者キャストまとめ

明智十兵衛光秀 ・役/長谷川博己

煕子・役/木村文乃

明智光安・役/西村まさ彦

明智左馬助・役/間宮祥太朗

斎藤道三・役/本木雅弘

斎藤義龍・役/伊藤英明

深芳野・役/南果歩

斎藤孫四郎・役/長谷川純

織田信長・役/染谷将太

帰蝶・役/川口春奈

織田信秀・役/高橋克典

土田御前・役/檀れい

織田信勝・役/木村了

織田信光・役/木下ほうか

佐久間右衛門尉信盛・役/金子ノブアキ

毛利新介・役/今井翼

足利義輝・役/向井理

三淵藤英・役/谷原章介

細川藤孝・役/眞島秀和

近衛前久・役/本郷奏多

松永久秀・役/吉田鋼太郎

今川義元・役/片岡愛之助

松平元康・役/風間俊介

木下藤吉郎・役/佐々木蔵之介

朝倉義景・役/ユースケ・サンタマリア

駒・役/門脇麦

伊呂波太夫・役/尾野真千子

麒麟がくるは、U-NEXTなら無料で見放題です!

\31日間無料でお試し/

31日以内の解約で完全無料[1,990円→0円]

2020放映中ドラマ早見表
曜日ドラマ名出演者
10月12日~
22:00~/TOKYOMIX

片恋グルメ日記
本仮屋ユイカ
10月19日~
24:59~/日本テレビ

バベル九朔
菊池風磨
10月20日~
22:00~/TBS

この恋あたためますか
森七菜
中村倫也
9月15日~
24:00~/FODオリジナル

30禁 それは30歳未満お断りの恋。
松井玲奈
9月8日~
25:28~/TBS

荒ぶる季節の乙女どもよ。
山田杏奈
玉城ティナ
8月19日~
12:00~/FODオリジナル

時をかけるバンド
三浦 翔平
白石 聖
10月14日~
21:00~/テレビ朝日

相棒シーズン19
水谷豊
反町隆史
10月14日~
22:00~/日本テレビ

#リモラブ~普通の恋は邪道~
波瑠
10月7日~
24:00~/テレビ神奈川

ハンサムセンキョ
武子直輝
10月7日~
24:12~/テレビ東京

メンズ校
なにわ男子(関西ジャニーズJr.)
10月7日~
24:52~/テレビ東京

ざんねんないきもの事典
竹中直人
10月7日~
24:58~/テレビ東京

だから私はメイクする
神崎恵
9月9日~
25:28~/テレビ東京

闇芝居(生)
津田寛治(声)
10月15日~
22:00~/フジテレビ

ルパンの娘2
深田恭子
瀬戸康史
9月17日~
24:59~/MBS

俺たちはあぶなくない~クールにさぼる刑事たち~
鈴木伸之
佐野勇斗
10月8日~
24:59~/日本テレビ

マネキンナイトフィーバー
FANTASTICS
10月8日~
25:00~/テレビ東京

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい
赤楚衛二
町田啓太
10月9日~
18:00~/FODオリジナル

フェイクラブ
梅田彩佳
10月9日~
22:00~/NHK 総合

タリオ 復讐代行の2人
浜辺美波
岡田将生
10月9日~
23:15~/テレビ朝日

24JAPAN
唐沢寿明
10月2日~
24:12~/テレビ東京

あのコの夢を見たんです
仲野太賀
10月2日~
24:52~/テレビ東京

歴史迷宮からの脱出 リアル脱出ゲーム×テレビ東京
福本莉子
10月10日~
22:00~/日本テレビ

35歳の少女
柴咲コウ
10月17日~
23:40~/東海テレビ(フジテレビ系)

さくらの親子丼3
真矢ミキ
10月10日~
24:00~/FODオリジナル

純烈ものがたり〜スーパー銭湯が泣いている〜
純烈
10月3日~
26:30~/テレビ朝日

マリーミー!
久間田琳加
1月19日~
20:00~/NHK 総合

麒麟がくる
長谷川博己
10月11日~
21:00~/TBS

危険なビーナス
妻夫木聡
吉高由里子
9月27日~
22:00~/NHK BSプレミアム

一億円のさようなら
上川 隆也
10月11日~
22:30~/日本テレビ

極主夫道
玉木宏
その他3月30日~
8:00~/NHK 総合

エール
窪田 正孝
二階堂 ふみ