最新情報

ナナもスター猫の仲間入り?! <公開記念 スター猫大集合イベント> 開催決定!

本作「旅猫リポート」公開を記念しまして、<スター猫大集合イベント>の開催が決定しました!

SNSなどでも寄せられる本作の感想の中に「ナナの演技が泣ける」「ナナがかわいい!」と反響を得ており、テレビ番組への登場などでも大人気となった主演猫であるナナ。公式インスタグラムでもフォロワーは増加の一途をたどり、ナナも遂にスター猫の仲間入りを果たしました。
そこで、ナナと本作をさらに応援すべく、スター猫の先輩である、春馬・金時・あなごがイベントに駆け付けます!

イベント内では写真撮影OKタイムも予定!
初めての方も、リピーターの方も、ぜひご来場ください!

<日時・場所>
日時:11/14(水)19:00~の回 ※イベントは上映前を予定しています
場所:丸の内ピカデリー
特別ゲスト:ナナ、春馬(Y!mobileのふてニャン)金時(映画『猫忍』出演)、あなご(映画『猫侍』出演)

<チケット販売について>
・SMT会員の方
◆11/11(日)17:00 WEB販売開始
<丸の内ピカデリー公式HP:https://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
・SMT非会員の方
◆11/11(日)21:00 WEB販売開始
<丸の内ピカデリー公式HP:https://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
◆11/12(月) 劇場OPEN時より窓口販売開始(※残席がある場合のみ)
◆料金:当日料金

<注意事項> 
※上映中の入退場などはご遠慮いただいております。ご協力をお願いいたします。
※マスコミやメイキング等の取材・撮影が入る可能性がございます。ご了承の上ご参加ください。
※スタッフの誘導・案内に従っていただきますよう、お願いいたします。

最新情報

超豪華キャスト、大結集! 福士蒼汰「映画を観た人同士が繋がっていくような 作品であって欲しい」 10/26(金)公開記念舞台挨拶イベントオフィシャルレポート

この度、主演の福士蒼汰さんをはじめ、主演猫のナナ、高畑充希さん、竹内結子さん、広瀬アリスさん、大野拓朗さん、山本涼介さん、三木康一郎監督が集結し、映画公開を記念し舞台挨拶が行われました。撮影秘話をはじめ、それぞれの共演についてなど、貴重なエピソードが連発!そして、公開初日を祝して、鏡開きを実施!特大の樽の中には通常のお酒ではなく、“猫用ミルク”が入っており、福士蒼汰さんら俳優陣は通常のミルク(牛乳)、主演猫のナナは“猫用ミルク”で一緒に公開を祝して乾杯しました!

満席の会場で大歓声のなか登場した、主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)、ナナの声を担当した高畑充希さん、竹内結子さん(香島法子役)、広瀬アリスさん(杉千佳子役)、大野拓朗さん(杉修介役)、山本涼介さん(澤田幸介役)、三木康一郎監督。

主演の福士蒼汰さんは「無事、本日公開初日を迎えました。皆さんに映画を観ていただけることが嬉しいです。」と語ると、続けて、高畑さんより「今回私は猫のナナの声をやりました。今日は楽しんでください。」、竹内さん「今日が初日ですが、福士さんとナナがあちらこちらで宣伝をやっているのでもうすでにたくさんの方の目に触れ、好きになってもらっていると思います。今日これからご覧いただく方も、ぜひ映画を好きになってもらって、たくさんの人に勧めてもらいたいと思います。よろしくお願いします!」、と観客へメッセージを送りました。広瀬さんは「本日は初日にお越しいただきありがとうございます。」、大野さん「やっと、優しくて温かいこの作品を皆さんにお届けできるのが嬉しいです。今日はぜひ楽しんでいってください。」と初日を迎えた思いを語り、山本さんも「ぜひこの映画を存分に楽しんでいってください!」と本作の魅力をアピール。そして、三木監督からは「何度経験しても、公開初日は緊張するもので、今日も緊張しております。初めて観られる方、しっかり楽しんで帰ってください。」と挨拶がされました。

ついに公開初日を迎えた本作。「撮影が1年半くらい前だったので、今日ようやく公開したんだなと思います。映画に映っている自分は撮影当時まだ23歳だったんですが、その頃の自分の良さがあって、あのタイミングだから撮れた映画だと思います。ぜひそんなところも注目して楽しんでほしいと思います。」とその心境を明かす福士さんに、三木監督も「昨日も映画祭に呼んでいただき、海外でも上映があったりしたので、公開前からもうすでにこの作品が皆さんの心を打っているような気がしています。それも、ここにいる出演者の皆さん、スタッフの皆さんのおかげです。」とこれまでを振り返りながら、作品への思いを語りました。

今回は猫の声での出演となった高畑さんは、「皆さんと並んで今ここに立っていますが、私がナナの声を録音したのは1日のみだったので、皆さんと撮影の苦労を共にできてなく、こうして並んでいると後ろに下がっちゃうような気分です(笑)。」と、これまで自身が出演してきた作品との心境の違いを話しました。すると、福士さんは「高畑さんは長い間ネバーランドにいたこともあるし(笑)、オス猫の声がぴったりでした!」と高畑さんのナナっぷりを絶賛。

また、福士さん演じる悟の親戚・法子を演じた竹内さんは、福士さんの印象について「撮影で福士さんに会う前は、役の悟をイメージしていて、実際にお会いしたら、本当に悟の雰囲気が漂っていたので、叔母役としてすぐに落ち着いて現場にいることができました。イメージが違うことがあったとすると、テレビで『仲良い人にはツンツンしてしまう』とご自身のことをお話しされていたので、そんなツンの福士さんを見てみたいなと思いましたね。私より大人に見えるくらい落ち着いていらっしゃって、そんな安定したメンタルの作り方を聞いてみたいです。」と、撮影時を振り返り、福士さんの印象についてたっぷり語りました。
すると福士さんも「僕も、撮影現場でも、嫌な距離感が全くなくて、甥と叔母の関係性をすぐに作ることができました。竹内さんのおかげです。」と話し、劇中同様、二人の仲の良さを見せました。

本作が悟とナナの強い絆を描いた作品であることから、自身にとって欠かせない、または夢中になっているモノやコトを聞かれ、広瀬さんが「ペットです。犬も猫も飼っていて、毎日その子達に癒されています。」とペット愛を明かしました。また、山本さんも「僕も犬も猫も飼ってました!2匹合わせてグレイス・ケリーでした!」とそのネーミングセンスを披露し会場は爆笑。高畑さんは「今一番夢中なのは、友達の赤ちゃんを見て癒されることです!私の周りがベビーラッシュで、合間を見つけては会いに行って、動画を撮ってそれを1日ずっと見てます。可愛くて変な声出ちゃいますね。」と少し照れながら話しました。

そして、福士さんは「卓球にハマってます!最近4日連続で卓球しました。」と自身のエピソードを明かすと「それ誘ってもらってない!」と嘆く大野さん。それに対し福士さんは「じゃあ皆で行きましょう!」と提案をすると、竹内さんは「福士さんは手が長いし、リーチできる範囲が広いから絶対勝てる気がしない。勝てる勝負だったらやりたいです!でもできることあるかな・・あ、最近火起こしを覚えました!」と語り、キャスト・監督も騒然。劇中で演じた法子のような、頼り甲斐のある優しくもたくましい一面を明かしました。

ここで、会場に主演猫のナナが登場!福士さんにしっかりと抱きかかえられ客席後方から登場したナナ。

皆さんに温かく出迎えられた後、出演者総勢で、盛大に鏡開きが行われました。
ナナも一緒ということで、なんと樽の中身は“猫用のミルク”!ナナには猫用のミルク、キャストの皆さんには牛乳が渡され、ナナも一緒に映画の公開を祝って乾杯がされました。

しかし、ナナはミルクを気にしつつも福士さんにしがみついて緊張の様子。
「ナナ今の気分は?」と大野さんに聞かれると「気分はいいニャ〜」と高畑さん扮するナナが答え、会場を沸かせました。

そして福士さんから、これまでずっと一緒に頑張ってきたナナへ「明日で会えなくなっちゃうことが本当に寂しいです。こんなに長い間一緒に居たから、これからもずっと一緒に居たいなと思っちゃいます。マイペースなナナがとても可愛くて、この映画をきっかけに猫のことが大好きになりました。今まで撮影からプロモーションまで、ありがとうね、ナナ。」と感謝の気持ちを込めて労いの言葉を掛けました。

さらに最後に「ついに今日初日を迎えることができて安心しています。たくさんの人に観ていただきたいですし、ぜひたくさんの人に勧めて頂きたいと思います。人と人の繋がりを描いた作品でもあるので、観た方同士の繋がりもあると良いなと思います。」と福士さんが締めくくり、キャスト同士も終始仲の良さそうなやり取りが行われ、会場は温かな空気に包まれたままイベントは幕を閉じました。

最新情報

福士蒼汰「初めての東京国際映画祭レッドカーペット、 楽しめました!」映画祭史上初!愛猫ナナとレッドカーペット&舞台挨拶に登場! 10/25(木)第31回東京国際映画祭イベントオフィシャルレポート

この度、本作が、第31回東京国際映画祭 特別招待作品として上映されることを記念し、主演の福士蒼汰さん、主演猫のナナ、三木康一郎監督登壇の舞台挨拶を行いました。また、福士さんが主演猫のナナと一緒に、東京国際映画祭開幕して以来史上初、猫と一緒にレッドカーペットを歩きました!

■舞台挨拶(12:28~TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン2)

上映後、まだ、涙をぬぐうお客様の姿もある中、主演の福士蒼汰さんは「今日は上映後ということで、(会場のお客様を見渡し)皆さんのお顔を見るとそれぞれいろんなことを考えていらっしゃるのかなと思います。」と話し、続けて、本作を手掛けた三木康一郎監督も「本日は集まっていただきありがとうございます。映画いかがだったでしょうか?」とお客様の様子を伺うと、客席からは拍手喝采が!「ありがとうございます。とても優しい映画になったと思います。今日はたくさん映画の話しが出来ればと思います。」とお客様のリアクションを受け、感謝の思いを伝えました。

本作が東京国際映画祭の特別招待作品に選ばれたと聞いた際、「非常に嬉しかったです。自分が出演している作品が東京国際映画祭に出品されたのは初めてなので、このような機会にたくさんの方に映画を観ていただけてとても光栄です。」とその気持ちを語った福士さん。三木監督も「撮影中は必死だったけど、映画祭に出品されるなんて思ってもなかったので、こういった場で上映していただけるのは、俳優とスタッフの皆さんが頑張ってくれたおかげだと思うので感激しています。」と話しました。

東京国際映画祭だけではなく、カナダのファンタジア映画祭での上映や、現在7ヵ国での配給も決定しており、海外にも広がっている本作の上映。そんな状況を「僕はこの映画は、普遍的なものがあると思っています。動物や人に対する愛情だとか、全世界の人が愛せる、同じ感覚があるものが作品の題材であることが、世界中の皆さんに観ていただける理由にあるのかなと思います。」と福士さん、三木監督も「猫の人気が世界的なんだなと思いました。世界中の人が猫が好きなんですね。」と自身の想いを話しました。

そして、猫好きな心優しい青年を演じた福士さんは、「悟はとても穏やかで優しい青年なので、その優しさは何で何だろうと考えていくうちに、ただ優しいだけじゃなくて、彼の持っているネガティブな心がポジティブに変わっていく、そんな彼の心情を意識して演じました。人とある一定の距離を取ってしまう彼にとって、ナナだけは心から信頼できる存在、そんな気持ちも大切にしていました。監督からも『福士くんのままでいいから』と言ってもらえたので、僕自身の中にある悟に共感できる部分も意識して演じていました。」と話し、三木監督も「すごいちゃんと考えてくれてたんだね。ありがとうございます。」と福士さんの演技を改めて振り返りました。

また、本作で有川浩さん原作の映画で監督を務めるのは二本目であった三木監督は「猫を撮影するということが初めてだったんですが、有川先生からは、猫の気持ちを何よりも優先して撮影を行ってくださいと言われていました。なのでナナが嫌そうだったら撮影も中断。作品もナナ中心に描かれているので、ナナが映画を観る人の心をしっかりつかむことができる表情なのか、撮影中はナナの顔をずっと見てました。」と、有川さんのナナ愛を明かしつつ、自身が作品に込めた想いも語りました。

さらに、劇中で名演技を見せたナナに関して福士さんは「最近仲良くなったんじゃないかなと実感します。やっぱり猫が何を考えているのかはわからないので、僕のことを覚えていてくれているのかちょっと不安だったんですけど、最近はずっと顔を見てくれたり、抱っこした時に落ち着いてくれたりするので、ちょっと仲良くなれたのかなと思いますね。」と仲の良さをアピールしました。
この後、オープニングイベントのレッドカーペットにナナと登場する予定の福士さんは「猫がレッドカーペットを歩くのは初めてらしくて、放し飼いで歩かせてみたいですけどね(笑)。なかなかない機会をいただけたと思うので、特別な時間を1秒1秒感じてしっかり歩きたいです。」と、その意気込みを明かしました。

舞台挨拶最後、フォトセッションに登場したナナを抱き「ナナちゃん皆さんを前にちょっとドキドキしてますけど、今日も元気です!」とナナの様子を語ってくれた福士さん。
最後に、福士さんから「明日から映画が公開になります。たくさんの人に観ていただきたいです。今日という日を大事に、この後レッドカーペットも頑張ります!」とお客様へメッセージが語られ、大盛況のままイベントは幕を閉じました。

■レッドカーペット(16:00頃~六本木ヒルズアリーナ)

大勢の人で溢れた六本木ヒルズアリーナに、オープニングイベントとしてレッドカーペットが敷かれ、映画祭に出品・招待される作品のキャスト・スタッフが続々と登場しました。ほどなくして、けやき坂通りに停められた車より、悟を演じた福士蒼汰さん、杉千佳子を演じた広瀬アリスさん、そして三木康一郎監督が登場すると、場内は歓声に包まれました。

ステージまで上がり、フォトセッションブース等を通った後に、本作の主演猫であるナナもサウンドバイツエリアから参加!
福士さんに抱きかかえられたり、お利口に座って待つ姿に、観客のみならず、マスコミからも「かわいい…!」の声が漏れました。

東京国際映画祭公式インタビューの部分では、福士さんは自身が演じた悟という役柄に対して「悟はとてもやさしい人物で、自分自身も猫が大好きなので、猫に対してや動物に対する接し方は、自分自身を反映させた部分が多いです」と語りました。男気のある杉千佳子役を演じた広瀬さんは「福士さんと大野拓朗さんと3人のシーンが多かったのですが、千佳子が2人を引っ張っていた部分が多かったです。自分自身も男っぽい部分があるので、自分と似てるなと思いながら演じていました」と話しました。

レッドカーペットを歩き終えた福士さんは、ナナについて「大勢の人がいたので、緊張している素振りもあったが元気でした」と話しました。また、初めての東京国際映画祭のレッドカーペットについても「(レッドカーペットでのインタビューやスチール撮影が)意外と長くてびっくりしましたが、初めての東京国際映画祭のレッドカーペットはとても楽しめました!」と愉しそうに語り、レッドカーペットを後にしました。

最新情報

イオンペット×『旅猫リポート』フォトコンテスト結果上映劇場について

8/30(木)~9/30(日)の期間、「いつもいっしょ」をテーマに募集したフォトコンテストの結果を、劇場スクリーンにて本編上映前に発表致します!
結果をご覧になりたい方は、下記劇場へお越しください。

地域 劇場 電話番号
東京 丸の内ピカデリー 03-3201-2883
東京 新宿ピカデリー 03-5367-1294
東京 MOVIX亀有 03-5629-7203
東京 MOVIX昭島 042-500-5903
東京 109シネマズ二子玉川 03-5797-2310
東京 イオンシネマ板橋 03-3937-1589
東京 イオンシネマ多摩センター 042-355-8711
東京 イオンシネマむさし村山 042-567-8701
東京 イオンシネマ シアタス調布 042-490-0081
東京 イオンシネマ日の出 042-588-7474
東京 ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 03-6426-0583
東京 ユナイテッド・シネマ豊洲 03-6219-3003
東京 ユナイテッド・シネマとしまえん 03-5912-9818
東京 T・ジョイPRINCE品川 03-5421-7243
東京 T・ジョイSEIBU大泉 03-5933-0141
神奈川 MOVIX橋本 042-700-3103
神奈川 109シネマズ川崎 044-520-0109
神奈川 イオンシネマみなとみらい 045-222-2555
神奈川 イオンシネマ港北ニュータウン 045-914-7680
神奈川 イオンシネマ新百合ヶ丘 044-965-0132
神奈川 イオンシネマ茅ヶ崎 0467-58-7596
神奈川 イオンシネマ海老名 046-232-9371
神奈川 シネプレックス平塚 0463-25-2340
神奈川 横浜ブルク13 045-222-6901
神奈川 109シネマズ港北 045-948-5153
神奈川 109シネマズ湘南 0466-38-3196
千葉 MOVIX柏の葉 047-135-6903
千葉 イオンシネマ幕張新都心 043-213-7555
千葉 イオンシネマ市川妙典 047-356-0291
千葉 イオンシネマ銚子 0479-26-3711
千葉 イオンシネマ千葉ニュータウン 0476-40-7200
千葉 シネプレックス幕張 043-213-3205
千葉 T・ジョイ蘇我 043-209-6699
埼玉 MOVIXさいたま 048-600-6303
埼玉 MOVIX川口 048-250-2903
埼玉 イオンシネマ大宮 048-661-5977
埼玉 イオンシネマ浦和美園 048-812-2844
埼玉 イオンシネマ熊谷 048-526-0791
埼玉 イオンシネマ春日部 048-718-0071
埼玉 イオンシネマ羽生 048-560-0688
埼玉 イオンシネマ越谷レイクタウン 048-990-3660
埼玉 イオンシネマ大井 049-267-0962
埼玉 ユナイテッド・シネマ浦和 048-813-8855
埼玉 ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷 049-230-2223
埼玉 ユナイテッド・シネマ春日部 048-731-7810
埼玉 シネプレックス幸手 0480-40-5003
埼玉 ユナイテッド・シネマ新座 048-480-7180
埼玉 ユナイテッド・シネマ入間 042-965-9983
埼玉 ユナイテッド・シネマわかば 049-272-5111
埼玉 ユナイテッド・シネマ ウニクス上里 0495-35-3151
埼玉 こうのすシネマ 048-544-9205
埼玉 109シネマズ菖蒲 0480-87-1885
茨城 MOVIXつくば 029-868-7203
茨城 イオンシネマ守谷 0297-47-1788
茨城 イオンシネマ下妻 0296-30-0860
茨城 ユナイテッド・シネマ水戸 029-300-7121
茨城 シネプレックスつくば 029-839-5011
栃木 MOVIX宇都宮 028-657-6203
栃木 109シネマズ佐野 0283-20-0123
群馬 MOVIX伊勢崎 0270-30-1703
群馬 イオンシネマ高崎 027-367-1800
群馬 イオンシネマ太田 0276-48-3211
群馬 ユナイテッド・シネマ前橋 027-260-8308
群馬 109シネマズ高崎 027-328-1109
新潟 イオンシネマ新潟西 025-230-8786
新潟 イオンシネマ新潟南 025-385-8788
新潟 イオンシネマ県央 0256-66-1055
新潟 ユナイテッド・シネマ新潟 025-285-0088
新潟 T・ジョイ新潟万代 025-249-4555
新潟 T・ジョイ長岡 0258-21-3171
長野 松本シネマライツ 0263-37-5011
静岡 MOVIX清水 054-355-1403
静岡 イオンシネマ富士宮 0544-28-2220
青森 イオンシネマ弘前 0172-26-1110
岩手 イオンシネマ北上 0197-64-2275
宮城 MOVIX仙台 022-304-3703
宮城 MOVIX利府 022-767-7403
宮城 イオンシネマ石巻 0225-92-0710
宮城 イオンシネマ名取 022-381-0405
宮城 109シネマズ富谷 022-358-2239
宮城 ユナイテッド・シネマ フォルテ宮城大河原 0224-51-8267
秋田 イオンシネマ大曲 0187-66-3782
山形 イオンシネマ米沢 0238-24-3314
山形 イオンシネマ三川 0235-68-1661
山形 イオンシネマ天童 023-665-1168
福島 イオンシネマ福島 024-535-8671
北海道 札幌シネマフロンティア 011-209-5402
北海道 イオンシネマ旭川駅前 0166-74-7891
北海道 イオンシネマ釧路 0154-36-5533
北海道 イオンシネマ小樽 0134-24-8787
北海道 イオンシネマ北見 0157-23-0101
北海道 イオンシネマ江別 011-381-2511
北海道 ユナイテッド・シネマ札幌 011-207-1120
愛知 ミッドランドスクエアシネマ 052-527-8807
愛知 MOVIX三好 0561-33-3403
愛知 イオンシネマ名古屋茶屋 052-309-4615
愛知 イオンシネマ・ワンダー 052-509-1423
愛知 イオンシネマ大高 052-629-2387
愛知 イオンシネマ岡崎 0564-72-3020
愛知 イオンシネマ常滑 0569-36-2352
愛知 イオンシネマ豊川 0533-83-1501
愛知 イオンシネマ豊田KiTARA 0565-35-1750
愛知 イオンシネマ長久手 0561-64-5635
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18 0532-38-0850
愛知 ユナイテッド・シネマ岡崎 0564-72-4155
愛知 ユナイテッド・シネマ稲沢 0587-21-4991
愛知 ユナイテッド・シネマ阿久比 0569-47-1151
岐阜 イオンシネマ各務原 058-375-3373
三重 イオンシネマ津 059-224-8687
三重 イオンシネマ桑名 0594-24-4462
三重 イオンシネマ鈴鹿 059-370-8890
三重 イオンシネマ東員 0594-86-1779
三重 109シネマズ四日市 059-359-0139
三重 109シネマズ明和 0596-55-8118
石川 イオンシネマ金沢 076-258-7550
石川 イオンシネマ金沢フォーラス 076-231-8650
石川 イオンシネマ新小松 0761-23-2366
石川 イオンシネマ御経塚 076-269-4540
石川 ユナイテッド・シネマ金沢 076-251-7670
大阪 大阪ステーションシティシネマ 06-6346-3246
大阪 なんばパークスシネマ 06-6646-3219
大阪 MOVIX堺 072-226-4803
大阪 MOVIX八尾 072-995-2453
大阪 イオンシネマ茨木 072-621-5433
大阪 イオンシネマりんくう泉南 072-480-5855
大阪 イオンシネマ大日 06-6909-0717
大阪 イオンシネマ四條畷 072-863-1170
大阪 ユナイテッド・シネマ枚方 072-809-2804
大阪 ユナイテッド・シネマ岸和田 072-432-9201
大阪 梅田ブルク7 06-4795-7600
大阪 109シネマズ箕面 072-723-6019
大阪 109シネマズ大阪エキスポシティ 06-4864-8450
京都 MOVIX京都 075-254-3240
京都 イオンシネマ京都桂川 075-925-1720
京都 イオンシネマ久御山 075-633-0901
京都 イオンシネマ高の原 0774-71-9544
京都 T・ジョイ京都 075-692-2266
兵庫 神戸国際松竹 078-230-3430
兵庫 MOVIXあまがさき 06-4960-7523
兵庫 イオンシネマ明石 078-934-4461
兵庫 イオンシネマ加古川 079-420-6171
兵庫 イオンシネマ三田ウッディタウン 079-563-8786
兵庫 109シネマズHAT神戸 078-221-0109
滋賀 イオンシネマ草津 077-561-4551
滋賀 イオンシネマ近江八幡 0748-37-3517
滋賀 ユナイテッド・シネマ大津 077-527-6203
奈良 イオンシネマ西大和 0745-31-7184
奈良 ユナイテッド・シネマ橿原 0744-26-2501
和歌山 イオンシネマ和歌山 073-452-6060
岡山 MOVIX倉敷 086-430-3603
岡山 イオンシネマ岡山 086-235-0078
広島 イオンシネマ広島 082-261-3340
広島 イオンシネマ広島西風新都 082-941-7045
広島 T・ジョイ東広島 082-493-6779
広島 広島バルト11 082-561-0606
広島 109シネマズ広島 082-501-3109
鳥取 MOVIX日吉津 0859-37-1803
島根 T・ジョイ出雲 0853-24-6113
山口 MOVIX周南 0833-45-2603
山口 イオンシネマ防府 0835-22-9065
徳島 イオンシネマ徳島 088-622-5221
香川 イオンシネマ高松東 087-822-0535
香川 イオンシネマ宇多津 0877-49-8440
香川 イオンシネマ綾川 087-870-8977
愛媛 イオンシネマ今治新都市 0898-25-8106
福岡 イオンシネマ戸畑 093-871-1121
福岡 イオンシネマ大野城 092-502-8688
福岡 イオンシネマ筑紫野 092-918-3025
福岡 イオンシネマ福岡 092-938-9887
福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13 092-291-0730
福岡 シネプレックス小倉 093-512-4801
福岡 ユナイテッド・シネマなかま16 093-245-6880
福岡 ユナイテッド・シネマ トリアス久山 092-410-5565
福岡 T・ジョイ博多 092-413-5330
福岡 T・ジョイリバーウォーク北九州 093-573-1569
福岡 T・ジョイ久留米 0942-41-4158
佐賀 イオンシネマ佐賀大和 0952-64-8788
佐賀 109シネマズ佐賀 0952-25-0109
長崎 ユナイテッド・シネマ長崎 095-823-1336
熊本 イオンシネマ熊本 096-235-7711
熊本 ユナイテッド・シネマ熊本 096-212-8550
大分 T・ジョイパークプレイス大分 097-528-7677
鹿児島 鹿児島ミッテ10 099-812-6656
最新情報

オリジナル・サウンドトラック、本日10月24日(水)発売!

「旅猫リポート」オリジナル・サウンドトラック
音楽:コトリンゴ

2006年坂本龍一プロデュースでデビューし、アーティストへの楽曲提供や、映画、アニメのサウンドトラックや、CM音楽を多数手がけ、映画「この世界の片隅に」(16/片淵須直監督)では、第71回毎日映画コンクール音楽賞を受賞するなど高い評価を得たコトリンゴによる、主題歌「ナナ」、挿入歌「奇跡は」を含む全28曲を収録した「旅猫リポート」オリジナル・サウンドトラック、SHOCHIKU RECORDSよりパッケージと配信にて、本日10月24日にリリース!

<商品概要>
タイトル:「旅猫リポート」オリジナル・サウンドトラック
音楽:コトリンゴ
発売日:2018年10月24日
価格:¥2,315+税
発売:SHOCHIKU RECORDS
販売:Sony Music Marketing
商品番号:SOST-1032

<配信概要>
配信価格: シングル 250円 (税込)/ アルバム 2,100円 (税込)

◆収録曲

1. 僕らの旅
2.ハチとの出会い
3.サトルとコースケ
4.屋上にて
5.ハチとの日々
6. 仲直りの約束
7.別れ
8. コースケの決意
9.チカコとの再会
10.クラスメイト
11. 幼なじみ
12.サトルとスギ
13.チカコとスギ
14.サトルとナナ
15.お墓参り
16.ナナの虹
17.あのにおい
18.サトルの生い立ち
19. ノリコとサトル
20.サトルの決意
21.会いたかったよ
22.ナナの放浪
23.サトルとの思い出
24.奇跡は
25.最後の言葉
26.再会まで
27.ナナ
Bonus Track
28.奇跡は(another take)

最新情報

皇太子同妃両殿下、愛子内親王殿下、 映画『旅猫リポート』をご鑑賞 10/15(月)特別試写会オフィシャルレポート

この度、日本動物愛護協会のご協力のもと、映画『旅猫リポート』チャリティ試写会を開催いたしました。
そして、この特別試写会には、皇太子同妃両殿下、愛子内親王殿下がご臨席され、映画をご鑑賞されました。

この度、皇太子同妃両殿下、愛子内親王殿下に行啓、ご臨席をいただき、公益財団法人日本動物愛護協会のご協力のもと、映画『旅猫リポート』チャリティ試写会を開催しました。
主演の福士蒼汰と主役猫のナナ、三木康一郎監督によるお出迎えがあり、皇太子妃殿下と愛子内親王殿下がナナを撫でる様子もございました。
そして、試写会終了後に、福士さんのオフィシャルインタビューが行われました。

【インタビュー内容】

Q1.本日、皇太子同妃両殿下、愛子内親王殿下に映画「旅猫リポート」をご鑑賞いただきましたが、お出迎えをして、映画を一緒にご覧になりました。まずは今日の感想をお聞かせください。
A1.このような機会はなかなか無いので、少し緊張しましたが、一緒に映画を鑑賞することができてとても光栄です。
 
Q2.ご着席された後、お話しをされていたようでしたが、その時はどのようなお話をされたのですか?
A2.愛子様より、ご自分がご出演されている映画を観るのはどんな気分ですか、と聞かれました。そのご質問に対して「不思議な気持ちです。この映画は、自分が出演している映画ですが、客観的に感情移入して観ることができたのは初めてなので、とても不思議な気分でした。」と答えました。

Q3.上映中の皇太子ご一家のご様子はいかがでしたか?
A3.愛子様はナナや他の動物が登場するシーンでは笑顔になられているような場面が伺えました。皇太子妃殿下からは時折、笑い声も聞こえましたし、映画の終盤では、涙をこらえているようなご様子も伺えました。

Q4.お出迎えには猫のナナも同席していたとお聞きしましたが、ナナの様子はどうでしたか?
A4.お出迎えの時は、僕がナナを抱いていたので、皆さんナナを可愛いと仰って、撫でてくださいました。

Q5. 皇太子ご一家の飼い猫セブンや、他のペットのお話はありましたか?
A5. 飼われている猫のお名前が“セブン”と“みー”というお話を伺って、愛子様が本作の主演猫が“ナナ”なので、お互い不思議な縁がありますね、とお話をしていただきました。

Q6. 本日ご覧になった皇太子ご一家からどのようなお言葉をいただきましたか?
A6. 皇太子殿下に、この映画をたくさんの方に観ていただきたいですね、とお言葉をいただきました。

最新情報

劇場関連グッズご紹介!

福士蒼汰さんやナナの写真を使用したアイテムなど全11点が登場です!
全国の上映劇場では公開日の10月26日から、通販サイト「映画・アニメグッズショップ フルービー/Froovie」では10月26日(金)午前10時より販売開始です。
http://froovie.jp/shop/a/aHP_c30104/
※上記記載のリンクは、10月26日(金)午前10時より有効となります。
※全国の上映劇場では販売開始日時が異なる場合がございますのでご注意ください。

最新情報

山本涼介「『旅猫リポート』は大きめのハンカチじゃないと足りない」 10/20(土) KitaQフェスinTOKYO 2018トークイベント オフィシャルレポート

この度、KitaQ(きたきゅう)フェスに、山本涼介さんと本作プロデューサーの宇高武志が登場!
本作の撮影が北九州市でも行われたこともあり、撮影秘話がたっぷりと語られました。

10月20日(土)に、北九州が本作の撮影ロケ地となった関係から、「KitaQフェスinTOKYO 2018」で山本涼介さん(悟の友人・澤田幸介役)と宇高武志プロデューサーが登場!北九州市での撮影の様子や、北橋健治市長も登壇し、北九州市の魅力がたくさん語られました。

「KitaQフェスinTOKYO 2018」は北九州の食や文化などあらゆる魅力を東京で体験できるイベント。これまで仕事で訪れたことがあるという北九州の印象を最初に尋ねられると、「ご飯が美味しいという印象です。ラーメンとかみんなで食べに行きました。」と思い出を笑顔で話す山本さん。そこからラーメンの話になると「週4くらい食べています。ラーメン小僧です。(笑)豚骨とか博多系のラーメンが好きです。替え玉しながら食べます。」と驚きの告白に会場は盛り上がりました。また、本作の撮影で北九州に滞在した宇高プロデューサーは「食べ物が美味しいという話だったので楽しみにしていたのですが、やはり美味しかったですね。九州前寿司が美味しかったです。あとは三木監督と食べた鉄鍋餃子も美味しかったですね。」と当時の思い出を明かしました。

続いて映画の話題になり、共演経験がある福士さんとの撮影時のエピソードを聞かれると山本さんは「現場ではあまり仕事の話はしないですね。撮影の合間はナナと蒼汰くんの2人と1匹でいることが多かったので、2人でナナと一緒に遊んだりしていました。」また、その他の共演者との話に移ると、「竹内結子さんとは昔共演させていただいたことがあるので「お久しぶりです」というお話をしました。広瀬(アリス)さんや大野(拓朗)くんとは初めてだったので、僕が人見知りをして、あまり何も話せなかったですね(笑)また、共演のシーンが映画の最後のシーンだったので、僕もいっぱいいっぱいだったかもしれません。」と告白する山本さんに、宇高プロデューサーも「最後のシーンだったので難しかったですよね。でも僕から見ると、山本さんがそんなに人見知りをしてるって感じなかったです。」と撮影を振り返りました。

そこから、原作では旅の行き先は北九州ではなく北海道であることから、今回北九州をロケ地としてだけでなく、劇中の舞台にも選んだ経緯を尋ねられると宇高プロデューサーは「原作はもともと北海道に旅に行くのですが、撮影が寒い時期に行われることになって、猫のナナがいる撮影なので、ナナの負担を考えて、思い切って設定自体も九州に旅に行く、ということに変えました。ナナとの撮影も我々の思い通りには行かないですし、ケアしてあげないといけないので、負担やストレスをためないようにということを常に心がけて撮影していました。具体的には、俳優さんには個別の控え室がない状況でも、ナナだけには専用の控え室や待機部屋があるということがよくありました。ナナだけは個室でしたね。(笑)」とナナ・ファーストの撮影を振り返りました。

そこから猫好きの山本さんにもナナとのエピソードを尋ねると、「役的にはナナには好かれない役なんですけど、実際の撮影の空き時間にはナナの好きな猫じゃらしを借りて、遊びました。すごく人懐こい猫なので、助かりましたね。友達にも自分は猫っぽいって言われますね。」と猫っぽい山本さんがナナと遊ぶ時の様子も披露しました。

“役者猫”のナナの演技力を尋ねられると、「時々期待以上の表情をふっと出してくれる瞬間が撮影中何度もあって、その度にナナを選んでよかったなと思っていました。」と天才役者猫ナナのエピソードを披露。

そこから山本さんの幼少の頃の話に移ると、「ずっとこの仕事を始める前までは外にいることが多かったので、ずっと日焼けしていましたね。活発でした。田舎なので運動するしか暇つぶしがなくて。ずっとサッカーやっていましたね。」とスポーツマンであったことを明かす山本さん。そこから山本さん演じる幸介の役柄の話になると、「今までにない役なんじゃないかな、と思います。ビジュアルの作り方を含めて、新しい挑戦をしていただけたのではないかな、と思います。」と話す宇高プロデューサーに、山本さんは「撮影当時が21歳で幸介が20代後半なので、今まで演じてきた中で一番実年齢と離れている役で、しかも奥さんに逃げられているっていう役柄で、全てをイメージで作らなければならなかったので、難しいところでしたね。ほかの作品を観たり、インターネットで色々調べたりしましたね。でも最初に役がきたときはびっくりしました。」と話します。
宇高プロデューサーはそんな驚いたという山本さんへのオファー理由として「いつもオファーするときは何か意外性というか、この人がこんなことをやったら楽しいだろうなという期待を持ってもらいたくてオファーしているので、山本さんに関しても、ぜひチャレンジしていただきたいなと思いました。」とオファー理由を明かしました。

ここで、北九州市の北橋健治市長が登場し「『旅猫リポート』ファンの皆様よくお越しくださいました。日本を代表する作家有川浩さんの『図書館戦争』も北九州で撮影したのですが、この度『旅猫リポート』という本当に素晴らしい映画も北九州で撮影していただき、本当に嬉しく思っております。やっぱり動物と人が共生する社会を目指して行きたいものですから、大ヒットを心から願っております。北九州は映画の町であることから1万人近いエキストラの方々と映画の撮影をサポートしております。映画・ドラマ合わせて100本以上協力しております。菜の花のカーペットに福士蒼汰さんとナナがきていただき、本当に可愛かったです。」と挨拶。

北九州市は昨年発表された「住みたい田舎ランキング」で堂々1位を獲得し、さらに犬や猫にとっても、住みやすい街(致死処分ゼロ)を目指しており、北橋市長は「(致死処分の数は)確実にゼロに近づいております。なので本当に“にゃん”バーワンの町を目指しております。」と話しました。そんな北九州市の取り組みを聞いた宇高プロデューサーは「本当に素晴らしいなと思います。松竹も『旅猫リポート』を含めて動物の映画はたくさん作ってきていて、動物と人間の絆を取り上げた作品も作ってきました。こういった実際に結果を出しているお話を伺うと、もっともっと何かできることがあるのではないかと思いますし、全国に広がってほしいなと思います。」と自身の想いを語りました。

また、先日福士さんが登壇し北九州の小倉城にて行われた本作のスペシャルイベントではナナも登場。会場のモニターにはイベントの様子が映し出され、「沢山の市民の皆さんとマスコミの皆さんにお集まりいただき、“にゃん”バーワンで盛り上がりました。」とその様子を語った北橋市長。ここでなんと本日、この会場にもナナが登場。「ZOO動物プロ」の北村まゆみトレーナーは「好奇心がいっぱいであちこち歩きたい感じです。」とナナの今日の気持ちを代弁。

劇中では猫映画史上最高といっても過言ではない名演技を見せているナナですが、普段のナナについて北村さんから「やんちゃで自由な子です。」とその性格が明かされると山本さんも「本当に自由に歩き回っていましたね。」と賛同。「猫は場所にいつく動物なので、どこかに連れていかれるとなると、撮影なんだな、と意識していましたね。犬とは違って、おやつはおやつ、やったことはやったこと、と分けているので、やったことが褒められたからおやつ、という風には繋がらないんですね。」とナナの性格を北村さんが話すと、「スマートですね。」と山本さんは、「そうだったんですね、という感じです。トレーナー界のレジェンドの北村さん無しにはできない撮影でした。」と宇高プロデューサーが話しました。

ここで、主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)からスペシャルメッセージが到着!
「涼介、ナナ、イベント頑張ってますか?北橋市長、先日は北九州にお招きいただきありがとうございました。『旅猫リポート』は人と人との絆をつなぐ物語です。会場にお越しの皆さんもぜひ劇場でご覧ください!」とメッセージが語られました。メッセージを見た山本さんは「すごいナナが「聞いたことある声だ」って反応していたんで、やっぱりなんか2人の絆が見れて微笑ましかったです。」と話しました。

最後に、北橋市長が「この映画が大ヒットして、日本中で動物を大事にしようという風になっていただければなと思います。」と、続けて宇高プロデューサーから「福士や山本さん含めて出ていただいた皆さんのためにもヒットさせたいなと思います。この映画が少しでも北九州のアピールになれば良いなと思います。猫と人間の絆をこれまでにない形で描いた作品ですので、ぜひ動物好きな方だけではなく、そうではない方達にも見ていただきたいなと思います。」と、山本さんが「序盤から泣いちゃう映画なので、もう大きめのハンカチじゃないと足りないです。水分も取りつつ観てください(笑)人と動物の絆を感じられる作品ですので、インスタとかTwitterでも宣伝していただければな、と思います。」と会場のお客様へメッセージが送られ、大盛況のうちにイベントは終了しました。

最新情報

10/20(土)「KitaQフェス in Tokyo 2018」にて映画「旅猫リポート」のトークステージ開催!

ロケ地の一つともなった福岡県北九州市の魅力を東京で丸ごと体感できるイベント
<KitaQ(きたきゅう)フェス in Tokyo 2018>にて、「旅猫リポート」のトークステージが決定しました!

山本涼介さん、ナナ(猫)、宇高武志プロデューサー、が登壇して、北九州ロケの様子やナナとの撮影秘話をお話します。
どなたでもご参加頂けますので、お近くの方はぜひご来場ください!

映画『旅猫リポート』トークステージ in KitaQフェス
日時:10月20日(土) 12:15~12:45
会場:アーツ千代田3331(東京都千代田区外神田6丁目11-14) 2階体育館
登壇者(予定):山本涼介、ナナ(猫)、宇高武志プロデューサー
参加費:無料 ※事前のお申込みは不要です。

イベントの詳細はホームページへ
http://kitakyufes.jp/

※登壇者及びイベント内容は、主催者の判断により予告なく変更・中止となる場合がございます。

タイアップ

アイデム×「旅猫リポート」 プレゼントキャンペーン開催中!

地域密着型の求人サイト「イーアイデム」との映画公開を記念したプレゼントキャンペーンを開催中です。
希望のプレゼントを選択し、イーアイデムに会員登録すると、抽選で映画オリジナルグッズが当たります。
ぜひ、ご応募お待ちしております!

【賞品&応募期間】
ムビチケカード券10組20名様:2018年10月22日(月)まで
オリジナルQUOカード20名様:2018年11月25日(日)まで
オリジナルコースター30名様:2018年11月25日(日)まで

♦応募はキャンペーンページより
https://www.e-aidem.com/entame/tabinekoreport

最新情報

東武百貨店 池袋店にて開催中の「ねこ展」に、 山本涼介が登壇! 10/13(土)ねこ展イベントオフィシャルレポート

この度、映画公開を近くに控え、悟(福士蒼汰)の小学生時代の友人・澤田幸介役を演じた山本涼介が東武百貨店 池袋店にて開催中の「ねこ展」にてトークショーを行いました!
自身も大の猫好きであり、本作への出演が決まった際の気持ちや撮影時のエピソードなど、ここでしか聞けないエピソードが語られました。

山本涼介さんがステージへ登場すると、会場からは歓声が上がりました。山本さんは、集まったお客様へ「今日は、ちょっとでも猫ちゃんのことを知ってもらえたらいいなと思います。宜しくお願いします。」と、挨拶。

まず、本作へのオファーがあった際はどのような気持ちだったかという質問に対し「原作を読んだことがなかったので、どういう話なんだろうと思い原作を読ませていただいたのですが、もう涙が止まらなくて、猫ちゃんを飼っていたので感情移入しましたし、この作品を色んな人に観てもらえるように、そして作品の歯車になれるように頑張ろうという気持ちになりました。」と、当初の気持ちを語りました。

そして、自身が演じた澤田幸介という人物については「僕がまだ21歳(現在は23歳)の時に撮影をしていたのですが、幸介は既婚者で奥さんに逃げられている役で(会場笑い)。まったく体験したことがない設定だったので、イメージですべて役作りをしないといけなかったので大変でした。(幸介は)お父さんが一番で自分の意見が言えないような家庭で育って、大人になってからも気の弱いままで、ずっとヘラヘラしていて…。そういう部分は特に意識して演じました。」と、自身が演じた人物について語りました。
自身が演じた役に共感できる点については「僕も飄々としがちなので、そこは通ずるものがあるなと思いました(笑)」と語ると会場から笑いが起こりました。

続いて、撮影時の他キャストとのエピソードについて聞かれると「蒼汰君は事務所も同じで仲良くさせてもらっているので、空き時間はずっと話してました。スタッフさんとも話しやすい空気を作ってくれて、とても助けてもらいました。」と、主演で先輩の福士蒼汰の存在感を語り、「竹内結子さんは一度共演したことがあったので全然人見知りせずに話せたんですけど、広瀬さん、大野君とは思いっきり人見知りしてしまって最初はなかなか話せなかったんです(笑)」と、当時のエピソードを暴露。

また、主演猫のナナはセルカークレックスという種類の猫で「撮影時に初めてこういう種類の猫がいるんだというのを知りました。家で飼っていた猫がメインクーンっていう種類で、すごく色合いが似てました。出会った瞬間、すぐに心惹かれました。」と、ナナと自身が飼っていた猫についても語り、猫の一番の魅力を聞かれると「疲れてたり落ち込んでる時にスッと横にきてくれて、 横にいたらいいんだろ?みたいに一緒にいてくれるところがすごく好きで、普段は近くにこないくせにそういう時に限ってきてくれるツンデレみたいな所が猫の一番の魅力だと思います。」と、猫の魅力について語り、「小学生の時に家に帰ったらパソコンの箱があって、開けてみたら猫ちゃんが出てきたんです!」と、自身が飼っていた猫との出会いを披露すると会場からは驚きの声が。

そして、ナナの声を演じた高畑さんについては「気張りすぎない感じが本当に猫の発する声のようで、猫好きや動物好きな方にとっては、わかるなぁ!と思いながら観てもらえるかなと思います。」と、本作のナナの見所も語りました。

最後に、「本作は、人と人のつながりであったり、人と動物の絆というのをとても感じることのできる作品ですし、観終わった後にあたたかい気持ちになれる作品です。是非、ハンカチを持って劇場で観てもらえたらなと思っています。今日はありがとうございました!」と、お客様へメッセージを送り、大盛況のままイベントは幕を閉じました。

最新情報

北九州に福士蒼汰&ナナが凱旋! 小倉城で菜の花カーペットを闊歩! 10/13(土)凱旋イベント in 小倉城 オフィシャルレポート

この度、映画公開を近くに控え、主演の福士蒼汰が撮影ロケ地となった北九州に凱旋!
北九州が誇る小倉城でイベントを行いました。

天気に恵まれ秋晴れとなった10月13日(土)に、撮影ロケ地となった北九州に主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)が凱旋!
北九州が誇る小倉城にて凱旋イベントを行いました。劇中に登場する菜の花畑のシーンを模した、黄色い<菜の花カーペット>を通り、福士さんが入場。約500人のお客様が、そのカーペットをさらに彩るように黄色いアイテムを各々身に着け、福士さんを迎えました。

福士さんは「今日は本当にいいお天気のなか、ロケ地となった北九州、そして小倉城に来ることができ、とても嬉しいです!観覧にいらっしゃったみなさんは今日黄色いものを(ファッションの)どこかに取り入れていただき、ありがとうございます!」と爽やかに挨拶。
これに対して同じく登壇した、北橋健治北九州市長は福士さんに「映画の街、北九州へようこそ!おかえりなさい。(今日はお越しいただき)ありがとうございます!」と伝えました。そして北橋北九州市長の胸元には、劇中の菜の花畑もイメージした黄色いネクタイが!「今日は福士さんとナナが来るということで、作品をイメージした猫のネクタイをしてきました。」と話すと、福士さんも「むちゃくちゃかわいいじゃないですか!」と大興奮。さらに北橋北九州市長は「猫は大好きです。人間も犬も好きですが、やっぱり猫がニャンバー1(No.1)ですね!」と話し、「旅猫リポートもニャンバー1(No.1)ヒット間違いなしだと信じます!」と本作に太鼓判を押しました。

トークはここから本作の内容にシフト。
撮影ロケ地となった北九州の印象について聞かれた福士さんは、「映画『図書館戦争』の時にも撮影に来たことがあったので、それもあって北九州は映画の街だなと思います。食事もおいしいイメージですね!いろいろなところに連れて行ってもらった記憶があります。撮影時にはお寿司を食べに行きました!」と語りました。

撮影でナナとの初対面の印象について聞かれると、「犬を飼っていたことはあったのですが、猫は初めてで…。ナナが初めての猫というくらいだったのでどう接していいか最初はわかりませんでした。抱っこしていいのかな?とか…。ニャー!と怒らせないようにとにかく優しく触っていました。」と、先日10月8日に行った直前イベントでは、福士さんにべったりだったナナの様子から想像がつかないほど最初はコミュニケーションをとることに苦戦したことを告白。しかし現在は、「ナナと意思疎通ができるようになったと思います。ナナがとてもかわいくてかわいくて…猫派というよりナナ派です!」と改めて語りました。また、ナナを含め犬や猫も多く出演している本作。動物に対しては「ツンデレ」の「デレ」が10割という福士さん。「動物に接する時は、声が裏返って赤ちゃん言葉のようになってしまいます。『どうしたの~!』とか。」と告白。

さらに、ナナとの撮影時に大変だったことなどを聞かれると「(猫との撮影は)大変でしたが、大変さを感じることはなかったです。ナナは動物なので、台本どおりに動いてくれないこともありましたが、基本癒されていたので待てました。ケージから出てこなければいけない時なのに、なかなか出てこない時があっても、かわいいな~!と思っていました。」とナナを溺愛するエピソードが。
もし、ナナの心の声が聞こえるならどんなことを聞いてみたいか?という質問にも、「僕のことを覚えている?と聞いてみたいです。実際にナナが『ああわかるよ!もちろん!』と言ってくれたら嬉しいな」と語りました。北九州の撮影でよかったところを聞かれると、「予告編でも使われているシーンで虹が見えるシーンがありますが、それは北九州でのシーンです。この景色もきれいでしたが、北九州はどこの景色もきれいだな、という印象でした」と話しました。

トークの後、フォトセッションとなるとスペシャルゲストとして主演猫・ナナも登場!

観客からは「かわいい~!」の歓声が。福士さんはナナに対して「ナナ~緊張してる?大丈夫?」と問いかけ、観客にも「ナナは緊張してなさそう、ご機嫌ばっちりそうです!」と伝えました。
最後に、「(本作は)人のやさしさや、心のあたたかい部分が見える映画だと思います。それを感じてもらえると嬉しいです。北九州もあたたかい街だし、あたたかい人が多いなと思います。また何度も来たいと思います!」と挨拶し、大歓声のイベントは終了しました。

最新情報

クラシアン×「旅猫リポート」 鑑賞券のプレゼントキャンペーンを開催!

安くて・早くて・安心!水のトラブルを解決するクラシアンは、日頃のご愛顧に感謝し、映画「旅猫リポート」の鑑賞券を抽選で、50組100名様にプレゼントするキャンペーンを開催します。

応募は、クラシアン公式Twitterアカウントをフォローして、コラボ企画のツイートをRTするだけ!
たくさんのご応募お待ちしております!

【応募期間】
2018年10月11日(木)12:00 ~ 2018年10月26日(金)23:59

【賞品】
映画「旅猫リポート」映画鑑賞券 50組100名様

◆応募はキャンペーンページより
https://monipla.com/qracian/page/tabineko

最新情報

公開記念舞台挨拶実施決定!!

10月26日(金)に初日を迎えます映画『旅猫リポート』におきまして、その公開を記念し、キャストによる舞台挨拶を行うことが決定いたしました!!
いずれの上映会にもご参加には専用のチケットが必要となります。
実施日時・劇場・登壇者がそれぞれ異なりますので、下記詳細をご確認の上、お買い求めください。

■舞台挨拶詳細■

【実施日】 10月26日(金)==========

【実施劇場】 丸の内ピカデリー(https://www.smt-cinema.com/site/marunouchi/
【実施時間】 18:30の回上映前 【Pコード:559-112】
【登壇者】 福士蒼汰、高畑充希、竹内結子、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、三木康一郎監督、ナナ(予定・敬称略)

※登壇者は、予告なく変更となる場合がございます

【実施日】 10月27日(土)==========

【実施劇場】 新宿ピカデリー(https://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/
【実施時間】 8:30の回上映終了後  【Pコード:559-113】
【登壇者】 福士蒼汰、ナナ、山本涼介、三木康一郎監督(予定・敬称略)

【実施劇場】 ユナイテッド・シネマ豊洲(http://www.unitedcinemas.jp/toyosu/index.html
【実施時間】 10:10の回上映終了後  【Pコード:559-114】
【登壇者】 福士蒼汰、ナナ、山本涼介、三木康一郎監督(予定・敬称略)

【実施劇場】 イオンシネマ幕張新都心(https://www.aeoncinema.com/cinema/makuhari/
【実施時間】 12:30の回上映終了後  【Pコード:559-116】
【登壇者】 福士蒼汰、ナナ、山本涼介、三木康一郎監督(予定・敬称略)

【実施劇場】 京成ローザ⑩(http://www.rosa10.net/pc/p010000.php
【実施時間】 14:10の回上映終了後  【Pコード:559-117】
【登壇者】 福士蒼汰、ナナ、山本涼介、三木康一郎監督(予定・敬称略)

※登壇者は、予告なく変更となる場合がございます

===================

【チケット料金】 通常席:2,000円(税込)均一
※ユナイテッド・シネマ豊洲のみプレミアペアシート6,400円(2名)の販売あり

【チケット販売】 「チケットぴあ」にて販売
※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様4枚までとさせていただきます。

【販売スケジュール】
◆先行プレリザーブ(先行抽選販売受付)
10月12日(金)AM12:00~10月15日(月)AM12:00まで
・インターネット購入:http://w.pia.jp/t/tabineko-movie/ ※PC・モバイル共通
※抽選は、10月17日(水)18時(予定)となります。
(10/15(月)中シアター決定及び座席確定)
(10/16(火)座席登録・確認)
(10/17(水)抽選、18時当落発表、引き当て通知)
(10/18(木)〜10/19(金) 入金)
※インターネットのみでの受付となり、受付の際、ぴあへの会員登録が必要となります。
◆一般発売
10月20日(土)AM10:00~
・インターネット購入:http://w.pia.jp/t/tabineko-movie/ ※PC・モバイル共通
・店頭直接購入:「チケットぴあ」店舗/サークルK・サンクス/セブン-イレブン
・電話予約:0570-02-9999

===================

【注意事項】
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※ムビチケカードはご使用いただけません。
※特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等)・各種招待券は、ご使用いただけません。
※ご購入の際には、各種手数料がかかります。詳しくはご購入の際にご確認ください。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売目的でのご購入は固くお断りいたします。チケット券面記載の「当選者様氏名(申込み登録された氏名)」と「身分証明書」を確認させて頂く場合がございます。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。
保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

最新情報

「旅猫リポート」舞台挨拶付上映会決定!

10月18日(木)下記劇場にて、舞台挨拶を開催します!
ぜひふるってご参加ください!

【舞台挨拶のチケット購入方法】
10月18日(木)の舞台挨拶は、全席指定制となります。
この座席指定券は、<チケットぴあ>のみの販売となります。

※お席はお選びいただけません。※チケットの販売は、お一人様2枚までとさせていただきます。

【実施日時・会場】 
・2018年10月18日(木)
なんばパークスシネマ 18:00~の回 上映後
<Pコード:559-110>

【登壇者】
福士蒼汰
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。

【料金】
全席指定 
一般2000円   

【チケット販売方法】
【一般販売】
10月13日(土)10:00~
<一般発売に関する注意事項>
●お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくはインターネットでお求めいただけます。
●チケットの販売はお一人様2枚までとさせていただきます。
●お席はお選びいただけません。
●チケット料金に別途販売手数料がございます。あらかじめご了承ください。

■インターネット購入
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/tabineko-movie/

■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブンーイレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】

●チケット購入に関するお問合わせは、
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/ までお願い致します。

≪その他の注意事項≫
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※上映途中でのご入場はお断りしております。
※全席指定となります。座席指定券をお持ちでない方はご入場いただけません。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※当日は、マスコミ・メディアの撮影が入ります。その際、お客様が写真・映像等に映り込む可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

最新情報

福士蒼汰、主演猫ナナに終始デレデレ! さらに、映画史上初!猫のナナと大ヒット祈願 10/8(月)公開直前イベントオフィシャルレポート

この度、映画公開を近くに控え、主演の福士蒼汰が映画史上初となる主演猫のナナ(猫)と一緒に、勝負事に強い江戸総鎮守である神田明神にて大ヒット祈願を行いました!
また、猫の行動や心理、特性に精通し、猫の行動心理学の専門家である猫学者・高野八重子を特別講師にお迎えし、『旅猫リポート』特別講義イベントを実施!
前野朋哉さんも加わり、福士さんとともに猫の深層心理について学びました。映画の見どころとなっているナナが魅せる表情や演技など、ここでしか聞けない撮影時のエピソードが語られました!

<ニャるほど!特別講義>

会場には猫を実際に飼われている飼い主さんが集まり、主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)、前野朋哉さん(悟の中学校時代の友人・吉峯大吾役)と、猫研究の第一人者・ 高野八重子(たかの・やえこ)先生が登壇。高野先生を講師に迎え、猫の深層心理を理解する講義が行われました。

集まったお客様へ「今日は猫についてお話を聞けるということで楽しみです。」と福士さんから挨拶があり、続けて「7つ歳が離れていますが悟の同級生役を演じました。今日は高畑さんじゃなくてすみませんでした。(笑)」と会場の笑いを誘った前野さん、そして高野先生も「映画を拝見しましたが、悟さんとナナちゃんのコンビが素晴らしくて、涙が止まりませんでした。みなさん感動する映画だと思いますので、是非観ていただきたいです。」と作品への思いを語りました。

まず、映画の撮影やプロモーション活動でナナと一緒にいる時間が多い福士さんへ、今の猫の気持ちの理解度を聞かれると「撮影の時もずっと一緒にいたので、人との共演シーンよりもナナとの撮影が多かったし最近もプロモーションで毎日も会っているので可愛くて仕方ないですね。この映画の撮影で初めて猫とちゃんと触れ合ったので最初は不安でしたが、ナナがいい子で助かりました。」とナナとの様子を明かしました。また、劇中で子猫との触れ合いがあった前野さんは「僕は犬派なんですが(笑)、今日は猫のこともっと知りたいと思ってきました。猫は昔少し育てていた時期もありました。」と自身の猫の思い出を語りました。

ここで、会場に集まった実際に猫を飼っているお客様の中から、猫に関する疑問・質問が。

最初の質問は、最近猫を飼い始めたという方から、猫が喜んでいる、甘えている時の行動・しぐさについて。
これについて高野先生から、①のどをゴロゴロ鳴らす②体をスリスリとこすりつけてくる、という猫の代表的な喜ぶ表現が二つあげられました。その話を聴いた福士さんは「ナナの方に手を伸ばしたりした時に、手にスリスリしてきてくれたり、ゴロゴロと鳴いているのが聞けて、それがすごく嬉しかったことがありました。僕にとっても癒しでした。猫派というよりナナ派です。」とナナとのエピソードを披露。さらに、「ナナは毛並みもくりっとしててめちゃめちゃ可愛いんですよ。 、、(前野さんを見て)彼の毛もくりっとしてますね。ちょっとゴロゴロ言ってみて(笑) 」と前野さんに振ると、前野さんも「ゴロゴロ〜」と猫の声真似をして会場は大盛り上がり。

続いて、ツンデレな印象が強い猫は、人間に対してヤキモチを妬くことがあるのかどうか、という質問。
これに関して高野先生は「猫はヤキモチや嫉妬をしやすい生き物です。猫によってその差はありますが、特に子猫の時から飼い主と一緒に過ごしており、飼い主を母親のように慕っている場合は嫉妬しやすい傾向にあります。猫は人間の脳に似ていて、人間のように悲しんだり、喜んだり、そして時にはヤキモチや嫉妬をすることもあるのです。」と、猫の知られざる意外な性質を明かしました。すると福士さんが「親しい仲だったらツンが8割・・親友とか家族に対してだと、そっけなくなることもあるし、でもたまにデレたりもします。僕は猫タイプだと思います。」と明かし、前野さんも「僕はツンツンしないで、犬みたいにクンクンしてます。10割クンクンです!」とそれぞれ自身の親しい人へのツンデレ度合について語り会場を盛り上げました。

最後は、自由な猫を見ていて自分も猫になりたいと考えてしまうというお客様より、自分が猫になれたとしたら何をしたいか聞かれ、「外に出たいし、常にジャンプしていたい!ナナも予想外の動き方をよくするんです。あの猫の身体能力を体験してみたいですね。」、と福士さんがその願望を語り、前野さんは「猫の社会でやっていけるようにボスに挨拶に行きます。そのあとで交友関係を深めていきたいですね。猫になっても誰かにデレていたい。」と話しました。

そして、高野先生の講義を通じて猫の深層心理を学んだお二人に、どれだけ猫の気持ちを理解しているかを検証!ということで、主演猫・ナナが登場し、どちらがナナの気を引けるか仲良く遊べるかを対決!

しかし、登場するや否や、福士さんにべったりなナナの様子を見て「これ勝ち目ないじゃん・・」と思わずこぼす前野さん。
初対面の前野さんが抱っこしようと試みるも、ナナからは強烈な猫パンチが炸裂!一方福士さんに抱かれると安心したようにじっと腕の中に収まるナナでした。どちらがナナの気を引くのが上手だったか、結果は一目瞭然でしたが、最終的に高野先生よる判定も「福士さんと息ピッタリですね。ナナも優しい目をしていて、気持ちを許しています。これは福士さんが圧勝ですね!」と、改めて専門家から見ても確かなナナと福士さんの信頼関係が明らかになりました。「一緒にいる中で、いろいろとナナのことがわかってきました。一緒にいればいるほど仲良くなっていけるのが猫の魅力だなと思います。」と福士さんも嬉しさ込めてを語りました。

最後に、前野さんから「猫がたくさん出てくる作品です。映画を観れば猫のことをさらに愛せると思います。どんどん感情が猫よりになっていく感覚が不思議でした。猫パンチを受けた感想は、悪くなかったです。(笑)」とコメント、続けて、福士さんから「猫ちゃん好きや動物好きの方にはもちろん、まだ動物と触れ合ってこなかった方わからない方にも観ていただきたいです。人間の心を映した映画だと思うので、ぜひ劇場で楽しんでください。」とお客様へメッセージが語られ、大盛況のままイベントは幕を閉じました。

<大ヒット祈願イベント>

福士さんと主演猫のナナ(猫)が、勝負事に強い江戸総鎮守である神田明神にて大ヒット祈願を行いました。

猫と一緒に御祈祷イベントは映画史上初!御祈祷後、福士さんによる直筆の特製絵馬を持って、実際に御祈祷に参加された神職さんと巫女さんも含めたフォトセッションが行われた後、ナナと共に祈祷をしたばかりの福士さんは「御祈祷は厳かな雰囲気の中、心が清められました。ナナは最初、初めての場所に興味津々な様子でしたが、次第にリラックスして祈祷を終えることができました。」とナナの様子も踏まえその感想を語りました。

そして、自身の勝負運を上げることについて聞かれると「日々の努力をしている人が運をつかめると思います。運はいつも誰の前にもあって、それをつかめるかどうかは、その人がこれまで準備をしてきたかどうか。なので僕は勝負運を掴めるよう、いつも準備しているようにしています。」とその強い思いを明かしました。
また、御祈祷をされた神職さんは大の猫好きだそうで、「観たらきっと泣いてしまいますね。」と話し映画に期待を寄せました。
最後に、「僕にとって特別な作品になりました。猫好きな方、動物好きな方、それ以外の方にも観ていただきたいと思います。人と人の心を繋げる、そんな心を描いた作品なので是非映画館でそれを感じていただきたいです。」とメッセージが送られイベントは幕を閉じました。

タイアップ

映画「旅猫リポート」ねこ展への出店が決定!

ねこをモチーフにしたアート作品からアパレル、雑貨まで、ねこグッズが集まるイベント「ねこ展」に、映画「旅猫リポート」が出店致します!

劇中シーンのパネル展やグッズ販売をおこないます。
更に、ナナの写真撮影会や猫好き若手人気俳優・山本涼介さんのトークショーを開催!
映画の撮影秘話やねこ愛を語って頂きます!
ねこ好きの方もそうでない方にもご満足いただける楽しさ満載のイベントです。
ぜひ、皆様のご来場をお待ちしております。

・イベント詳細
10/11(木)13時~「ナナ」撮影会 (着席指定30名)
主演猫・ナナと動物トレーナー北村まゆみさんが来場。
撮影の裏話を聞けるトークイベント・撮影会をおこないます。
※撮影のカメラやスマートフォンなどをご持参ください。
※ナナの体調などにより、中止の場合がございます。

10/13(土)12:00~12:30 山本涼介さんトークイベント (着席指定30名)
猫好きの若手人気俳優が、映画の撮影秘話やねこ愛を語ります。
※13日(土)開店より、会場内にて着席整理券を配布いたします。
※着席整理券の希望者多数の際は、10:00~10:15までに会場内でお並びいただいた方で抽選をおこないます。

ねこ展に関する詳細はこちら
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/1697
Tel:03-3981-2211(代表)

タイアップ

~映画「旅猫リポート」公開記念~ 「東京さくらトラムお子様縁日」を実施!

東京都交通局とタイアップし、「2018荒川線の日」記念イベントに合わせて「東京さくらトラムお子様縁日」を実施します。

【日時】
平成30年10月21日(日)10時から13時まで
※会場への最終入場時間は12時45分です。

【場所】
荒川電車営業所(「2018荒川線の日」記念イベント会場内)
東京さくらトラム(都電荒川線)「荒川車庫前」下車すぐ
※会場には駐車場、駐輪場はありません。ご来場の際は東京さくらトラム(都電荒川線)をご利用ください。

【イベント内容】
(1) オリジナルステッカーの配布
ご来場された方、先着500名様に映画『旅猫リポート』のオリジナルシールをプレゼント。

(2) ゲームで景品をプレゼント
ゲーム(ボールころがし、輪投げ)にクリアすると以下の景品をプレゼント。
●映画『旅猫リポート』映画観賞券、ポスター、プレス、原作本 各5名様 合計20名様
●東京さくらトラムグッズ、日暮里・舎人ライナーグッズ 計30名様
※大人の方もご参加いただけます。
※ゲームへの参加はお一人様1回限りです。
※事前の予告無く変更する場合があります。

(3) 映画『旅猫リポート』記念撮影
映画『旅猫リポート』スタンドパネルでナナと撮影ができます。

――――――――――――――――
【お問い合わせ先】
都営交通お客様センター:03-3816-5700(9時から20時まで 年中無休)

タイアップ

料理教室・ホームメイドクッキングとコラボパン講座の開催が決定!

全国で料理教室を展開するホームメイドクッキングと映画「旅猫リポート」のコラボパン講座を開催します。
世界に一つだけ!あなただけのオリジナル猫パンを作ってみてください!
猫好きの方はもちろんのこと、多くの方に楽しんで頂ける特別講座です。

開催期間:10月1日(月)~10月25日(木)まで

また同時に、「Instagram投稿キャンペーン」も実施します!
抽選で、映画鑑賞券や映画オリジナルグッズをプレゼントします。

詳細は、下記よりご確認ください。
https://homemade.co.jp/campaign/archives/x_once178.htm

タイアップ

映画「旅猫リポート」のマスコットキーチェーン展開が決定!

映画のメインキャラクター“ナナ”をイメージしたマスコットキーチェーンが、各地のゲームセンターに登場予定です。
導入店舗の詳細は、下記のリンク先より確認ください。

http://fansclub.jp/pc/event/detail/000249

・アミューズメント専用景品(非売品)
・すわり「抱っこは3秒」、よこむき「カリカリよこせ」、うつぶせ「お触りNG」(全3種)
・サイズ:高さ約10cm
・10月2週から順次登場予定
※導入のタイミングは店舗によって異なります。詳細は各店舗にお問い合わせください。
※景品は無くなり次第終了となります。ご了承ください。

最新情報

福士蒼汰「自分の作品を観て初めて泣いてしまった」9/25(火)完成記念プレミアイベントオフィシャルレポート

この度、10月26日(金)の全国公開に先駆け、本日9/25(火)に監督・キャストが勢揃いし完成記念プレミアイベントが行われました!

カーペットセレモニーでは、メインビジュアルにある菜の花畑をイメージしたイエローカーペットを主演の福士蒼汰がナナ(猫)を抱き登場、高畑充希による生アテレコも披露されるなど、豪華共演者達による撮影裏話がたっぷりと語られました。

<カーペットセレモニー>
会場となる大階段には、劇中に登場する菜の花畑をイメージした黄色いカーペットがあしらわれ、「ほらサトル、みんなお待ちかねなんだから、行くよ!」と、ナナの掛け声を合図に登場した、主演の福士蒼汰さん(宮脇悟役)、(福士さんに抱きかかえられ)猫のナナ、竹内結子さん(香島法子役)、広瀬アリスさん(杉千佳子役)、大野拓朗さん(杉修介役)、山本涼介さん(澤田幸介役)、三木康一郎監督。

福士さんより「可愛い猫・ナナと一緒に良い映画が作れました!」と会場に集まったお客様へ挨拶があると、続けて、悟の叔母・法子を演じた竹内さんからは「福士さん演じる悟をそばで支える法子を演じました。横でそわそわしているナナを見て気が気じゃないですが(笑)今日は楽しんでください。」とコメント。そして、メインキャストである猫のナナにマイクが振られると…「吾輩はナナである。ま、今日はみんな最後まで楽しんでってくれよ」とお馴染みナナの声と共に、ナナの声を担当した高畑充希さんが登場!会場には黄色い歓声が。「今裏でしゃべってました(笑)初めて生ナナちゃんに会えて嬉しいです。」とナナとの対面を果たし歓喜のコメント。

登壇者が揃い、話は映画撮影中のエピソードについて。本作で猫のナナとのシーンが多かった福士さんは、「ナナは本能で動くので僕も本能でお芝居をしていました。」とナナとの撮影の思い出を語り、撮影後、完成した作品を観て「今回自分が出演している映画を観て、初めて自分で泣いてしまって。いつも現場のことを思い出したり、自分のお芝居が気になったりしてしまうのですが、この映画で初めて自分の作品を客観的に観ることができました。僕がお芝居で泣いているシーンを観ていて、自分で泣いてしまいました。涙が自然に溢れてきて不思議な感覚でした。」とその感想を話しました。

また、ナナの声を担当した高畑さんは「作品自体が少しセンチメンタルな要素もあるので、ナナだけは感情的にならず良い意味でドライに、そして、魅力的なナナの表情に合わせて声を入れました。」とナナを演じた際の想いを語り、竹内さんは「ナナが本当に本能で動く、猫らしい仕草が可愛くて。ナナのおかげでほんわかと穏やかな現場でした。楽しかったです。」と撮影当時を振り返りました。

そして、本作では悟の高校の同級生・千佳子を演じた広瀬アリスさん。ご自宅では犬を飼っているということで、「もうより一層愛情を注いでいます。一番愛してるよ!と声を掛けて、写真を撮って!」と本作に出演し、以前よりもさらに動物と人間の絆を実感している様子。千佳子と同じく悟の同級生である修介を演じた大野さんは、これまでも有川浩さん原作の映像作品に出演していることから「有川先生の作品の中でも、この作品は小説から大好きでその度に泣いて…台本読んでも泣いて、映画見て泣いて…たくさん涙しますが、優しくて暖かい作品なので、綺麗な涙を流して日々の疲れを癒せる作品です。」と有川浩さんの作品ならではの魅力をたっぷりと語りました。

さらに、自身も猫好きだという山本さんは、本作では悟の幼少期からの友人で、子供の頃から飼い猫に深い愛情をかけてきた悟をよく知る幸介を演じました。そんな山本さんから見た撮影中の福士さんとナナの様子を「僕も生まれた頃から猫が近くにいて。なのでナナが何考えているかわかっているつもりです(笑)。蒼汰くんとナナの関係性はお互いが信頼しあってるようで、ナナもリラックスしてて良いコンビだなと思って見てました。蒼汰くんに抱っこされていると大人しくて。」と、二人の抜群の相性を明かしました。

最後に、三木監督から「今回有川先生から猫を中心とした撮影をとご要望があり、猫シフトな現場でした。役者としてのナナは素晴らしい表情もするし良いところもたくさんありましたが、たまに猫らしく気ままな一面もありました(笑)。」と撮影中のナナの様子を話しました。すると大野さんも「頻繁に有川先生が現場にいらしていて、先生が率先してナナをあやしたり、雨の中ずぶ濡れになってナナをケアされていました。」と、キャスト・スタッフ一丸となってナナを一番に想う、そんな暖かい撮影現場を思わせるエピソードが披露されました。

<プレミア試写会舞台挨拶>
MCの呼びかけで満員の会場に登場した監督とキャスト。

主演の悟を演じた福士蒼汰さんから「悟を演じました。最近アクションばかりだったんですが、今回、久しぶりに優しい青年を演じらて楽しかったです。ぜひ楽しんでください。」と挨拶がされると、映画をいち早く観ようと集まった観客からは盛大な歓声があがりました。続けて、悟の相棒、猫・ナナの声を担当した高畑充希さんから「今回は声ということで、猫喋ってます。今日共演者のみなさんとは初めてお会いました(笑)。実際の猫のナナにも会えて嬉しかったです。」とコメント、悟を見守ってきた親戚の叔母・法子を演じた竹内結子さんからは「皆さん観ていただきましたら、動物や、ご自身のペットが愛おしくなると思います。そんな風に楽しんでください。」とそれぞれ今日を迎えた想いが語られました。
さらに、悟の高校時代の友人で、動物を愛する千佳子を演じた広瀬アリスさんからは「撮影したのがだいぶ前だったので、やっと皆さんに観ていただけるのが嬉しいです。」、同じく悟の高校時代の友人で、今は千佳子と結婚し一緒にペンションを経営している杉修介を演じられた大野拓朗さんは「皆さん、今日バスタオル持参してます?ハンカチじゃ足りないですよ。優しくて暖かくて、綺麗な涙を流せる作品です。楽しんでください。」と、茶目っ気たっぷりに挨拶がされました。そして、悟の小学生時代の友人で、幼少期に悟が猫を飼うきっかけを作った、幸介を演じられた山本涼介さんは「たくさん泣いて心を洗ってもらえたらと思います。」と語り、本作を手掛けた三木康一郎監督は「僕の見た目とは正反対に優しい映画になりました(笑)。」とコメントし会場の笑いを誘いました。

話題は映画について。猫好きな心優しい青年・悟を演じられた福士さんは「悟は優しい青年なので、なぜそんなに優しい青年なのか、彼が生きてきた境遇を紐解いて演じていくことを心がけていました。ナナとの初対面は、これまであまり猫ちゃんと会うことがなかったので、初めは接し方がわからなかったんです。でも監督がそれを見て、その感じが良いと言ってくださったので、役に自分を投影したりもしました。」と悟を演じるにあたり撮影時を振り返り語りました。

また、本作で実写の猫の心の声を演じた高畑さんは「最初はどうしようと思いました。猫の声をやりませんかと言われて、色々わからないけれど楽しそうで、台本読んだら暖かい話しだったので、是非にと参加させていただきました。猫がどんな感じで話すのか、わからなかったんですが、とにかく映像の中のナナがいい顔をするので、この顔だったらこんな風に話すかなと想像して、近づけるように頑張りました。ナナも不機嫌そうな顔していることが多くて、それがまたとても良かったです。名俳優でした。」とナナへの称賛を贈り、自身の役へ挑戦した気持ちを明かしました。そんな高畑さんの声で話すナナを最初に見た印象を「最初、猫しゃべった!と思ってびっくりするんですが、いつの間にか馴染むんです。とても自然で声がナナにマッチしていて、高畑さの声の力でした。」と見事なナナの心の声について語る福士さん。

また、猫が少し苦手な設定である法子を演じた竹内さんは「私は猫は大好きで、でも法子は猫が苦手な役だったので不用意に近づかないように、少しずつ距離を縮めていきました。でもやっぱりふとした瞬間、ナナの可愛さに心を奪われそうになるので必死に目を合わせないようにと意識しました!」と当時のナナとの撮影中のエピソードを話しました。
そして、劇中では、高校時代の回想シーンを含め福士さんと三人のシーンが多かった広瀬さんと大野さん、「制服は福士さんが一番馴染んでました。よく着られてるし。」と広瀬さんのコメントに、「僕ダントツで年齢が上なので、制服はないでしょうと思ってたんですけど、本編は高校生に見えてます!広瀬さんは大人びているからコスプレ感があったんですけど(笑)。」と今年30歳だという大野さんとの掛け合いは、劇中同様、お互いの仲の良さを感じさせ会場も大いに盛り上がりました。その高校時代のシーンについて福士さんは「すごく好きなシーンです。淡い青春のシーン、注目してください。」と観客へメッセージを送りました。

さらに山本さんからは「僕はナナに怒られるシーンがの撮影がありました。猫大好きなんで、お芝居とわかっていても、ナナを怒らせることをするのが心苦しかったです。かわいそうで。僕優しいから(笑)。」、と撮影時の思い出を吐露。
そして、有川浩さん原作の映画を手掛けたのが二本目である三木康一郎監督は「先生には猫を中心にということで撮影現場を組んでいました。ナナを見つめながら進めていました。」とナナと一緒に作っていった作品へ込めた想いが語られました。
最後に、福士さんより全国で本作の公開を楽しみにされている方たちに向けて、「人の繋がりと、人と動物との繋がりが見える作品です。優しくて暖かくて、観ていて気持ちが朗らかになります。心と心が繋がる瞬間を体感してください。」と締めくくり、大盛況のままイベントは幕を閉じました。

最新情報

期待or感想ツイートで福士蒼汰さんとナナの必見すぎる“SNS限定映像”が届く! 【#旅猫感想リポート】キャンペーン!

映画『旅猫リポート』の公開を記念して、ハッシュタグ【#旅猫感想リポート】を付けて本作への期待や感想をツイートすると、福士蒼汰さんとナナの特別映像が届く【#旅猫感想リポート】キャンペーンを実施中!

さらに運良く、福士蒼汰さんとナナがサインをしている特別映像が届いた方には、映像でサインしていたものと同じ【福士蒼汰さん&ナナのサイン入り原作本】をプレゼントします!

キャンペーン参加は簡単!映画『旅猫リポート』公式Twitter(@tabineko_movie)をフォローしてから、【#旅猫感想リポート】を付けて感想または期待のコメントと一緒にツイートするだけ。

公式Twitterアカウントから、福士蒼汰さんとナナの特別映像がTwitter上のメンション(@返信ツイート)にてお届けします。なお、リツイートではキャンペーンご参加は出来ないほか、メンションは1日で自動消滅するので、見逃さないようご注意ください。

【期間】
2018年9月25日(火)~11月30日(金) ※1日1回参加できます。

【応募方法】
1. 映画『旅猫リポート』の公式Twitterアカウント(@tabineko_movie)をフォロー!
2.【#旅猫感想リポート】のハッシュタグを付けて感想・期待をツイート!公式から福士蒼汰さんとナナの特別映像をメンションでお届けします。

特別映像は数パターンあります。その中で、福士蒼汰さんとナナがサインをしている特別映像が届いた方には【福士蒼汰さん&ナナのサイン入り原作本】をプレゼント!

【当選発表について】
※当選された方には、当選の翌日中に映画『旅猫リポート』の公式Twitterアカウント(@tabineko_movie)よりダイレクトメッセージにてご連絡させていただきます。メッセージを受け取れるよう設定をお願いいたします。
※当選された方で、登録内容に不備や誤りがあった場合、また2018年12月9日(日)までに発送先情報の登録がない場合等で、賞品をお届けできない場合は、当選を無効にさせていただく場合がございます。
※賞品の発送は2018年12月を予定しております。諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。

【注意事項】
※参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合はキャンペーン参加とみなされませんのでご注意ください。
※福士蒼汰さんとナナの特別映像の返信は、1日1回となります。
※アクセス集中や環境などにより、返信に時間がかかる場合、もしくは返信が届かない場合がございます。ご容赦ください。
※引用リツイート、およびリツイートはキャンペーン参加となりませんのでご注意ください。
※リツイートより24時間経過しても返信が届かない場合、大変お手数ですが、映画『旅猫リポート』公式Twitterまで、DMでお問い合わせ下さい。
映画『旅猫リポート』公式Twitterはこちら>>

※本キャンペーンは、映画『旅猫リポート』公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
※インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
※本キャンペーンはTwitter社とは関係ございません。
※本キャンペーンは他社サービスが提供するAPIおよびシステムを利用しております。そのため当社に起因しない事由によって障害やエラーが発生する可能性があります。

最新情報

旅猫ニャンペーン、9月26日よりスタート!

原作本と一緒に写真を撮って応募!
#旅猫ニャンペーン を実施いたします。

原作本と一緒に写真を撮影し、ハッシュタグ「#旅猫ニャンペーン」とともにTwitterもしくはInstagramで投稿しよう!抽選で22(にゃんにゃん)名様に、猫のおやつ1年分をプレゼント!

■参加方法
①公式Twitterまたは公式Instagramをフォロー
②ハッシュタグ「#旅猫ニャンペーン」をつけて、原作本と一緒に撮った写真をTwitterまたはInstagramに投稿しよう!

<応募期間>2018年9月26日(水)~10月26日(金)
※お1人様何回でもご応募可能です
※必ず公式アカウントをフォローしてください
※当選者の方には本キャンペーン事務局よりダイレクトメッセージをお送りいたします

<注意事項>
※お1人様何回でもご応募可能です。
※出演者・著名人へのメッセージや、第三者への誹謗、中傷を含む投稿は掲載いたしません。
※映画『旅猫リポート』製作委員会の判断によって、掲載をみあわせていただく場合もございます。
※投稿者と関係ない個人の情報が特定されるような写真にならないようご注意ください。また投稿いただいた写真に人物が写りこんでいる場合は、投稿者本人の責任において事前に承諾を得た上で投稿してください。尚、撮影者の著作権、被撮影者の肖像権の権利侵害等、掲載された写真の使用にあたって何らかの責任問題が発生した場合は、投稿者が一切の責任を負うこととします。
※特定の企業・個人・宗教・思想等の宣伝告知等にならないようご注意ください。
※ご投稿いただいた写真の著作権は、映画『旅猫リポート』製作委員会に帰属するものとします。
※応募内容に不備があった場合は、抽選の対象外となります。
※本キャンペーンのためご応募頂いた内容は、映画『旅猫リポート』のプロモーションのために様々な用途で使用する場合がございます。使用の有無に関するお問い合わせにはお答え出来ませんので、あらかじめご了承ください。
※応募頂いた内容は、映画『旅猫リポート』のプロモーション(SNSでの掲載、広告物、映像配信、DVD、二次利用を含む)以外では使用致しません。
※応募頂いた内容は、第三者の権利を侵害することのないようお願いします。第三者と紛争が生じた際は、応募者自身の責任によって解決していただきます。
※応募頂いた内容や掲載の有無、審査結果などの個別のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
個人情報取り扱いについて
※ご提供いただいた個人情報は、松竹株式会社が管理し、松竹株式会社の個人情報の保護に関する法律ならびにこれに関連する法令およびガイドライン等を遵守し、細心の注意を払って取り扱いいたします。
※応募時にご提供いただいた個人情報は、本キャンペーン応募者からプレゼント当選者を選定し賞品発送のためにのみ使用いたします。
※保有を継続する必要がなくなった個人情報は、適切な方法により消去し、または情報が記録された媒体を安全な方法で廃棄します。
※ここに記載のない事項につきましては、松竹株式会社が制定する「個人情報保護方針」の規定に従うものとします。
※Twitterは米国およびその他の国におけるTwitter, Inc.の商標または登録商標です。
※本キャンペーンは映画『旅猫リポート』製作委員会が主催し、Twitter, Inc.とは一切関係がありません。
※Twitter, Inc.が提供するサービスに不具合が発生した場合、映画『旅猫リポート』製作委員会では責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
※Instagramは米国およびその他の国におけるInstagram, LLCの商標または登録商標です。
※本キャンペーンは映画『旅猫リポート』製作委員会が主催し、Instagram, LLCとは一切関係がありません。
※Instagram, LLCが提供するサービスに不具合が発生した場合、映画『旅猫リポート』製作委員会では責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。

最新情報

「旅猫リポート」公開記念! 舞台挨拶付き特別先行上映会(福岡)開催決定!!

この度、映画「旅猫リポート」の公開を記念して、作品のロケ地ともなった福岡にて舞台挨拶付き特別先行上映会を実施いたします。
主演の福士蒼汰さんとナナが公開直前の福岡を盛り上げます!みなさま、この機会にふるってご参加ください!

※※※完売いたしました!※※※※

【会場・時間・登壇者 ※敬称略】 

■日程:10月13日(土)
●T・ジョイリバーウォーク北九州
10:30の回 上映終了後 舞台挨拶
登壇者(予定):福士蒼汰、ナナ(猫)
劇場ホームページはこちら▼
http://kinezo.jp/pc/t-joy_kitakyushu

●T・ジョイ博多
19:00の回 上映前 舞台挨拶
登壇者(予定):福士蒼汰、ナナ(猫)
劇場ホームページはこちら▼
http://kinezo.jp/pc/t-joy_hakata

【Pコード:559-055】(各劇場共通)

【チケット販売】
各劇場とも「チケットぴあ」(http://w.pia.jp/t/tabineko-movie/)にて販売

■料金(税込)
全席指定:一律2,000円

【先行抽選販売「プレリザーブ」】
■ 申込受付期間: 9月25日(火)AM11:00 ~ 9月28日(金)AM11:00
■ 抽選結果発表:9月28日(金)PM18:00
※決済方法はクレジットカード決済のみとなります。
●プレリザーブとは? http://t.pia.jp/guide/prereserve.jsp
●チケットのお申込は チケットぴあ http://w.pia.jp/t/tabineko-movie/ ※PC・モバイル共通

【一般発売】
9月29日(土)AM10:00 ~ 10月12日(金)18:00
※ただし、座席には限りがあるため、無くなり次第販売終了となります。
※残席がある場合に限り、各劇場のチケット販売システムにて販売を行います。

【ご注意事項】
※特別興行の為、各種招待券・前売券、その他割引サービスはご利用いただけません。
※お席はお選びいただけません。
※チケットの販売は、お一人様2枚までとさせていただきます。
※入場の際に身分証の確認をさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。
※いかなる場合においても舞台挨拶中の途中入場はお断りさせて頂きますので、ご了承ください。
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※登壇者および舞台挨拶は、都合により予告なく変更になる場合がございます。
※当日マスコミ取材が入る場合がございます。予めご了承ください。

≪チケット購入に関するお問い合わせ≫
「チケットぴあ」インフォメーション0570-02-9111 (10:00~18:00)
「チケットぴあ」ホームページ (http://t.pia.jp/help/index.html)

最新情報

マロニエゲート銀座2&3×旅猫リポート
鑑賞券プレゼントキャンペーンを開催!

マロニエゲート銀座2&3館内でお買い物をして、映画「旅猫リポート」を観にいこう!
館内でお買い物されたお客様から抽選で、合計20組40名様に映画観賞券をプレゼントいたします。

 
■応募期間:9月20日(木)~ 10月11日(木)
■場所:マロニエゲート銀座2&3全館
 
▼マロニエゲート銀座
https://www.marronniergate.com/topic/detail/49

タイアップ

イオンペット×「旅猫リポート」タイアップ決定!

ペットの幸せな一生をサポートする、国内最大のペットビジネスカンパニー「イオンペット」とのタイアップが決定しました!

「いつもいっしょ」をテーマにしたペットフォトコンテストや店頭フォトスポットなど、イオンペット20周年を記念したコラボイベントを多数開催!

詳しくはこちら!
https://www.aeonpet.com/lp/tabineko.html

最新情報

阪九フェリー×「旅猫リポート」タイアップ決定!

阪神地区と北九州を結ぶ長距離フェリー「阪九フェリー」とのタイアップが決定しました!
実は映画本編のあるシーンにも登場する阪九フェリーは今年就航50周年。
その節目を記念して、マスコットキャラクター「ふねこ」からのプレゼントキャンペーンを毎月実施中!

9月度・10月度は、『旅猫リポート』公開記念タイアップ企画として、関連グッズを抽選でプレゼントします。
「ふねこ」からのクイズに答えて、豪華賞品をゲットしよう!
さらに、「ふねこ」は≪ゆるキャラグランプリ2018≫にエントリー中!こちらもぜひご注目下さい。

【キャンペーン特設サイト】
http://han9f-funeko.jp/funeko_50th/special/

【タイアップ期間】
9/1(土)~9/30(日):劇場鑑賞券  10組20名様
10/1(月)~10/31(水):B2ポスター+プレス+”にゃん”でも拭けるウェットティッシュ  15名様

※ご応募・詳細は特設サイトをご確認下さい。

最新情報

劇中に登場する猫&犬の声で 沢城みゆき&前野智昭が出演決定!

この度、劇中に登場する猫・モモの声を、「ルパン三世」シリーズの峰不二子役(2011~)や、アニメ『図書館戦争』の柴崎麻子役、現在放送中のアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』主人公・鬼太郎役などで知られ、声優だけでなくニュースやバラエティのナレーションなどでも幅広く活躍する人気声優、沢城みゆきさんが演じることが決定!

沢城さんが演じる猫のモモは、主人公・悟(福士蒼汰)の高校時代の同級生である千佳子(広瀬アリス)と杉修介(大野拓朗)のふたりの飼い猫。
ナナ(声・高畑充希)と対照的に、話の聞き役に徹するようすや冷静な分析など、成熟した”お姉さん”猫であるモモにぜひ注目してほしい。

さらに、劇中に登場する犬・虎丸の声に、アニメ『図書館戦争』で主人公・堂上篤役のほか、最近では6月に公開した「スター・ウォーズシリーズ」のスピンオフ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で主人公の若きハン・ソロの吹替えを担当するなど、アニメだけに留まらず海外ドラマや洋画の吹替えでも活躍する人気声優、前野智昭さんが決定!

前野さん演じる犬の虎丸も、沢城演じるモモと同様、千佳子と杉修介の飼い犬。飼い主であるふたりへのある強い想いで、悟に激しく吠えたり飛びかかっていくことから、ナナと敵対してしまう役どころ。虎丸が抱える気持ちの表現も必見。

沢城さん・前野さんのふたりは、本作の原作者である有川浩さんの「図書館戦争」アニメ版で主要キャラクターを演じており、有川浩さん原作の世界観を見事に表現しています。

<沢城みゆき コメント>
意図的に最後まで読まなかった(というかもう読めなかった)本は、これが初めてです。
観ていただけたらきっとその理由が伝わるはず…!実写の猫に声をあてるというとっても稀有な機会をいただきました。
どんなバランスで仕上がっているのか、鑑賞するのを楽しみにしているところです。

<前野智昭 コメント>
(本作の声の出演の話を聞いて)非常に嬉しかったです。有川先生の作品は自分の中でもすごく特別なものなので、
お話を頂いた瞬間から気合いが入りました。実写の中でも自然と馴染む様な、吹き替えの時に近いお芝居を意識しました。
大切なことは実写の中で動物さん達が頑張って表現してくれていたので、その良さを自分が消してしまわぬ様に心がけました。
完成した映画を観ましたが、キャストの皆様や動物たちが本当に素晴らしい表現をしており、原作を読んでお話を知っていても
泣いてしまいました。大切なものを大切にしよう、と改めて思わせてくれる作品だと思います。

<有川浩 コメント>
モモと虎丸は絶対にプロの声優さんに助けていただきたいと思いました。私の中で真っ先に思い出されたのはこの二人。TVアニメ版『図書館戦争』の頃からプロとしての確かな実力と真摯な姿勢で助けてもらっています。二人とも強力な助太刀をありがとう!

最新情報

第22回ファンタジア国際映画祭にて
“Bronze Audience Award for Best Asian Film“ を受賞!

この度、カナダのモントリオールで行われた第22回ファンタジア国際映画祭にて、
観客の人気投票による“Bronze Audience Award for Best Asian Film”を受賞いたしました!!
映画祭で映画を観た観客は500人を超え、「ナナ(猫)の可愛さに前半には笑いが起こり、最後にはナナに心を奪われた」、
「ストーリーの最後に衝撃を受け、会場が感動に包まれた」、「こんなに泣いた映画は初めてだ」と感動のコメントが多く届いております!
また、現地の会場にいたスタッフからも「映画でこんなにも多くの人が涙を流しているのは初めて見た。」と驚いた様子も伝えられています。

原作も世界16か国で翻訳・発売されており、イギリス最大書店チェーン・Waterstonesの「The Best Fiction of 2017」に選ばれるなど、
国内外を問わず、多くの人に感銘を与えています。その原作の実写映画化ということで、期待値は非常に高く、多くの関心が寄せられています。
現時点で、韓国、中国、香港、マカオ、台湾、タイ、シンガポールでの配給が決定しており、この受賞をきっかけに他国での配給も期待されます!


【ファンタジア国際映画祭とは】
カナダ東部に位置するケベック州最大の都市モントリオールで開催される国際映画祭。
1996年にジャンル映画祭として始まり、現在では北米最大のジャンル系映画祭として、
アジアやヨーロッパ、北米の作品を中心に約400作品を上映し、会期中の来場者数は10万人にのぼる。
第22回は7月12日~8月2日までの開催となった。