ドラマ動画無料視聴方法

MIU404(ミュウ404)見逃しフル動画配信を無料で見る方法【1話~最終回まで全話広告なし】綾野剛/星野源/キャスト一覧

MIU404

\今すぐ無料でこのドラマを見たい/

2週間以内の解約で完全無料

ドラマ『MIU404』の動画を無料視聴する方法を紹介します。
  • 放送を見逃してしまった…
  • フル配信の動画を無料で見たい!
  • 安全・快適・合法的に楽しみたい!

という方は、ぜひチェックしてみてください。

MIU404(ミュウ404)の見逃し動画配信を無料で見る方法

ドラマ『MIU404(ミュウ404)』の見逃し動画を、フルで無料視聴する方法を紹介します。

フル動画を無料で見るオススメの方法は2つ!

  1. Paraviの無料体験
  2. TVer・GYAO!

それぞれの方法について解説します。

Paraviの無料体験で『MIU404』を無料視聴する【おすすめ】

ドラマ『MIU404(ミュウ404)』を全話無料で視聴できるのはParaviだけ。

2週間の無料体験を利用して、MIU404を無料視聴できます。

無料体験期間中に解約すれば、一切費用はかかりません!

Paravi無料体験のメリット
  1. 月額1,017円(税込)のサービスを無料体験できる
  2. 無料期間中に解約すれば一切費用はかからない
  3. 高画質・広告なしのフル動画を視聴できる
  4. TBS・テレビ東京・WOWOWのドラマや話題作がいつでも見放題

\2週間無料でお試し/

全話動画を視聴できるのはParaviだけ

Paraviの登録・解約方法は、こちらをご確認ください。
登録方法を見る

step1.
公式サイトにアクセス
Paraviにアクセス
Paraviの公式サイトはこちら

step2.
「まずは2週間無料体験」をタップ
画面中央の「まずは2週間無料体験」、もしくは画面下部の「無料体験はこちら」をタップ
Paraviの登録方法-「まずは2週間無料体験」をタップ

step3.
アカウント作成方法を選択
「メールアドレスでアカウント作成」もしくは「外部サービス(Googleアカウントなど)のアカウントでアカウント作成」を選択
アカウント作成方法を選択

step4.
アカウント情報を入力
名前やパスワードなどアカウント情報を入力し、支払い方法を選択

step5.
「〇〇で登録する」をタップ
「利用規約およびプライバシーポリシーに同意する」にチェックをいれて、「〇〇(支払い方法により異なる)で登録する」をタップ
「〇〇で登録する」をタップ

以上でParavi2週間無料トライアルの登録が完了です。

解約方法を見る

step1.
公式サイトにログイン
Paraviにログインし、右上のメニューを開く
paravi解約方法-公式サイトにログイン

step2.
「アカウント情報」をタップ
メニューの「アカウント情報」をタップ
paravi解約方法-「アカウント情報」をタップ

step3.
「契約プランの確認・解約」をタップ
アカウント情報の「契約プランの確認・解約」をタップ
paravi解約方法-「契約プランの確認・解約」をタップ

step4.
「プラン解約」をタップ
画面右下の「プラン解約」をタップ
paravi解約方法-「プラン解約」をタップ

step5.
「解約を続ける」をタップ
画面左下の「解約を続ける」をタップ
paravi解約方法-「解約を続ける」をタップ

step6.
「解約する」をタップ
アンケートに回答し、画面を下にスクロール、画面左下の「解約する」をタップ
paravi解約方法-「解約する」をタップ

以上でParaviの解約が完了です。

Paraviで無料視聴する

TVer・GYAO!でMIU404を無料視聴する

民法公式テレビポータルTVerとGYAO!では、ドラマ『MIU404(ミュウ404)』の最新話を放送から1週間の期間限定で配信しています。

最新話だけ見れればOK! という場合はTVer、もしくはGYAO!での視聴も可能です。

TVer公式サイトはこちら

GYAO!公式サイトはこちら

ただしTVerやGYAO!には、このような酷評が目立ちます。

  • CMが多すぎる、長い
  • 広告のスキップ、停止もできない

快適な環境でMIU404を視聴したいのであれば、Paraviがおすすめです。

\2週間無料でお試し/

全話動画を視聴できるのはParaviだけ

MIU404(ミュウ404)1話~最終話までのネタバレあらすじ感想まとめ

イントロダクション

約2年ぶりのTBSドラマ出演となる綾野剛星野源のW主演!

『逃げ恥』『アンナチュラル』の脚本家・野木亜紀子によるオリジナル脚本でお届けする一話完結のノンストップ「機捜」エンターテインメント!

警視庁“機動捜査隊”(通称:機捜)で綾野・星野がバディを組み24時間というタイムリミットの中で犯人逮捕にすべてを懸ける!

唯一の武器は機動力。
誰よりも早く、犯人を追え!

出典:『MIU404』公式サイト

第1話(2020年6月26日)

あらすじを見る

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

視聴者の感想を見る


やっとやっと放送開始!ということで、放送延期になった分、ものすごい期待感も高まってはじまったドラマだったけれど、そんな期待感も裏切られることなく終始楽しく観ることができた。まさか綾野剛のイメージがひっくり返されることになるとも思っていなかった分、今回の綾野剛の役柄にはワクワクドキドキさせられた。意外とヤンチャな感じの役でもしっくりくるもんだなぁと思ったのと、清純派に近い役が多く観られる分、今回はある意味挑戦的だったんじゃないかなとも思った。
30代女性


機動捜査隊の24時間を一話ずつ描くダブル主演の綾野剛と星野源の役柄に非常に息があったコンビと最初の印象で感じた。伊吹と志摩ですが所々に過去に通じる顔を披露したりまだまだ謎な部分がありそれを想像してみるのもまた面白いかと思う。機動捜査隊は、初動の捜査なので1件の事件ではなく何件も扱い警察のドラマでは、1件の事件を扱うドラマが多いがこのドラマでは、その点、視聴者を想像しながら参加させるアイデアが盛り込まれてるように思えた。アンナチュラルの脚本家と米津玄師の主題歌も後押ししており今後も期待しかないドラマでした。
40代男性


スピード感のあるドラマでした。展開もテンポ良く、犯人を追跡するときのカーアクションは迫力があって、途中で飽きることなく観れました。特に綾野剛が演じる伊吹が魅力的でした。犯人に突っかかったり、逮捕の際のシーンなどは、普通だったら警察官にはいないようなキャラクターで面白かったです。最初は、星野源演じるの志摩のように「この人どうなの?」て感じでしたが、犯人を捕まえるシーンの怖い雰囲気からの子供とお婆さんが再開するシーンの優しい雰囲気の落差を見てから、余計に伊吹に興味を持ちました。続けて観てみたいと思わされました。
30代女性


あらゆるシーンにおいてまず一番驚いたこととしては、次々とカメラワークが切り替わる感じが他のドラマでは最近観られない感じがあって一つ一つのシーンにおいて疾走感みたいなものがあるためか場合によってはついていくのがやっとなスピーディーな展開が特徴な作品なのかなあと感じられました。車の動きも追うためならではなんでしょうが勢いがプロの警察並みのスピードかつ運転技術を披露しているようにも写っていて意外性がありました。
30代男性


機動捜査隊は、町を車でパトロールするのが主な仕事です。そして、110番が入ったら。現場に駆け付けるので、捜査の最前線に出ますが、初動捜査だけで犯人は捕まえません。主役の星野源さん演じる志摩は、きっと物足りなさを感じながらも、規則にのっとって、できる範囲でやるようです。でも、奥多摩から来た綾野剛さん演じる伊吹は違います。規則より、やりたいことをやるタイプです。この2人では、意見も合わずもめそうですが、良いところをお互いに気づき始めているので、今後のコンビの活躍が期待できます。プロのドライバーが車を運転して撮影したそうですが、想像以上の迫力でした。犯人逮捕前のやりとりもスリルがありました。
60代女性


正直「どうかなぁ~」と思いながら見始めました。ストーリーがポンポン進むというか、初回だからか目まぐるしい感じでした。綾野剛さんの演じる息吹っていい加減で軽い感じですが、正義感や人情味がありますね。志摩役の星野源さんが息吹を抑える感じになるのかな、と思いますが。カースタントやアクションは凄かったですが、犯人の車が簡単に見つかったり、行方不明になったおばあちゃんの事がラストでパパッと解決した感がありました。ちょっと詰め込みすぎかな、と思います。
40代女性


働き方改革という事で第4機動捜査隊が発足された内容に、パターンだと落ちこぼればかりの集団と予想されるのですが、元捜査一課のやり手だった志摩一未の手際の良い推測や捜査シーンを見て、なかなか魅力的なキャラクターに感じられ楽しく見られました。バディを組む伊吹藍は、かなり破天荒なキャラクターでしたので予想内だなと思いましたが、足が速い、という特徴が初回から発揮され、見ていて面白いキャラクターに感じられ、これまた魅力的なキャラクターだなと楽しく見られました。伊吹がこの先機捜に居られるかが志摩の判断に委ねられている事も、興味深い設定だったので、次回からはそんな点にも注目しながら楽しみに見たいと思いました。
50代男性


元捜査一課出身の志摩一未と問題児伊吹藍が相棒を組んで事件を解決していくのですが、実はすごいいいコンビになってました。伊吹は、問題児ながらも実は優しい一面もあり、野性の感が働くという感じで、エリートにはないものを持っていそうです。初回のテーマは、今社会問題にもなっているあおり運転が発端で、殺人未遂まで起こってしまうというはなしでしたが、序盤に出てきた、警察があおり運転に触発されて歩行者を巻き込んでしまうという流れには驚きました。
30代女性


ドラマ「MIU404」第1話では主役バディの志摩一未(星野源)と伊吹藍(綾野剛)のすれ違いながらの捜査が面白かったです。元捜査一課の志摩は常識的な刑事ですが、奥多摩から来た伊吹は野生の刑事です。あくまでも規則にのっとって捜査を進めようとする志摩と、思いついたら即行動する伊吹が正反対で、ことあるごとに衝突するのが面白かったです。志摩と伊吹が所属する機動捜査隊は、覆面パトカーで街を走っています。車で容疑者を追いかけるときに、ちょっと無茶な運転をする場面には迫力がありました。特に前半の展開が後半山場になってひっくり返るところが見どころです。思わぬことが次々に起こる、最後まで楽しいドラマでした。
40代女性


奥多摩から呼び寄せた伊吹の行動や言動を野生のバカって志摩が言ってたけど、その通りって思いました。でも、ただの野生のバカじゃなくて、弱い人のために働くという優しい気持ちの持ち主かなと思いました。あおり運転の車を追いかけているときも、おばあちゃんがこけたことがきっかけで暴走していたので、おばあちゃんを守ろうとしたのかなと思いました。過去に何かあって奥多摩に飛ばされたみたいですが、機動捜査隊の仕事にあっている人かなと思いました。
50代女性

第2話(2020年7月3日)

あらすじを見る

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

視聴者の感想を見る


初回で派手に警察車両をブっ壊した事で、メロンパン販売のワゴン車を使う事になった志摩と伊吹を見て、固くならずに刑事物のドラマが見られるなと、楽しくなりながら見られました。田辺夫婦の車をハイジャックした殺人事件の容疑者の加々見崇が、果たして犯人なのかと目撃者の仙田や、クビになった岸等、他に怪しげな人物がいましたので、アレコレ推理しながら見られたのも面白かったです。結果、加々見が父親と重なった被害者の松村を弾みで殺した事件でしたが、田辺夫婦の自殺した秀則という息子を信じられなかった事から、息子の影を加々見に感じて信じようとした内容は、何だか暖かい気持ちにもなれて楽しく見られた2話でした。
50代男性


メロンパン号に乗った伊吹さんが「おばちゃーん!メロンパン、メロン丸ごと入ってないんだって!」って隣の車両に叫んでて、さすがにおばちゃんもそんなことわかってるよって突っ込みたくなりました。人質に取られたご夫婦。最初は犯人の人に自首して欲しかったけど、嘘で自分の息子って言った途端、亡くなった息子さんが成長したらこんな感じなのかなって思ってしまって、助けてあげたくなったんだと思います。今回の回はなんだか切なかったです。
20代女性


先週の第1話をうっかり見逃してしまったのですが、基本は1話完結のストーリーのようで、2話からでもあまり問題はなく楽しむことができました。殺人を犯した青年と彼に脅された夫婦を主軸に話が展開していくのですが、一般的なドラマよりも犯行内容や事件を追う機動捜査隊の動きにわざとらしさが少なくて見応えがありました。殺人は決して許されないけど、なぜ青年が犯行に及んでしまったのかの背景もしっかりと描かれていて、視聴者の気持ちをグイッと引き寄せてくれるストーリーではないでしょうか。何やら過去がありそうな伊吹と志摩の今後が気になりますね。
40代女性


とても辛かったストーリーでしたね。幼い頃、父親から押さえつけられていた加々見。その父親の姿が重なった会社の上司を思わす刺し殺してしまった加々見の行動。ずっと心に傷をおっていたのだと思うと、とても辛く思いました。また、息子のことを信じられなくて、結果、息子に自殺されてしまった田辺夫妻。なぜ息子を信じてやれなかったのかと、悔やんでも悔やみきれない深い悲しみ。それぞれの辛さを持った加々見と、田辺夫婦の出会い。事件の前に出会えていたら良かったのにと。そして、加々見にかけた伊吹の「無実だったら良かったのに」と言う言葉。余計に切なくなりました。
50代女性


2人の凸凹コンビも2話にして、板がついてきたのではないでしょうか。今回は少し切なくもあるストーリーでした。人質にとられた夫婦にも意外な過去があり、人質犯を信用して優しくしたシーンは少し胸が痛みました。彼の殺人動機がまったく意味をなさないものとなり、やるせない結末で終わったのも心にもやもやが残ります。ですが、最後の人質にとられたお父さんの一言で、犯人も少し救われたと思います。野木さん脚本のドラマらしく心に残るセリフもたくさんあり、ドラマに厚みを持たせていると思いました。
30代男性


桔梗さん、まさかあの2人をメロンパンに扮した捜査車両で捜査に向かわせるとは思いませんでした…。しかも、志摩さんが女子高生をあしらったように売ってるフリでいいのに、車に乗った途端、「ねぇ、メロンパン一個いくらにする?やっぱり千円かな?」とか言い出して、千円もする高級メロンパン食べたことないと思ってたら、伊吹さん、メロンが丸々入ってると思っていたことに大爆笑してしまいました。本当にバカなのか、それとも狙っているのか、謎が多い矢吹さん、かわいすぎます。
30代女性


第一話を四回見るほど面白かったので第二話も期待しておりました。今回のゲスト松下洸平さんは朝ドラで有名になったのですが演技は初見でしたが少し滑舌悪くて、でも過去に何か負った青年を演じていて、心が痛くなってしまいました。過去のトラウマが上司の行動でスイッチが入ったのでしょう。他の登場人物が犯人では?と疑ったのですがあまりでてこず、ミスリードとしては少し残念だった気がします。メロンパン号での任務は滑稽で捜査しにくそうと思いながらも見てました。前回よりも台詞のやり取り、台詞の量の多さにはびっくり。クスッとくるところもありました。一話完結ですが何回か見直した脳がいいかもしれないも思いました。
30代女性


「信じる」とは何だろうかと考えさせられた作品でした。犯人が殺人をしていないと信じ、協力した人質夫婦は、昔自分たちの子供を信じられず、子供は自殺してしまった過去がありました。カガミが犯人ではないと信じたかった伊吹の気持ちも痛いように伝わってきて、涙が出ました。カガミを逮捕するシーンで、どんなクズでも殺してはいけない、殺した方が負けというセリフは、今色々なことに腹を立ててキレやすく、相手を攻撃してしまう世間の人々皆に伝えたい言葉だと思いました。
40代女性


前回は初回だからか「詰め込み過ぎ」って思いましたが、今回はストーリーも、伊吹と志摩の会話も面白かったです。伊吹は『野性の勘』で「あの車、怪しい」ってすぐに分かったところが凄いです。人質になった田辺夫婦が、犯人の加賀美を息子と重ねて応援してしまう展開も野木さんらしい脚本でしたね。加賀美は冤罪かと思っていたら、実は本当に殺していたのが悲しかったですね・・幼いころからのトラウマって、トリガーが引かれると怖いな、と思いました。
30代女性


殺人犯に脅された田辺夫妻と、殺人犯の加々見の関係がすごく素敵でした。最初は脅されていたからでしたが、検問の際に「自分の息子だ。」と嘘をついてからは本当の家族のように見えました。まるで、亡くなった息子さんに罪滅ぼしをしているかのように、最後まで加々見の言葉を信じていた姿には感動しました。そして連行される加々見に「ごめん」と謝ったのも、加々見に亡き息子さんの姿を!重ねていたんだなと思います。また田辺の言葉を聞いて、加々見のトラウマが少し軽くなったように感じました。
40代女性

第3話(2020年7月10日)

あらすじを見る

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

視聴者の感想を見る


いたずらの110番は困ります。本当の事件に支障がでるからです。今回は、高校生の仕業でした。走りたいからやっていたのです。伊吹は、その心理を見抜きました。というより、レベルが同じなのかもしれません。志摩も賛成したので、だんだん良いコンビになってきたなと思います。メロンパンの車の中での会話も面白いので、このシーンが多くなると良いなと思いました。伊吹は、隊長が、未成年の犯罪にたいする考えを言った時、好きと言って、本当に素直なのだなと思いました。それが一番の良さです。高校生のいたずら通報の件は解決しましたが、1人が逃げています。その先輩の菅田将暉さんが現れました。薬を持っていました。危険な感じです。
60代女性


容疑者が、警察から走って逃げ切ると聞いた伊吹が、足が速い容疑者に反応している感じが面白かったです。容疑者を確保するより、勝負して勝ちたいという感じがありありで伊吹らしいと思いました。まさか容疑者が複数でリレー形式で逃走しているとは思わなかったです。伊吹が負けたのもわかる気がしました。高校陸上部の選手たちが犯人だったけど、先輩が起こした事件から廃部になり大会に出られず悔しい気持ちもわかると思いました。先輩役で菅田将暉君が出てきたのには驚きでした。
50代女性


イタズラ通報といった昔の時代に実際ありそうな事案を少しオリジナル感で展開しあいかわらずのスピーディーな運びがとても見易かったです。大倉孝二さんが登場するといつも笑ってしまうのですが打ち合わせのような場のやりとりが若干コントのようにテンポがよくてなかなか面白かったです。まるで鬼ごっこをしているかのような捜査方法ですが綾野剛さん演じる伊吹の力任せな人間にはもってこいの事案で鮮やかな判断が素早くてかっこよく思えました。
30代男性


高校生たちの虚偽通報、本当にやってはいけないことだと思います。今回あったように、本当に犯罪になってしまったとき、信じてもらえない可能性があることはとても怖いなと思いました。だけど、そこは警察。あの通報を受けた女性の方がこれは危険だと気付いてくれて良かったと思います。ただ、1人の子が九重さんから逃げてしまって、行方不明。変な薬を売っている卒業生に捕まって、今後その子がどうなってしまうのかとても心配です。
30代女性


九重くん、めちゃくちゃ伊吹さんのこと嫌いなのに、伊吹さんは九重くんにあだ名までつけて、楽しそうだと思いました。伊吹さんは高校生たちと向き合って、『俺は助けに行く!ついて来るか、逃げるかどっちかにしろ!』と言ったのはとてもカッコ良かったです。九重くんは成川くんのこと取り逃してしまったけど、あそこで捕まっていたらちゃんと向き合えていたのかなと感じてしまったし、頭ごなしに怒鳴りつけそうだなと思っちゃいました。
20代女性


西武蔵野署管内で多発するイタズラ通報から、本当の事件へと繋がるお話でした。イタズラ通報が、廃部に追い込まれた元陸上部の高校生たちの行き場のない想いから生まれたものだとわかり、複雑な思いになりました。捕まえられた彼らと、逃げ延びてしまった彼の、導かれ方の違いで人生が左右される結果となり大人としての責任を感じました。今回も伊吹と志摩の掛け合い、桔梗の子どもと謎の少女との関係、犯人役の岡崎体育さんの怪演、ドラマ「アンナチュラル」とのコラボなど見どころが満載でした。なんと言っても、ドラッグの売人として菅田将暉さんが登場したことが一番の衝撃!続きが楽しみで仕方がありません。
30代女性


いたずら通報というハイパーゲームを真似た陸上部の成川達の今回の事件に、リレーで逃げる犯人達を伊吹が得意の脚力で捕まえようとしたのは、個人的に見た事がない事件だったので、かなり面白かったなァと感じながら見られました。ラストで菅田将暉さんが謎の人物として現れた事からも、まだ今回の事件は解決しておらず、これから成川と謎の人物が志摩や伊吹にどんな形で立ちはだかる事になるのか非常に楽しみな展開になりそうだと予想され、次回以降も楽しみに見たいと感じた3話でした。
50代男性


ドラマ、アンナチュラルから刑事キャラ二人出てくるので楽しみに待っていましたがゲストが他にもいて豪華すぎたのでとてもお腹いっぱい、少し混乱して一回見ただけでは頭が追いつかない内容でした。とっちらかってて二回目も見たほどです。いきなり新しい登場人物出しすぎかな。渡邊圭祐くん演じるRECがはっきりとキャラ確定していないのに菅田将暉くんに持ってかれてしまったのが残念。でもこれから菅田将暉君がどう動くのか。個人的には取り逃してしまった時に落ち込んでる伊吹とそれをいつもとは違った感じで伊吹をからかう志摩のやりとりが面白かったです。あと岡崎体育さんが怪演でした。
30代女性


最初はただのいたずらで通報しているのかと思ったら、男4人でリレーしながら逃げていたとは!。走りながらそこに気づいた伊吹も凄いし(「雰囲気が違った」と言ってましたが)先に公園の出口にいて4人を確認した志摩もさすがですね。でも4人で走る理由がドラック『ドーナツEP』のせいで陸上部が廃部になったから、との事でちょっと同情してしまいました。いたずら通報はやってはいけない事ですが、走りたかったんだなぁと。4人が「最後に」と走った時に、本物のスタンガン男が現れる展開が予想外で面白かったです。
40代女性


伊吹と志摩がイタズラの通報の犯人を捕まえるという話でしたが、犯人が高校生の陸上部というところに、どこか切ない気持ちになってしまいました。もみ消そうとする学校に、救われない陸上部員がリレーをしながら、警察から逃げる姿は、泣けました。この作品は、犯人が救われない傾向にあって、最後も家裁行きになってしまいましたが、なんとか救われないのか同情してしまうほど、学校問題や部活問題を提起したストーリーだったと思います。最後はまさかの菅田将暉の登場でした。たった一人まだ逃げている高校生が謎の男と共に何をするのか、次回が待てません。
20代女性

第4話(2020年7月17日)

あらすじを見る

拳銃使用による殺人未遂事件が発生する。被害者は元ホステスの青池透子(美村里江)で、加害者男性も含め現場から立ち去った。

通報を受けた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行する。店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消したという。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追うが…

視聴者の感想を見る


今回も事件発生から現場確認、そこからの推測からの解決へ向かう展開があまりにスピーディーでいつも以上に疾走感が感じられて個人的にはちょっと話の内容が難しく感じてしまいました。ただ作中での居酒屋シーンはちょっと箸休め的な雰囲気もあって伊吹さんも志摩さんも先輩刑事にしっかりと耳を傾けていていい連携をこうゆうところから生むのかなあと思えました。青池透子は被害者なのに初めからかなり怪しさが漂っていて金絡みとホステスと少しありきたり感もありましたがなかなか面白かったです。
30代男性


今回は一人の女性に焦点を当てたストーリーで前回よりはスッキリと見ることができました。いや彼女だけでない、女だからと虐げられた人たち、末端の人間たちに光と希望を与えた回でもあった。二つあったウサギのぬいぐるみの一つ目の目が最初からなんか怪しいと思ってはいましたが、そういうことだったのか!と疑問に思ったことは次回からは全て怪しい、何かにつながるんだと思った方がいいかと思いました。志摩の過去がなかなか明らかにならない中、周りのキャラの過去がわかってきて人となりがわかってきた。来週は伊吹の過去がわかるのだろうか。楽しみです。
30代女性


ある偶然から犯罪者になってしまった女性が、自分が死ぬと思ったときに、最後に自分が生きた証を残したいと思ってとった行動が凄すぎます。その思いを知った志摩と伊吹が、彼女の残したSNSから感じた思いに、犯罪者とはいえ切なくなりました。偶然から犯罪者になることってもしかした自分にもいつか起こるかも知れないと思うと、恐ろしくなります。ストーリーの中心とは別に、第4機動走査のメンバーの過去に繋がる事実が、少しずつ明らかになってきて、次回以降がすごく楽しみに思います。
30代女性


暴力団から大金を持ち逃げした女性が銃撃された事件をきっかけに、機動捜査隊の隊長・桔梗の家庭の事情や過去が明らかになり、ますます物語が面白くなってきました。登場人物たちの抱える事情が明らかになる一方で、たびたび登場する動画配信の男、第3話で出てきた薬の売人や、それと共に消えた高校生、そして今回の事件でも捕まえることの出来なかった桔梗の因縁の相手…と次々に新しい要素も加わり、それがこれからどのように展開し、回収されていくのか、とても楽しみです。
30代女性


「アンナチュラル」も「逃げ恥」もハマったので、同じ脚本家作である「MIU」も好きになりそうと思っていましたが、4話でそれを確信しました。毎回”?”で始まるのですが、見終わる頃には犯人の気持ちに寄り添ってしまう時もあり。人生のやり直しを誓った犯人が、汚い世の中に幻滅し犯行に及んだ4話ですが、彼女がとった行動に思わず涙。映画のように伏線も張られていて、このドラマは真剣に見なければいけないと思わされました。また志摩が銃を向けられたシーンは、今までで一番ハラハラしました。アクションも本格的でワクワクしますね。
40代女性


1億円を横領した女性がお金を持って逃走しました。暴力団関係の汚いお金だったので、警察には届けずに、女性は撃たれてしまいました。それでも逃げる女性を、警察も暴力団も追いかけました。伊吹と志摩は機動力がよいので、いち早く女性を見つけました。さすがだと思いましたが、志摩が銃を向けられても、平気で相手に近づいたのには驚きました。命を大切にしない様子に、伊吹も心配しましたが、事情がありそうです。女性は死んでしまい、1億円は恵まれない人達に寄付されました。最後に何かを成し遂げたかったのだと思いますが、それしか道がなかったのかと悲しくなりました。
60代女性


青池さん、本当は闇カジノなんてハマりたくなかったと思います。だけど、欲が増してしまって、抜け出せなくなったのは事実。刑務所から出て新しい人生をやり直そうとして、新しい会社も闇だらけで、彼女の真っ当に生きようとしていた気持ちがプツッと切れてしまったのはとても残念ですが、会社から奪ったお金を宝石に変えて、自分のためではなく、貧しい人たちに送ったことは素晴らしいことだと思いました。生きて、伊吹さんと色々お話しして欲しかったです。
20代女性


伊吹さん、隊長と志摩さんをくっつけたいのか謎ですね。「俺、隊長の子供のパパに立候補しようかなー。」って爆弾発言したときはめちゃくちゃビックリしました。確かに伊吹さん子煩悩なところとかありそうだけど、いきなり大きい子供の父親になれるのか?と思ってしまいました。なんかすぐにカッとなるか、志摩さんが言ったみたいに子供になって手がかかるかのどっちかだろうなと思いました。でももしも、隊長が伊吹さんと再婚したら、どうなるのか気になります。
30代女性


志摩が拳銃を顔の近くで構えられた際に、その人に対して打てるもんなら撃ってみろというような兆発をしていました。拳銃を構えている人が打ちあぐねているうちに息吹がその人の腕を蹴り上げて事なきをえましたが、志摩のあの兆発の仕方は死んでも良いというふうに思っているのかなと思いました。志摩は機動隊員としては優秀な感じがしますが、こういう行動を見ると、過去に何があったかわかりませんが、何かしらの負い目があってのことなのかなと思いました。
30代男性


まるごとメロンパン号で犯人を追跡するシーンが多いです。今回はまるごとメロンパン号の音で犯人逮捕に役立ったという意外な使い方。心理描写が1時間じゃ足りないですが、ラストは犯人の透子(ミムラ)が死ぬ間際に大金を貧困している女の子のために寄付をするという自己満足ではあるが、人助けをしたという気持ちで亡くなったのだろうと思われる終わり方という心理描写が不足しがちではあるが納得の行く流れでした。この回で、志摩(星野源)に死にたい願望があることを見抜く相棒伊吹(綾野剛)が志摩に怒る時の細かい表情やセリフが上手くて、今後は志摩が命を落とさないように気にしなくてはいけないのでは、と思いました。
40代女性

第5話(2020年7月24日)

あらすじを見る

日本人店員が勤務するコンビニを狙った強盗事件が同時発生する。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、現場周辺の店舗でコンビニ店員に扮して張り込みを行うが、なんと、その店舗も強盗に襲われてしまう。さらに付近の店舗も次々と強盗に襲われるが、マークしていた捜査員によって一斉に確保される。犯人は外国人で、その大半が低賃金で労働する元技能実習生だった。

伊吹と志摩も同様に犯人を捕まえるが、二人に仕事を教えた留学生のマイ(フォンチー)が勤務する別店舗では、犯人を取り逃がしていた。その一件が発端で、マイに共犯の容疑がかかってしまう。伊吹と志摩は、マイの関係者から話を聞くために彼女が通う日本語学校の事務員・水森(渡辺大知)を訪ねるが…

そんな中、伊吹は恩師であり元刑事の蒲郡(小日向文世)に会いに行く。今は外国人支援センターで働く蒲郡から外国人労働者の実態を知った伊吹は、思わぬところから事件の真相に迫ることになるのだが…

視聴者の感想を見る


同時に行われた外国人のコンビニ強盗事件はSNSの呼びかけで行われたものであった事に対して、伊吹の言った強盗キャンペーンはGoToキャンペーンと重なってしまい笑えました。伊吹の恩師の元刑事からの外国人労働者の実態の話や留学生マイのバイトを掛け持ちしている生活や日本語学校の定員オーバーの話等現実感があり、犯人の日本語学校事務員の水森の放った外国人は日本に来るなのセリフは説得力があり同感しました。また志摩が相棒を殺した話で来週に引っ張る終わり方は意外だが良いと思いました。
40代女性


「MIU404」第5話も面白かったです。今回は事件の背景に社会に訴える様なテーマが込められているのも印象的でした。犯人の悲しみや心の叫びが胸に響くようなストーリーだったと思います。志摩と伊吹の関係もだんだん深まっていってる様にも感じましたが、志摩の過去にいったい何があったのかが、とても気になります。以前の事件との繋がりを感じるラストに、今後のストーリーがどう展開されてゆくのかや二人の活躍する姿も楽しみに観たいです。
30代女性


第5話は今までの回とは異なるテーマで、面白かったといっては不謹慎かもしれませんが、考えさせられました。日本語ができる外国からの研修生はエリートで、そうでなければ言葉が必要でない仕事につかざるを得ないこと、それでも日本にきて稼ぐことが自国の家族の生活を打開する夢を切り開くものであることなど、ふだんの生活では接することがない事柄でした。日本にきて成功している外国の人は、貫徹するための気持ちを強くもって、すごく努力しているのだということがわかりました。
50代女性


日本でやりたいことがあって、お金を貯めて夢を追いかけて来たのに、賃金は安いし、こき使われるし、マイちゃんがかわそうになってしまいました。バイトを、3つも4つも掛け持ちしないと生活できないとか留学生はこんなことしに日本に来たわけじゃないのに…。こんなんじゃなんのために日本に来たかわからなくなっちゃいますよね…。私がもし、マイちゃんの親だったら即帰国させます。それなのに弱音も吐かず、笑顔で仕事するマイちゃんは偉いと思いました。
30代女性


伊吹さんと志摩さんのマイさんの尾行、めちゃくちゃ目立ちすぎませんか?しかもメロンパン号に劣らず、マイさんの自転車も速くてびっくりしました。それにしてもバイトを何個も掛け持ちして、疲れた顔一つせずに仕事して、学生して本当えらいですよね。それなのに応援してくれていた人からの裏切りはとても辛すぎます…。きっと信頼してたはずなのに「日本に来るな!」て言われるのも悲しいし、目標なくしちゃうんじゃなかなって心配になりました。
20代女性


今話題となっている実習生という難しいテーマについて取り上げた話で、実習生制度について上手に問題提起されていたように感じました。最後に犯人が捕まるシーンは、犯人と周囲の人の気持ちを考えるとちょっと泣けそうになりました。犯罪はいけないことだけど、犯罪でしか訴えられないのが今の日本の現状なのかと思うとちょっと残念です。あと毎回ネットに画像を投稿しているナウチューバーには、今回もイラっとさせられました。なんか自分勝手で嫌な人だなと思うのですが、今後どのように第4機動捜査隊と絡んでくるのかは楽しみです。
30代女性


伊吹と志摩がいきなりニコニコマートでバイトしている風景を見て、今回はどんな事件が起きるだろうかとワクワクしながら見ました。複数のコンビニが狙われた展開や犯人が技能実習生達だったという展開に、今時な印象を受けましたが、同時に切実な問題でもあると興味深く見られました。マイというベトナム人の女性がかなり怪しまれましたが、結果、事件には関係なく、水森が新たに犯人の一人と判明していった内容も、全てがお金絡みの問題でしたので、世知辛い世の中だなァと感じながら、色々と考えながら見た5話でした。
50代男性


今回のストーリーは少し切なかったです。日本語学校の先生・水森が借金を返す為にコンビニ強盗をはたらいたのは確かに悪い事ですが、裏にはアジアなどの途上国から日本に『留学生』として来て、安い金額で出稼ぎをしている現実があるんだそうな、って思いました。マイはもしかしたら強盗が水森だと気が付いていたのかもしれないですね。せっかく親切にしてくれた先生が捕まってしまい気の毒ですが、ラストで伊吹と志摩のお陰で少し笑顔が見えたのでホッとしました。
40代女性


海外からの就労支援で夢や希望をもって来日した人が違法労働の犠牲になって失踪することが多発していると問題になっています。コンビニ強盗の共犯者と疑われたマイは3つの仕事を掛け持ちして日本語学校にも通って生活しています。コンビニ強盗をそそのかしたのはマイの学校の日本人の事務員でした。とても切なくなるストーリーで現実問題として考えるべき事が多いです。志摩の過去がだんだんと明らかになってきました。他人も自分も信用できないと言った言葉がとても深そうです。前々回に逃亡したままの高校生からのメールの内容が気になります。
50代女性


4機捜隊の隊長であるゆづるが大好きな伊吹なのに、張り込み仕事の最中に出会ったベトナム出身のマイにメロメロとなっている姿に笑ってしまい、マイの優しい口調ながら伊吹をいらない発言で粉砕する瞬殺に爆笑、予想以上に伊吹の恋の軽さに驚かされたので速攻でフラれて良かったかなと思いました。政府が考案したダメな政策のGotoキャンペーンを皮肉った「Goto強盗キャンペーン」というタイムリーな演出に感心しました。技能実習生という建前で労働者とするイヤらしい政策を真犯人の水森が痛烈に批判していたものの面目に頑張るマイを容疑者扱いにしてしまう展開が情けなく、する事がズレている犯罪思考しかない水森が悲しく感じました。
30代男性

第6話(2020年7月31日)

あらすじを見る

「志摩(星野源)は、相棒殺し」という噂話を聞いた伊吹(綾野剛)は、志摩から真相を聞き出そうとする。しかし、志摩は一向に話そうとしない。堪り兼ねた伊吹は、九重(岡田健史)から志摩のかつての相棒である香坂(村上虹郎)が不審な死を遂げていた事を聞き出す。

伊吹は九重を引き連れ、香坂の死の真相、そして、同日に起きた連続毒殺事件について調べ始めるが…

視聴者の感想を見る


今回は志摩の過去を掘り下げたストーリーでした。かつての志摩の相棒の結末は、涙なしでは見られないものでした。しかし、今回の相棒殺しの異名が明るみになることによって、志摩は過去の呪縛から開放された気がします。それもすべて今の相棒である、伊吹のお陰といっても過言ではありません。伊吹と九重のコンビは、なかなか新鮮で良かったです。また、この出来事をきっかけに志摩と伊吹の仲も一層深まったのではないでしょうか。主要人物の過去が明るみになる度にストーリーに厚みを増し、どんどん引き込まれていきます。
30代男性


志摩の元バディの香坂が亡くなったことで、相棒殺しとウワサされている事をしった伊吹が、懸命にその事件の事を知ろうとしていたけど、志摩が今でも後悔して苦しんでいることがわかっていて、志摩を少しでも救いたいと思っての行動かなと思いました。伊吹は、志摩が死にたいと思っているんじゃないかと疑っているようなので、相棒の死因を買い蹴るしてやりたかったんだと思いました。香坂が亡くなる前、事件を目撃し110していたことを伊吹が見つけて、事件源場に駆けつける途中に香坂が足を滑らせた事故死だとわかって良かったと思いました。
50代女性


志摩が元相棒だった香坂義孝に対して、相棒殺しと噂されていた事が今回取り上げられ、回想シーンと伊吹達の調査が交錯して見られ、真相は一体どうだったのだろうかと興味深く見られました。転落死した事が自殺でも他殺でもなく、犯人が他にいるのかと深読みしてしまいましたが、千春という女性のマンションに不審者が入るのを見て、通報した後に助けに向かう途中に慌てた事による転落死と分かり、警察官として最後まで生きた香坂の真相が判明して良かったなと感じ、志摩も心の支えが取れて立ち直って欲しいなと感じながら見られた6話でした。
50代男性


ついに志摩の過去が明らかになったのですが、志摩も今まで知らなかった事実がわかって、少し志摩も救われたのかなとほっとできました。伊吹が志摩のために必死に真実を探っている姿に、伊吹の優しさを感じました。そして最後に伊吹が志摩に伝えたひと言に、ものすごく愛を感じました。そして、桔梗の家に来た工事会社が桔梗の家に盗聴器を仕掛けて何かを探ろうとしている様子。何気ないストーリーに見えるシーンに、大事なことが隠されているドラマです。
30代女性


伊吹さん、志摩さんの過去になにがあったのか気になるんですね。やっぱり相棒として心配してるんだなと感じました。だけど、陣馬さんを酔わせて過去を聞き出そうとするのにお酒の弱い九重さんを道連れにするのなんだか可愛そうだなと思いました。でも、なんやかんやいって九重さん、いつも嫌そうな顔してるけど404のこと心配してるんだと思います。じゃなければ、伊吹さんと一緒に朝まで飲んで陣馬さんの愚痴とか言わないし、いいチームだなと思いました。
20代女性


今回の話では、主人公のひとりである星野源さん演じる志摩が以前の相棒との過去を解き明かす回となっていて、いろんな誤解や謎が一つずつ解き明かされていくのがとても心地よく、いちいち納得していました。もう一人の主人公で綾野剛さん演じる伊吹がとても純粋だからこそ、触れられたくない過去を正直に話し、全力でぶつかってくる伊吹を大切な相棒として認めていく志摩の心の動きが見えてとても楽しかったです。真の相棒としてのこれからがとても楽しみです。
50代男性


香坂さんの死は自分を追い詰めての死ではなくて、人を助けようとして誤ってしまったんだとわかってちょっと複雑です…。志摩さんが自分に責任があったんじゃないかって思ってしまう気持ちもわかります。香坂さんのやってしまったことはいけないことだと思うけど、「なにやってるんだよ!」ってお酒飲みながら寄り添って欲しかったし、香坂さんの話を聞いてあげて欲しかったです。志摩さんがあそこにいたら香坂さんは死なずに済んだのかなと思ってしまいました。
30代女性


実は今まで、伊吹は単純であまり考えなしで動くところが好きではなかったのですが、今回のストーリーで伊吹にも好感が持てるようになりました。今回は、初動捜査ではなく、志摩の過去の相棒の死の真相を突き止めるという内容だったのですが、伊吹が根性で本当の真相を突き止めてくれたので、志摩も島の素相棒も救われたのではないかと思います。伊吹からの電話のシーンでは、志摩がなんだかんだといって、伊吹のことを大切な相棒と認めていることも分かって良かったです。
30代女性


志摩が機捜に移動になる前には捜査一課に在籍していましたがその時の過去が明らかになりました。志摩はどこか陰がある感じでいつか過去と向き合う時が来るんだろうと期待していました。志摩はバディを組んでいた香坂が警察として、行ってはいけない捜査をしたことを悩み自ら死を選んだと思いこんでいたようです。それが違うことを今のバディの伊吹が見つけ出しました。住民を助けるために警察の仕事を全うしての事故だったことが今になってわかりました。志摩の香坂へのわだかまりがやっと解けて良かったです。最後、伊吹の俺は死なないの言葉が素敵でした。
50代女性


伊吹が志摩の『相棒殺し』が気になって調べていましたが「やっぱり野木亜紀子さんの脚本だな」と思いました。てっきり志摩の相棒・高坂がこっそり家まで調べにいったのは『南田弓子』だと思っていたら、実は別人の『中山詩織』だったなんて騙されましたよ。でも、伊吹が「今日はタコの日」と言ってましたが、最後まで意味が分からず・・。あと、向かいのマンションの垂れ幕ですが、あれって普通はやらないですよね。いくら高坂がその現場を見て足を滑らせた設定だったとしても無理があるかな、と思いました。
40代女性

第7話(2020年8月7日)

あらすじを見る

トランクルーム内に男性の遺体があると通報があり、初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)。現場で2人が目にしたのは、トランクルームの中で猫砂の山に埋まり、微笑むような穏やかな顔をしている死体。一見、自殺のように見える状況だが、ただの自殺とは思えない2人は、他のトランクルームの利用者であるジュリ(りょう)と、家出少女のスゥ(原菜乃華)とモア(長見玲亜)の聴取を行うことに。さらに、トランクルームに違法に住んでいる男・倉田(塚本晋也)の証言で、死亡した男についてある事実が分かる。

一方、結婚が決まった長男の両家顔合わせに出席するため会場に向かっていた陣馬(橋本じゅん)は、その道中で偶然にも指名手配犯と遭遇し、急遽後を追うことに…!?

視聴者の感想を見る


今回はいつも以上に遺体の様相が異様で気持ち悪かったです。遺体の表情は苦しんだ様子とかもなくて一見したらまるで自分で死を選んだかのような姿になっているのに身体は砂で埋もれていて犯人のネジ曲がった感じなのか何かを隠そうとしているのかやや不思議な感じがありました。偶然指名手配犯人と遭遇するというのはちょっとびっくりしましたが今回も展開が、早くて走り回る動きがたくさんあって目まぐるしいスピーディーな良さが全面に出ていました。
30代男性


陣馬の活躍ぶりなど色々と楽しめた回でした。陣馬が持つベテラン刑事としての気合い、執念がしっかり伝わってきましたね。九重はやはり違う世界の住人でしたが良いサポートをしました。りょうさんの使い方は失敗でしたね。視聴者を苦笑させてはいけません。その他、いよいよ菅田将暉演じる謎の男や成川が表に出てきました。成川は洗脳されたのか自分を被害者だと思いこんでおり、これから悪に染まっていく予感がして悲しいです。そして羽野麦にも危険が迫ってきました。伊吹がしっかり守って、羽野に新しい人生を歩ませてもらいたいです。
40代男性


以前もトランクルームに人が住んでいるドラマを見たことがあるのですが、実際は確か管理会社が定期的に見回っていたような気がしました。なので10年近くひっそりとは暮らせないと思います。しかも弁護士のジュリがいながら、知ってて放置も良く無いですね。陣馬さんが両家の顔合わせに向かう途中で指名手配犯を見つけ、そっちにそっちに行ってしまったのは「刑事のさが」でしょうか・・間に合ったのがせめてもの救いでした。ラストに出ていた成川くんと謎の男、そして薬物が気になりました。
40代女性


第7話は、トランクルームで遺体が発見される事件が起こりました。事件現場がトランクルームなので、目撃者探しが難しそうだと思いました。遺体現場の隣のトランクルームに人が住んでいるという展開は、現代の社会問題を表しているような感じがしました。今回は、サブストーリーとして警部補・陣馬のプライベートが描かれたので、こだわった脚本だと思いました。ドラマ後半、陣馬が両家顔合わせの場に駆け付けたシーンが印象的でした。事件解決後の陣馬の姿を見た家族は、感動したと思います。
40代男性


ケンこと梨本健が大熊邦彦と杉並区の強盗致傷事件の共犯で時効をずっとトランクルームの中に隠れ住みながら待っていたが殺されたという真相に、余り聞き慣れない内容のストーリーに興味深く見られました。また、『いたずら通報』事件で逃げた成川岳が再登場して、更に謎の男が久住という人物だった事も分かり、二人の怪しげなやり取りから、これから大きな事件に志摩や伊吹が巻き込まれていきそうだなと次回以降も楽しみになった7話でした。
50代男性


「MIU404」7話、今回の事件はチームのみんながそれぞれの方向から協力し合って、解決へと結びついてゆく様なストーリーがとても印象的でした。事件に関わってくる猫ちゃんがとても可愛くて和みました。キャストも井口さんやりょうさんの少しコミカルな役柄が面白かったです。志摩や伊吹達が犯人と格闘するシーンもとても迫力があり、かっこよかったです。菅田将暉さんの登場で、次回のストーリーがどう展開されてゆくのかも気になります。
30代女性


息子の結婚相手の家族との食事会までもすっぽかして、指名手配犯を追いかける陣馬の刑事魂が素晴らしかったです。実社会でもこんな警察官ばかりだったら市民は安心して暮らせると思いました。そして、過去に犯罪を侵して逃げまとっている犯人が、逃げつづけるためにさらに犯罪を侵してしまうのを見て、昔の罪から逃げられない怖さと虚しさを感じました。最後は、陣馬の家族が、刑事としての陣馬を実は誇りに思っていたということがわかって微笑ましくなりました。
30代女性


今週はいつも以上に内容が盛り沢山でした。主軸である指名手配犯の逃走劇は、手に汗を握るようなアクションがあり緊張感に溢れていました。逃げた分だけ罪は重くなるのだと今話を見て痛感しました。正直に生きたいものだとしみじみ…。今週はその他にも、成川と久住のヤバい関係性が徐々見えてきて、今後がものすごく気になりました。さらに先週のラストで分かった桔梗隊長の家の盗聴器が見つかったりと、見ているこちらも大忙し!陣馬家の話にはほっこりするし、視聴者を片時も休ませてくれないくらい中身の充実したドラマです。
40代女性


毎回、ストーリーの展開や裏に隠されたメッセージなどに唸ってしまうほど面白いのですが、7話も例に漏れず面白かったです。10年間トランクルームの中で世間と断絶して過ごしていた犯人たちですが、時効が15年に改訂されたことを知らなかったという切ないオチ。殺された健さんが言ったように自首すればもっと早く自由になれたことは、大熊も薄々感じていたのかもしれません。だからこそ、正論を言われてカッとなったのだと思いました。警棒でのアクションも見ごたえがあって、カッコよかったです。
40代女性


今回は陣馬さんが刑事として父としてカッコイイ回でした。逃走犯を捕まえるストリートでしたが、りょうさん演じるコスプレの趣味な弁護士さんやコスプレ仲間の家で少女たちと、周りのキャラクターが濃い目でほのぼのと見れる回でした。それでいて、軸となるストーリーにも展開があり、菅田将暉さんの演じる男は一体何者なのか?麻生久美子さん演じる班長の自宅に取り付けられた盗聴器は誰の仕業なのか?今後の展開が楽しみになるような回でした。
40代女性

第8話(2020年8月14日)

あらすじを見る

山中で男性の変死体が見つかり、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は現場へ急行する。遺体の特徴的な創傷と残された文字から、未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、事件の捜査は一課の管轄となる。捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事・刈谷(酒向芳)の手伝いに駆り出される。

刈谷と同行し訪れた不自然死究明研究所、通称「UDIラボ」で、伊吹と志摩は臨床検査技師の坂本(飯尾和樹)と出会う。

その後、今回の事件の捜査資料を盗み見た伊吹は、複数の前科があった被害男性の最初の事件を担当した刑事が恩師の蒲郡(小日向文世)だった事を知る。伊吹は志摩は、蒲郡から得た情報を頼りに犯人を追うが…

感想準備中

MIU404(ミュウ404)とは?基本情報まとめ

タイトルMIU404
テレビ局TBS
放送日2020年6月26日~
放送時間毎週金曜日 22時~
キャスト綾野 剛/麻生 久美子/橋本 じゅん/岡田 健史/生瀬 勝久/金井 勇太/渡邊 圭祐/黒川 智花/星野 源
原作オリジナル
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/
公式SNSTwitterInstagram
主題歌「感電」米津玄師

MIU404(ミュウ404)キャストまとめ

伊吹 藍・役/綾野 剛

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】金曜ドラマ『MIU404』(@miu404_tbs)がシェアした投稿

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
機動力と運動神経はピカイチの野生のバカ。鼻が効くが、臭気なのか雰囲気を嗅ぎとっているのかは不明。これまで多くの部署を転々とした挙句、奥多摩の交番に8年近く勤務していた。初の機捜で右も左もわからないながらも天職だと思い始めるが、考える前に動いてしまい志摩がいないと危なっかしい。

桔梗 ゆづる・役/麻生 久美子

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】金曜ドラマ『MIU404』(@miu404_tbs)がシェアした投稿

警視庁刑事部・第1機動捜査隊 兼 第4機動捜査隊・隊長。
警察署長を経て女性初となる1機捜の隊長に任官。陣馬とは旧知の仲で、捜査一課時代には志摩とも同じ班にいたことがある。機動捜査隊を四部制にした立案者で、責任を取る形でヘルプのための4機捜を立ち上げ、兼任隊長となった。口は悪いが懐は広い。根性論が嫌いなリアリスト。

陣馬 耕平・役/橋本 じゅん

 

この投稿をInstagramで見る

 

小森谷朋基(@tomo.kom)がシェアした投稿

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
ベテラン機捜隊員。腕っぷしは誰よりも強いが近ごろは年齢を感じることもしばしば。桔梗の隊長任官時に1機捜に呼ばれ、4機捜の設立とともに異動、班長に。志摩とも同僚だったことがある。ノミニケーション、筋ハラで若者から嫌われがち。特技は顔面配備。

九重 世人・役/岡田 健史

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】金曜ドラマ『MIU404』(@miu404_tbs)がシェアした投稿

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米。理由は不明だが4機捜に配属される。今まで何事もうまくこなしてきたという自信から、どこか上から目線になりがちだが、意外に可愛いところもある。4機捜の面々と接することで、さまざまなことを学ぶ。

我孫子 豆治・役/生瀬 勝久

 

この投稿をInstagramで見る

 

@konta_watchがシェアした投稿

警視庁刑事部・刑事部長。
組織対策犯罪部の部長時代に桔梗とやりあった過去があり犬猿の仲だが、お互い牽制しながら利用し合っている節がある。組織を守ることが多くの正義を為す道という信条を持つ。陰で桔梗に「マメジ」と呼ばれている。

糸巻 貴志・役/金井 勇太

 

この投稿をInstagramで見る

 

はしぐち(@hashiguchi_wacci)がシェアした投稿

警視庁刑事部・第1機動捜査隊・隊員。
桔梗が1機捜内に設立したスパイダー班の班長。SNSのリアルタイム監視ほかWEB分析、防犯カメラの映像解析などを担う。帰宅が面倒で芝浦署の仮眠室に住んでいるという噂がある。

特派員REC・役/渡邊 圭祐

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡邊圭祐(@w_keisuke93)がシェアした投稿

動画投稿サイト「NOW TUBE」で「ナイトクローラーチャンネル」を配信しているナウチューバー。本名不明。自身を「特派員REC」と名乗り、ネットでみつけたネタやニュースの解説動画を日々アップし、億万ナウチューバーを目指している。

謎の女・役/黒川 智花

 

この投稿をInstagramで見る

 

黒川智花(@tomoka_kurokawa_official)がシェアした投稿

素性が謎に包まれている。

志摩 一未・役/星野 源

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】金曜ドラマ『MIU404』(@miu404_tbs)がシェアした投稿

警視庁刑事部・第4機動捜査隊・隊員。
以前は捜査一課にいたが、ある事情から異動。運転免許試験場を経て所轄にいたところを、4機捜の設立とともに桔梗に呼び戻された。機捜経験もあり桔梗・陣馬からの信頼は厚いが、自分も他人も信用しない。観察眼と社交力に長け、常に先回り思考で道理を見極めようとするものの、伊吹には振り回される。

MIU404(ミュウ404)は期待できる?視聴者の声

『MIU404』に期待する視聴者の声を独自に集めました。

視聴するか迷っている方は参考にしてください!

30代女性
30代女性
「MIU404」は今再放送されている「コウノドリ」の綾野剛と星野源がメインキャストなので、再放送を見ていると期待値が高まってきます。舞台が医者から警察になり「コウノドリ」とは全く違う性格になるだろうお二人の演技も楽しみです。刑事なのでアクションシーンも見所になるのかなと思いますが、星野源さんは特にそういう演技をされているイメージがないのでより楽しみです。他のキャストでは生瀬勝久さんがどういう立場になっていくのか気になります。放送が楽しみです。
30代男性
30代男性
24時間のタイムリミットの中で、機動捜査隊を舞台に繰り広げられる白熱した展開に期待しています。また、W主演の綾野剛さんと星野源さんの息の合ったやり取りが楽しみです。共演の経験のある2人がバディを組みますが、アクロバティックな演技を見せてくれそうです。2人にしか出す事の出来ない演技を見れるところが、見所の1つです。緊迫した状況で過激な演出が視聴者を飽きさせないでしょう。更に、笑える面白い部分もありそうなので楽しみにしています。
40代男性
40代男性
迅速な初動捜査や緊急事案に対し速やかに現場で対応に当たる機動捜査隊。このドラマでは新たに設けられた第4機動捜査隊という架空の部署の活躍を描くものとなっています。新規創設部隊ですので他の機捜のヘルプや時には捜査一課など別の部署での応援にも行くなど捜査は多方面に及びます。24時間できる限り様々な事件に対応する部署で理論派の志摩と行動力は抜群ですが常識ハズレの伊吹のバディを中心にドラマは展開していきます。序盤は伊吹に振り回される志摩が苦労しながら事件解決をしていくストーリーになりそうです。これまでにないスピード感あふれる警察ドラマとなってくれるでしょう。
20代女性
20代女性
星野源さんも綾野剛さんも好きな俳優なので、共演が見られると思うだけでワクワクします。しかも熱血バカと頭脳派という、正反対の性格の2人がバディを組む設定に、さらに期待が高まります。確実にぶつかり合うだろう凸凹コンビが、どんな風に真の相棒となっていくのか、最大の見どころだと思います。そんな2人の所属する4機捜のメンバーも個性豊かそうで、やりとりや関係性が気になります。また、脚本がアンナチュラルを手がけた野木さんであることや、主題歌担当が米津玄師さんであるところも、個人的に注目しているポイントです。
30代男性
30代男性
主演は綾野剛と星野源で、脚本が野木亜紀子、主題歌が米津玄師が担当するという超豪華な布陣に期待が持てます。さらにストーリーもオリジナル脚本になっており、連ドラではあまり題材として取り上げられない機動捜査隊にスポットが充てられています。様々な事件を24時間のタイムリミットの中で解決する一話完結になっているから見やすいのが見どころです。また、発生する事件も殺人事件や窃盗などどんな事件が起こるのかにも注目しています。
40代女性
40代女性
綾野剛と星野源というTBS系の「コウノドリ」のペアということで息もピッタリで安心してみることができて楽しみです。さらに、麻生久美子という組み合わせが超いいです。3人とも公私ともにイメージもよく性格も合いそうなのでドラマの雰囲気が良さそうと期待です。さらにさらに・・岡田健史!!「中学聖日記」からずっと気になってました!岡田くんの演技がどのくらい刑事っぽく仕上がってるのかがスパイスになりそうで期待大です。絶対見ます~~。
40代女性
40代女性
本当にいますよね。第一印象は良くてもどんどん悪い面の見えてくる人って。実は私もそうだから伊吹さんの気持ちはわかる気がします。だなんて偉そうなことを言っていますが伊吹さんは多分人に心を開かず、何か深い心の傷を持っているのでしょうね。それを志摩がどのように接して伊吹さんと打ち解けていくのか。事件の内容もそうですが、このドラマの見どころはやはり伊吹と志摩の関係がどのように変化していくのかだと思います。かたくなに閉ざされた志摩の心を伊吹がどう開いていくのか楽しみです。
30代女性
30代女性
野木亜紀子さんの脚本で、アンナチュラルの制作スタッフが再集結して作られるドラマという情報を得ていて、今クールで一番楽しみにしていたので、コロナのせいで放送が延期になってしまい非常に残念です。綾野剛さんと星野源さんという組み合わせだけでももう面白そうなのに、機動捜査隊という、一般人の私たちにはあまりなじみがない世界のお話ということで興味津々です。何より、監督の塚原あゆ子さんが手がけた中学聖日記もグランメゾン東京も、私はどっぷりハマって観ていたので、このドラマにも楽しみしかありません。楽しみにして、気長に待とうと思っています。
40代男性
40代男性
第1機動捜査隊を舞台に描かれるドラマでその部署に所属する星野源さんと綾野剛さんがどんな演技を見せてくるのかとても楽しみです。最近の刑事ドラマは推理色の強いものが多かったですが、このドラマではアクションシーンや激しいアクションも見られそうなところが楽しみです。星野源さんはこれまで草食系男子の役のイメージが強かったので今回はそのイメージを破るようなハードボイルドな役がハマるかどうか見どころです。星野源さんと綾野剛さんの名コンビが名ドラマとなるのか注目をしています。
20代女性
20代女性
このドラマは機動捜査隊として日々奮闘するところが楽しみです。綾野剛さんと星野源さんがバディを組んでいくところも期待したいです。二人のやりとりはもちろん、どのように犯人逮捕をしていくのかも気になります。24時間という限られた時間の中で、どのようなことをしていくのか楽しみです。綾野さんと星野さんが正反対な性格なところも注目したいです。二人の息ピッタリなところや、事件に立ち向かっていく全力な姿に期待したいです。
30代男性
30代男性
綾野剛さんと星野源さんの相棒コンビということで、それはもう期待しかありません。おそらく凸凹コンビになると思うのですが、始めから息がピッタリのコンビよりも成長過程なども楽しめるのではないでしょうか。どんな感じで事件を解決していくのか非常に楽しみです。また、野木亜紀子さん脚本ということで、他の刑事ドラマとは違ったセンスを感じられると思います。事前情報から期待できる要素が満載のドラマなので、早くMIU404の物語を見たいです。
40代男性
40代男性
全くタイプの違う感じがする星野源さんと綾野剛さんがバディを組む刑事ものということで、ハチャメチャで面白そうな作品になるような気がします。しかも、役どころが機動捜査隊ということで、危険と隣合わせのイメージがあるので、スリリングなドラマになりそうだと思います。そして、この凸凹コンビという感じの二人が対立しながらも、力を合わせて事件を解決するストーリーになると思うので、笑える要素も期待できそうだと思います。
30代女性
30代女性
主演のお二人の名前を聞いただけで、これは豪華なドラマが始まるなぁ…と感じさせられました!「コウノドリ」では医師役だったお二人が、今回は刑事役でタッグを組みます。二人は正反対の性格のためぶつかり合いながらも、それぞれの個性を発揮させ、事件に立ち向かってゆく…格好良すぎです。また二人に負けないくらい個性の強いベテランの俳優陣や、フレッシュな若手の謎めいた存在にも注目しています。そして主題歌は米津玄師!見所満載の作品です!
50代女性
50代女性
綾野剛さんと星野源さんのW主演ということで話題になっているドラマだと思います。脚本が『逃げ恥』の野本亜紀子さんが担当されるようで、絶対に面白いドラマになると思います。監督や演出もアンナチュラルチームが揃っているようで、全てが揃いすぎている豪華な期待度100%のドラマだと思います。警察庁の働き方改革で作られた機動捜査隊で新バディとなる綾野剛さんと星野源さんの掛け合いや演技など楽しなことが多いです。また、主題歌も興味が湧いてます。放送が待ち遠しいドラマです。

MIU404(ミュウ404)見逃し動画配信を無料で見る方法まとめ

この記事ではドラマ『MIU404(ミュウ404)』の見逃し動画配信を無料で見る方法を紹介しました。

まとめ
  • 全話を無料で視聴できるのはParaviだけ
  • 放送後1週間以内限定で、TVerとGYAO!で無料視聴可能(ただし広告・CM付き)

Paraviの無料体験キャンペーンは、いつ終了するかわかりません…!

キャンペーンが終了して後悔する前に、ぜひお試しください。

広告なし・高画質のフル動画を、安心安全に楽しむことができます。

\2週間無料でお試し/

2週間以内の解約で完全無料