映画『旅猫リポート』著名人からのコメント

著名人からのコメント 敬称略・順不同
市川由衣
【女優】

ごめんなさい。猫がただただ可愛い映画なんだろうなと油断していました。
ナナが可愛いのはもちろんなのですが、家族の愛、友達の愛、たくさんの愛に溢れていて、気付けばずっと泣いていました。
 
 

海野つなみ
【漫画家】

後半ずっとみんなの鼻をすする音が(私も泣いてもうた)。よーじやのあぶらとり紙を見るたびに泣いてしまいそう。 主人公がつらいこと多いのに、多いからなのか、めっちゃいい子で、そのそばにずっと猫が寄り添ってて、もうこれ世界名作劇場ですよ。 出てくる人もみんな優しい、いい映画でした。助演男優賞、猫は獲れないの? 今回特別に獲らせてあげて~

バッファロー吾郎 竹若元博
【芸人】

猫との距離って独特のツンデレ感で、グッと縮まる瞬間は何物にも変えられないものです。
「旅」に出る事で、そんなグッとくる瞬間が次々と展開し、ナナの表情や所作が豊かに描かれているので、どう受け止めどう表現するかを考えさせられます。
猫から存分に教えてもらいましょう!車のパンダも。
 
 

パンサー 菅良太郎
【芸人】

この映画を見終わってすぐにうちの猫に会いたくなり、飛び帰って玄関を開けるなり抱きしめたところ、「シャー!!」とマジギレされました。
全ての猫がナナちゃんなわけではありません。それでも僕はこの作品のおかげで、少しだけ血を流しながらも『猫はやっぱり愛おしい』と思えました。
全ての猫好きの方には勿論、そうでなくたって自信を持って見て!とオススメしたい作品です。

二ノ宮知子
【漫画家】

息子と観た!帰ったらうちの猫たちをたくさん抱きしめよう、と話し合った(;ω;)。
猫がうちの子と同じハチワレで、ナナとハチという名前で…うちの茶トラの名前はロク。ロク、ナナ、ハチだよ!と息子。ふたりで話しながらいちいち抱き合った。

末次由紀
【漫画家】

福士蒼汰さん扮するサトルの綺麗すぎる笑顔が、後半特にぐわぐわきます。いったい誰が捨て猫なのか。他者を受け入れる一番身近な行為がペットを飼うことだと思うけど、その関係性が多方向に反射する物語。竹内結子さんの演技も素晴らしかった!広瀬アリスさんの生命力に救われたり切なくなったり…。

松本ひで吉
【漫画家】

つらい時に泣けなくて
好きな人に好きって言えなくて。
人間がかなしいほど不器用な生き物だから
猫はやさしくしてくれるのかもしれない。

宮崎美子
【女優】

大丈夫・・・いのちはみんなつながっているから。
だから大丈夫。
 
 

ミキ亜生
【芸人】

実際に僕も猫を3匹飼っていますが、旅猫リポートを見て「自分の家の猫たちもこんなこと思っているのかなぁ」と考えるようになりました。この映画をみて猫に話しかける回数が増えました。
悟のように猫の気持ちがわかっているかはわかりませんが、猫や犬、そのほかの動物にも優しくなってしまう、ステキな映画だなぁと思いました。
そして本当に登場してくる猫たちの表情がかわいい!! 猫好きにはたまらない、そうじゃない人には猫が大好きになってしまう作品だと思います。

TOPページへ

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社