ドラマ動画無料視聴方法

ドラマ『アンサングシンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法【1話~最終話まで全話フル配信】

\今すぐ無料でこのドラマを見たい/

1ヶ月以内の解約で完全無料[888円→0円]

ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の動画を無料視聴する方法を紹介します。

  • 放送を見逃してしまった…
  • フル配信の動画を無料で見たい!
  • 安全・快適・合法的に楽しみたい!

という方は、ぜひチェックしてみてください。

ドラマ『アンサングシンデレラ』の見逃し動画を無料で視聴する方法

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の見逃し動画を、フルで無料視聴する方法を紹介します。

フル動画を無料で見る方法は3つ!

  1. FODプレミアムの無料体験
  2. TVer

それぞれの方法について解説します。

FODプレミアムの無料体験で『アンサングシンデレラ』を無料視聴する【おすすめ】

ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』を全話無料で視聴できるのはFODプレミアムだけ。

1ヶ月間の無料体験を利用して、ドラマ『アンサングシンデレラ』を無料視聴できます。

無料体験期間中に解約すれば、一切費用はかかりません!

FODプレミアム無料体験のメリット
  1. 月額888円(税抜)のサービスを無料体験できる
  2. 無料期間中に解約すれば一切費用はかからない
  3. 高画質・広告なしのフル動画を視聴できる
  4. ここでしか見れないフジテレビ作品が5,000本以上見放題
  5. FODオリジナルドラマも見放題

さらにFODプレミアムでは、石原さとみ主演の『ディア・シスター』や『リッチマン、プアウーマン』など歴代人気ドラマも全話配信されています。

\1ヵ月無料でお試し/

全話動画を視聴できるのはFODプレミアムだけ

 

FODプレミアムの使い方はこちら

登録方法を見る

step1.
公式サイトにアクセス
FODプレミアムにアクセス
FODプレミアムはこちら

step2.
「今すぐはじめる」をタップ
画面中央の「今すぐはじめる」をタップ
FODの登録方法-「今すぐはじめる」をタップ

step3.
お支払い方法選択
「amazon pay」を選択
※無料お試しキャンペーンを利用する場合は、amazonのアカウントが必要です。
FODの登録方法-お支払い方法選択

step4.
「決済サービスにログインする」をタップ
お支払い方法で「amazon pay」を選択後、画面を下にスクロールし「利用およびプライバシーポリシーに同意する」にチェック。「決済サービスにログインする」をタップ
FODの登録方法-「決済サービスにログインする」をタップ

step5.
Amazonアカウントでログイン
必要事項を入力し、「ログイン」をタップ
FOD登録方法-Amazonアカウントでログイン

step6.
「この内容で登録する」をタップ
購入内容を確認し、画面を下にスクロール。「お支払いにAmazon Payを利用する」にチェックをいれて「この内容で登録する」をタップ
FOD登録方法-「この内容で登録する」をタップ

以上でFODプレミアム1ヵ月無料トライアルの登録が完了です。

解約方法を見る

step1.
公式サイトにログイン
FODにログインし、右上のメニューを開く
FOD解約方法-公式サイトにログイン

step2.
月額コースの確認・解約をタップ
メニューの「月額コースの確認・解約」をタップ
FOD解約方法-月額コースの確認・解約をタップ

step3.
「解約する」をタップ
「月額コースの確認・解約」の「解約する」をタップ
FOD解約方法-「解約する」をタップ

step4.
再度「解約する」をタップ
画面を下にスクロールし、ページ下部の「解約する」をタップ
FOD解約方法-再度「解約する」をタップ

以上でFODプレミアムの解約が完了です。

FODプレミアムで無料視聴する

TVerで『アンサングシンデレラ』を無料視聴する

民法公式テレビポータルTVerでは、ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の最新話を放送から1週間の期間限定で配信しています。

最新話だけ見れればOK! という場合はTVerでの視聴も可能です。

TVer公式サイトはこちら

ただしTVerには、このような酷評が目立ちます。

  • CMが多すぎる、長い
  • 広告のスキップ、停止もできない

快適な環境でドラマ『アンサングシンデレラ』を視聴したいのであれば、FODプレミアムがおすすめです。

\1ヵ月無料でお試し/

全話動画を視聴できるのはFODプレミアムだけ

ドラマ『アンサングシンデレラ』1話~最終話までのネタバレあらすじ感想まとめ

イントロダクション

フジテレビ4月期の木曜劇場は、石原さとみさん主演の薬剤師ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』を放送することが決定しました。日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマがここに誕生しました。

木曜劇場ではこれまで『白い巨塔』(03~04年)、『Dr.コトー診療所』シリーズ(03,06年)、『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズ(06,07,10,14年)、『グッド・ドクター』(18年)といった医療ドラマを数多く放送してきましたが、登場人物として描かれてきたのは医師や看護師で、薬剤師がフォーカスされることは皆無でした。薬剤師の役割は、医薬品全般における豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行うことです。また、薬剤師は医師の出す処方箋に唯一異議を唱えることができ、患者にとっては“最後の砦(とりで)”ともいえる重要な存在です。決して脚光を浴びることはありませんが、全国30万人以上もの薬剤師たちが患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために日々奮闘しています。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』では、病院内にある薬剤部にて、主に患者の薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描いていきます。病院薬剤師を主人公として描く日本の連続ドラマは初となります。“アンサング”とは「褒められない」という意味。医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちの、まだ誰も知らないヒューマンドラマが幕を開けます!

本作の主人公、葵みどり(あおい・みどり)はキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っています。1人でも多くの患者を救いたいと思っているのですが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら、患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていきます。

葵みどりを演じるのは石原さとみさん。木曜劇場には2014年10月期放送の『ディア・シスター』(木曜劇場初出演・初主演)以来5年半ぶり2度目の出演。フジテレビの連続ドラマとしては月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(2015年10月期)以来4年半ぶりとなります。法医解剖医を演じ、東京ドラマアウォード2018で主演女優賞など最多6冠を達成した法医学ミステリードラマ『アンナチュラル』(18年、TBS)での名演が記憶に新しい石原さんですが、フジテレビドラマで医療従事者を演じるのは、新米ナース“あおい”の成長を描いた民放連ドラ初主演作『Ns’あおい』(06年)以来14年ぶり。今作ではお団子ヘアの病院薬剤師“葵(あおい)”として院内を駆け回ります!

原作は『月刊コミックゼノン』で連載中の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)。2018年5月に連載を開始して以来、知られざる薬剤師の奮闘をリアルに描写したヒューマンストーリーとして、医療従事者に関わらず多方から絶賛の声があがっています。また、薬科大学生の間では薬剤師の現状を知るためのバイブルとしても活用されているといいます。実写化を望む声が広がる中、この度ついにドラマ化が実現。そして脚本を務めるのは『グランメゾン東京』(19年、TBS)の黒岩勉さん。医療ドラマの脚本を手掛けるのは本作が初となります。三つ星レストランを目指す“シェフチーム”の奮闘を描いた黒岩さんが、今作では一体どんな“薬剤師チーム”を描くのでしょうか?原作の魅力を生かしながら、築き上げられる世界観に注目です。

出典:『アンサングシンデレラ』公式サイト

第1話(2020年4月13日)のネタバレあらすじ感想

準備中

第2話(2020年4月20日)のネタバレあらすじ感想

準備中

ドラマ『アンサングシンデレラ』とは?基本情報まとめ

タイトルアンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋
テレビ局フジテレビ系
放送日未定
放送時間毎週木曜日 22時~
キャスト石原 さとみ/西野 七瀬/清原 翔/桜井 ユキ/井之脇 海/金澤 美穂/真矢 ミキ/迫田 孝也/池田 鉄洋/でんでん/田中 圭
原作月間コミックゼノン『アンサングシンデレラ 病院薬剤師葵みどり』
公式サイトhttps://www.fujitv.co.jp/unsung/
公式SNSTwitter
主題歌『YES AND NO』DREAMS COME TRUE

ドラマ『アンサングシンデレラ』キャストまとめ

葵 みどり・役/石原 さとみ

 

この投稿をInstagramで見る

 

U,YUSUKE@おひさま(@yusuke_baseballboy)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部のキャリア8年目の薬剤師。みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。だが、すべては患者の“当たり前の毎日”を取り戻すため-。患者一人一人と真摯(しんし)に向き合っていく。

相原 くるみ・役/西野 七瀬

 

この投稿をInstagramで見る

 

かどのひろし(@kadono.hiroshi_1030)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部の新人薬剤師。「医者は無理そうだけど、薬剤師なら自分でもできそうだし、医者ほど責任は生じないだろう」という消極的な理由で薬剤師の道を選んだが、時に医師とぶつかりながらも患者のために懸命に働く姿みどりを近くで見るうちに、仕事に対する意識が変わっていく。

小野塚 綾・役/清原 翔

 

この投稿をInstagramで見る

 

清原翔(@mrkiyotan)がシェアした投稿

みどりが病院薬剤師であることになぜか興味を示し、その後もたびたびみどりの前に現れる謎の青年。今後、みどりたち病院薬剤師とどのように関わり合っていくのか?

刈谷 奈緒子・役/桜井 ユキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

桜井ユキ(@yukisakurai210)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部主任。調剤のプロ中のプロ。作業効率を重んじ、無駄話もせず、淡々と仕事を進めるタイプの病院薬剤師。つい患者に深入りして時間をかけてしまうみどりとは対照的な仕事スタイル。みどりに対し「仕事が遅い!」と 咤(しった)することもしばしばだが、患者を救いたいという根底の思いは同じ。

羽倉 龍之介・役/井之脇 海

 

この投稿をInstagramで見る

 

井之脇海くん fan アカウント(@i_kai._.sea)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部。キャリア3年目の若手薬剤師。萬津総合病院薬剤部のムードメーカー。その明るい笑顔の裏には、薬剤部のメンバーも知らない顔を持っている。

工藤 虹子・役/金澤 美穂

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆちゃ(@yuchiya5)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部。キャリア4年目の病院薬剤師で監査を担当。病院内の噂話やゴシップが大好きで、自分が知った情報は薬剤部のメンバーに得意げに話す。

販田 聡子・役/真矢 ミキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

隊長(@nekotaicho214)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部部長。部下に気を遣う上司として、新人の相原くるみに対しても細心の注意を払って優しく接する。ハラスメントに敏感な現代を象徴する上司像の販田だが、ただ単に優しいだけではなく、ある種のズルさや計算高さも併せ持つ。

辰川 秀三・役/迫田 孝也

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rie Kose(@koserie)がシェアした投稿

中華料理店・娘娘亭(にゃんにゃんてい)の店主。辰川は萬津総合病院では“待たせると激ギレする”として有名な外来患者。辰川の扱いには薬剤部メンバーの誰もが手を焼いている。

七尾 拓・役/池田 鉄洋

 

この投稿をInstagramで見る

 

池田鉄洋/池田テツヒロ(@ikedatetsuhiro)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部副部長。薬剤部メンバーの中で独特な空気感を漂わせる不気味な男。治験管理を担当する七尾は、薬の開発の臨床試験で実績を上げ、その優秀さゆえに他のメンバーとは一線を画した“治外法権”の立場にいる。

荒神 寛治・役/でんでん

萬津総合病院薬剤の医薬品情報を専門的に管理するドラッグインフォメーション室(通称:DI室)責任者。ひょうひょうとした物腰の柔らかい雰囲気で、たとえどんなに厄介な患者でも荒神を前にすれば不思議とクールダウンしてしまう“調剤の魔術師”という異名を持つベテラン薬剤師。

瀬野 章吾・役/田中 圭

 

この投稿をInstagramで見る

 

다정한 시간, Blue(@sunmisty)がシェアした投稿

萬津総合病院薬剤部副部長。いつもぶっきらぼうで愛想の無い人間にみえるが、実際の心根は優しく、誰よりも患者思い。みどりに対し冷たい態度を示すこともしばしばだが、患者と真摯(しんし)に向き合うみどりのことを心の中では認めている。

出典:『アンサングシンデレラ』公式サイト

ドラマ『アンサングシンデレラ』は期待できる?視聴者の声

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』に期待する視聴者の声を独自に集めました。

視聴するか迷っている方は参考にしてください!

30代男性
30代男性
医療ドラマというと医師や看護師を描かれることが多いですが、院内薬剤師をメインにしているのが斬新だと思いました。院内薬剤師がどんな風に患者と関わり、病気と向き合っていくのか見どころです。さらに原作が漫画なので、登場人物やストーリーの設定もしっかりしているからストーリーの展開も楽しみです。また、主演の石原さとみにも期待しています。医療ドラマに出演しているのを始めて見るので、どんな演技をするのか注目しています。
30代女性
30代女性
原作漫画を少し読んだことがありますが、ストーリーが面白いです。これがドラマ化、しかも主演が石原さとみさんとなるととても楽しみです。よくある医療ドラマは主人公が医師だったり看護師だったりしますが、薬剤師というのはとても珍しいと思いました。医師や看護師を支える薬剤師はとても重要な仕事ではありますが、賞賛されるようなことはほとんどない縁の下の力持ち。処方に疑問を持ち医師に意見する主人公のみどりのかっこいい姿を石原さとみさんが演じると思うと今からワクワクします。
40代女性
40代女性
マンガでも読んだことがある「アンサング・シンデレラ」。病院の薬剤師、葵みどり役が大好きな石原さとみちゃんでとても注目しています。どんな役も石原さとみちゃんがするとオシャレ感が出るんですよね。しかもイメージより仕事に対して真剣なところも好きなのでぴったりです。なかなか注目されない分野だけに社会見学的な感じで興味のあるところです。病院の薬剤師と普通の薬剤師とではまた立場が違うのかな?、その辺の派閥争いみたいなところも描かれてるか楽しみです。また薬剤部の副部長役が田中圭さんなので圭さんの演技も楽しみです。最近、おっさんLOVEのイメージがあるのでちゃんとした?役が出来るところも見せて欲しいです。
20代女性
20代女性
石原さとみさんが出るドラマは基本的に見ていますが、どれも面白い!きっとこちらも面白いんだろうなと思って楽しみに待っています。アンナチュラルで演じた「みこと役」はかなりハマっていたと思うので、それ以上をいけるのかわくわくしています。病院系のドラマが前回多かったせいか、どれも同じに見えてしまい、視聴しませんでしたが、今回のアンサングシンデレラはCMを見る感じ興味がもてたので見たいです。他の出演者様も豪華なので見どころ満載です。
40代男性
40代男性
医療従事者の中でも本来ははずす事のできない役割の薬剤師にスポットを当てたドラマとなります。ドラマの内容からすると普通の人から見えない苦労や裏話などがメインの話しとなるようです。医師から見ればただ黙って処方箋の薬を患者に出していればよい存在なのか、それとも貴重なアドバイザーとして医療を支えてくれる部署なのかどういった見方をするのかも気になるところです。主人公の葵みどりを中心に薬剤師が医療の現場にどういった形で関わるのかが知ることができ、これまでと変わった視点で医療を見つめる事ができるドラマとなりそうです。
20代女性
20代女性
『アンサング・シンデレラ』のタイトルは、原作漫画の絵とともにインターネット上の宣伝で度々目にしており、気になっていました。医療ドラマというと診断を下す医師が主人公で、ミステリーのように症状から病名を突き止めるイメージがあるので、薬剤師の女性が主人公のこの作品ではどのようにストーリーが進行するのかとても興味を惹かれます。病気やけがをするたびにいつもお世話になっているはずの、身近な薬剤師さんのお仕事について知ることができたら嬉しく思います。
30代女性
30代女性
見所は、医者でも看護師でもなく、病院薬剤師に焦点を充てて物語が描かれている点です。普段よく聞く医療系ドラマは、どれも医者や看護師を主人公にしたものが多いですが、アンサング・シンデレラは病院薬剤師の日々の様子を知ることができるので、とても興味深いです。「アンサング」という意味が、”褒められない”という意味だと知って、ドラマタイトルに合点がいきました。主演の石原さとみさんが、どんな風に病院薬剤師の姿を演じてくれるのか、とても楽しみにしています。
20代女性
20代女性
このドラマは薬剤師という仕事が、どんなものなのか身近に感じることができそうで楽しみです。薬の知識や患者さんに寄り添ってあげたりするところに、期待したいと思います。薬剤師ならではの苦悩なども気になります。普段あまりスポットがあたるわけではないけど、縁の下の力持ちとして頑張っているところに期待したいです。石原さとみさんの奮闘する姿が楽しみです。医師たちと連携していくところもすごく注目ポイントだと思います。
40代男性
40代男性
病院ドラマは数多くありますが薬剤師にスポットライトが当たるドラマは珍しいんで気になっています。葵みどりを演じる石原さとみが患者一人一人に真摯に向き合う女性のようです。天真爛漫さも持ち合わせた雰囲気に感じていて可愛らしい石原さとみが見れそうだなと期待しています。そんな石原さとみの先輩役で出演している田中圭にも注目しています。シリアスな演技、ふざけた演技なんでもこなす田中圭の名演技が楽しみです。
40代男性
40代男性
石原さとみさん主演の薬剤師を題材とした医療ドラマでこれまで薬剤師をだ題材としたドラマというのはなかったのでどんな展開になっていくのか楽しみです。石原さとみさんはこれまで様々な職業のキャリアウーマンを演じてきていますのおで今回はどんなキャラで演じてくれるのか楽しみにしています。また、石原さとみさんの他に真矢みきさんや田中圭さんや西野七瀬さん、清原翔さんなど個性豊かな出演陣がどのようにドラマを盛り上げてくれるのか楽しみにしています。
50代女性
50代女性
病院が舞台のドラマの中で、薬剤師の活躍を中心としたところが新鮮です。その仕事の内情とはどんなものなのでしょうか。主人公の色々な葛藤などの思いに応援したくなったり、共感もしそうです。みどりはきっと、患者さん思いで真っすぐな性格ですよね。彼女が周りにどんな影響や変化をもたらすのか楽しみです。みどり自身、新しい発見や様々な成長があるのかも。他の登場人物たちの抱える事情や、みどりとの関わりも深いものが描かれることを期待しています。
20代女性
20代女性
薬剤師は、医者と違ってあまり目立たない職業のように見えます。患者さんから直接感謝されることも、少ないのかなと思います。私自身、当たり前のこととして薬を処方してもらっていました。しかし、薬剤師がもし処方を間違えれば、大変なことになります。薬を扱う仕事には大きな責任が伴っているということを、石原さとみさん演じる主人公はしっかり理解しているのだと思います。そんな彼女が、患者に真剣に向き合っていく姿を丁寧に描いてもらえると期待しています。また、新人の子が主人公に感化され、成長していくところも是非見守りたいと思います。
30代女性
30代女性
原作は読んでいませんが、医療系ドラマが好きなので期待しています。医師や看護師が主人公のストーリーはこれまでにもたくさんありましたが、院内薬剤師という、一般人からは近くてもあまり知られていないお仕事がフィーチャーされている点が目新しいなと思いました。医師からの処方箋を元に薬を払い出すだけのお仕事かな?ドラマとして成立するのかな?と思う反面、知らない部分がたくさんあると思うので楽しみです。
30代女性
30代女性
石原さとみ×医療ものという点で、「アンナチュラル」を思い浮かべた方は多いのではないでしょうか。私はそれがきっかけで見てみようかなと思っています。プロデューサーも病院関連の作品を数多く手がけているようなので、ちゃちなものにならないという期待は大きいです。さらに「お仕事シリーズ」的なドラマも大好きなのですが、病院薬剤師という視点は珍しく、どんなお仕事をされていてそこにはどんな苦悩や喜びがあるのかとても気になります!
50代女性
50代女性
薬剤師がメインということで、今までにないドラマになるのではないかと期待が膨らんでいます。薬剤師の仕事として薬の調剤としか思い浮かばないので、その他どんな思いで仕事をしているかなど、このドラマを通してわかるものがある気がしています。主演の石原さとみさんが、白衣のデザインなども一緒に考えたと言われていたので衣装にも期待したいです。どんな薬剤師を演じていくのが今から楽しみです。また、その他共演者も個性派俳優のでんでんさんや池田鉄洋さんが出演されるのもいいスパイスになりそうでみてみたいと思いました。

ドラマ『アンサングシンデレラ』見逃し動画を無料視聴する方法まとめ

この記事ではドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の見逃し動画を無料で視聴する方法を紹介しました。

まとめ
  • 全話を無料で視聴できるのはFODプレミアムだけ
  • 放送後1週間以内限定で、FOD無料会員版とTVerで無料視聴可能(ただし広告・CM付き)

FODプレミアムの無料体験キャンペーンは、いつ終了するかわかりません…!

キャンペーンが終了して後悔する前に、ぜひお試しください。

広告なし・高画質のフル動画を、安心安全に楽しむことができます。

\1ヵ月無料でお試し/

1ヶ月以内の解約で完全無料[888円→0円]